気になるムダ毛をどうしらいいのかおこなりの方に、効果的なムダ毛処理の方法をご紹介します。

今回は、ムダ毛の処理の効果的な方法に加えおすすめのダイエットサプリについても詳しく解説してます。これまで、気になっていたムダ毛に是非ともこの機会におさらばして、美しい肌を保つようにしましょう。また、今回ご紹介するダイエットサプリも合わせてご使用してみてくださいね。

⒈もそもそもムダ毛の役割とは?

⒈1ムダ毛とは必要のない毛のこと?!

そもそも、ムダ毛というのは髪の毛や眉毛などのように必要で生えている毛以外の毛のことをムダ毛と言います。髪の毛は頭を紫外線や衝撃から守ったり、眉毛やまつげは目にゴミが入らないようにしてくれたり、鼻毛も鼻の中にゴミが入らないようにしてくれます。

ムダ毛とは呼ばない毛は体を守る役目を果たしてくれています。では、ムダ毛というのはどのような役目があるのかというと、体からでる汗をスムーズに排出してくれたり、体の中にある毒素を出してくれるような役目を持っています。ムダ毛、ムダ毛と言われていますが全てが無駄ではありません。目には見えていませんが、それなりの効果をもたらしているのです。

⒈2ムダ毛に対する意見

ムダ毛に対する世間の声をいくつか紹介していきます。

男性でも女性でも生えていないような箇所が毛深かったりすると少し引きます。お手入れは一応してるけど、全部が全部自分でできるわけではないから夏は特に困る。男性が毛深いのはまだ許されるようなものだけど女性が毛深いときになる。(女性/20代/会社員)

引用元:http://nii-na.com

女性の毛深いムダ毛や処理されていないムダ毛を見ると引きます。しっかりと処理をしてもらいたいし、露出している部分がムダ毛が生えていたら恥ずかしくないのかな?と思ってしまいます。綺麗な状態で常にいてほしいです!(男性/20代/会社員)

引用元:http://nii-na.com

男性がムダ毛があるような場所がツルツルだと逆にちょっとなーと思ってしまいます。女子力高めなの?となる場合もありますが、女性よりもあまりにお手入れしすぎていると引きます。ある程度のお手入れなら全然大丈夫ですけど。(女性/20代/会社員)

引用元:http://nii-na.com

このような声が多く見られます。やはり、男性でも女性でもムダ毛が多すぎると引かれるということがわかりました。男性は女性に対して、常にツルツルでいてほしいと思っているようです。逆に女性は男性に対して、ある程度ツルツルがいい時もあるけどあまりにツルツルすぎると引いてしまうというような意見が多数ありました。

確かに、女性からしても女友達がムダ毛が生えていたら、引いてしまいます。男性の場合もツルツルしすぎているときはちょっとな。と思ってしまいます。なので、ある程度の加減が必要なのではないでしょうか。

⒈3ムダ毛は肌の温度管理を行なっているって本当?

ムダ毛というのはもちろん、無意味で生えているわけではないというのは説明しましたがもう少し、詳しく説明していきます。保温や断熱などの肌の温度管理も行なっています。また、皮膚を保護したり、紫外線から肌を守ったりもしてくれています。ムダ毛はムダ毛の生えている毛根周辺の神経には感覚器としての役割も果たしてるので、あった方がいい存在なのです。

もちろん、ムダ毛にも役割があって生えているので処理した方がいい場合もありますし、処理しない方がいい場合もあるので注意しましょう。

⒉おすすめのムダ毛処理方法

⒉1自己処理の方法

カミソリ

カミソリはコンビニでも購入することができて、コストも安いです。いつでも手軽に利用できます。ほとんどの女性が使用したことがあるのではないでしょうか?しかし、安全性はあまりよくありません。刃が直接肌に触れるため肌へのダメージが大きく、カミソリ負けを起こしてしまうこともあります。毛もすぐに伸び、剃っていくと毛もどんどん太く、より強くなっていきます。

電気シェーバー

電気シェーバーは、刃の構造上、肌から2~3ミリ離れます。バリカンのようなイメージなので、肌に直接刃は触れませんが、その分深剃りもできずチクチクします。服と擦れると、かゆみやニキビの原因になったりして、もっと気になるようになってしまいそうです…

除毛タオル・ボディタオル・パフ

テレビで紹介されて有名になった除毛タオルやパフ。背中にはこちらを利用する方も多いそうです。しかし、効果は実はあまり期待できません。肌をこすり摩擦によって毛を除毛するので、肌が傷ついてしまいます。柔らかい産毛で、ある程度長い毛であれば効果は見られるようですが、お子様用に人気なようで大人の強い毛にはあまり向かないかもしれません。

電動脱毛器・脱毛ローラー

その場で毛が無くなった実感を得られますが、家庭用のこういった機械の使用だとデメリットが多いです。痛みがあり、お値段もそこそこします。また、電動であれば充電が必要です。特に量がある場合は痛みも強くなります。また、毛を抜くことで、埋没毛ができるきっかけになったり、肌が鳥肌のようにぶつぶつしてしまう原因となります。無理やり抜くことで、同じ毛穴から複数本毛が生えてきてしまうこともあります。

ブラジリアンワックス・脱毛テープ

効果はすぐに実感できますが、自己処理用のグッズを購入しなければならない手間がかかり、肌へのダメージも大きいです。処理直後は内出血にもなります。今はブラジリアンワックス専門のエステなどもありますが、痛みは覚悟で訪れるべきです。脱毛テープも同じような肌に対するデメリットがあります。

ヒートカッター

ヒートカッターは毛を熱で焼きます。なので、チクチクはしません。しかし使用時に毛が焼けた焦げ臭い匂いが発生します。また、結局毛の突き出しは剃った時のようになくなることはありません。

除毛クリーム・スプレー

ドラッグストアや薬局で簡単に購入できる毛を溶かすクリームです。お手軽に低コストで購入できます。毛を溶かすクリームを肌に直接のせるので、皮膚に悪影響が及ぶ可能性があります。スプレーも同じです。かぶれたり、かゆみがでたり、赤くなったりすることが心配でしたら使用をしない方がいいでしょう。匂いもきつめです。

脱色クリーム

パーマ液と同じように毛を染めたり、毛の色素を薄くする、または色を抜く薬剤を使用します。除毛クリームと同じく、肌に悪影響が及ぶ可能性があります。パーマ液を使用した時のようにヒリヒリしたり、赤みが出た場合はすぐに使用を中止してください。実際は毛はなくなりません。

豆乳ローション

ローションなので、化粧水などと同じような認識で大丈夫です。通販でのルートが主なルートだと考えられます。大豆のイソフラボンが女性ホルモンと似た働きをしてくれるのですが、毛をなくす効果はないようです。一般的に、2~3ヶ月かけてゆっくりと毛を薄く細くしてくれるようなのですが、効果は本当に人それぞれだそうです。長期の対策となります。

⒉2脱毛の方法

光脱毛

エステや脱毛サロンでの施術となります。毛周期にあわせて2~3ヶ月に1回のペースで施術していくので脱毛完了までに時間がかかってしまいます。しかし、レーザー脱毛よりも肌への刺激が弱く、痛みが少ないです。また、一回の施術を短時間終えることができ、レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて安く施術を受けることができます。

レーザー脱毛

クリニック等の医療機関での施術となります。光脱毛よりも費用はかかりますが、短い期間でで確実に脱毛したいという方におすすめです。光脱毛よりも光の出力が高いため、痛みを感じやすいですが、ニードル脱毛ほどではありません。

ニードル脱毛

クリニック等の医療機関での施術となります。毛穴にニードルという針をひとつずつ刺して毛根に直接電気を流し、脱毛していきます。1本1本処理していくので時間がかかりますが、処理後に毛が生えてくる可能性も比較的少ないです。光脱毛、レーザー脱毛と比べると、痛みは1番強いです。

⒉3ムダ毛処理の部位別おすすめ方法

処理頻度の高い部位

足、腕、脇、顔などの処理頻度の高い部位は人の目にもつきやすく、夏場は特に処理をこまめにしなければいけません。そんな部位には手軽に使うことのできるカミソリを使っている方も多いと思います。しかし!頻繁に処理をしなければならない、人の目につきやすい部位だからこそカミソリでの処理に注意しなければなりません!

カミソリは、肌の表面まで削ってしまいます。ずっと使い続けていると、色素沈着が起き、黒ずみができてしまいます。また、カミソリで剃れば剃るほど毛もどんどん太くなってしまいます。

そこで私たちがおすすめするのが光脱毛です!コストも低く、肌への負担も少ないので脱毛が初めての方でも安心です。脇などは絶対に処理し続けなければならない部位ですが、脱毛が完了すればムダ毛処理のストレスから解放されます!

処理頻度の低い部位

処理頻度の低い部位で、アンダーヘア(VIOライン)、胸、背中などは自己処理することはあまりおすすめできません。特にIラインやOラインは、デリケートな部分なので、プロに任せた方がいいでしょう。

⒊ダイエットサプリとは?

⒊1ダイエットサプリについて

テレビやラジオ、雑誌などでも連日のようにダイエットの情報を目にしたり聞いたりすることがあると思いますが、実際はどれもが続けられるものばかりではなく、忙しい人にとっては、時間をかけずにもっと簡単に始められるダイエット方法があれば理想的だと考えてしまいますよね。そんなときにお勧めなのが、ダイエット専用のサプリメントを使った効率的なダイエット方法です。

もともと肥満に悩む方が多いアメリカでは、ダイエットサプリメントを用いる事は常識とも言われており、運動や食事療法と併用してダイエットサプリメントを摂取し、忙しい中でも効率的にダイエットを成功させている方がとても良いのです。

ダイエットサプリメントの特徴は、ダイエット中に不足しがちな栄養素を補ったり、効率的に脂肪燃焼するための有効成分をサプリメントで補うことで、より確実にきれいにダイエットを成功させるという効果があります。普通にダイエットするよりも、サプリメントを摂取しながらダイエットを行う事は、美容の面でも効果が期待できるかもしれません。

⒊2ダイエットサプリの効果は?

ダイエットサプリは、どの程度効果が見込めるのでしょうか?
どんなに高級なダイエットサプリであっても、サプリのみでダイエット成功させようとする事は難しいかもしれません。あくまでダイエットサプリの効果は、サポート的な役割になりますので、規則正しい食生活、睡眠、適度な運動があってこそダイエットサプリの効果はより期待できるのかもしれません。

暴飲暴食で肥満になってしまった方の場合、食事療法をダイエットに取り入れる事が基本になりますので、食べる量も今までよりも少なくなるかと思います。そこで、不足した栄養素を補うために、ビタミン、鉄分、亜鉛などから作られた天然のダイエットサプリを摂取することで、ダイエットによる栄養不足でお肌のツヤ等を失わずに、美しく痩せられる効果を期待できます。

また運動を中心にダイエットされている方でしたら、就寝前に飲むことで脂肪燃焼しやすくなるダイエットサプリが人気となっています。このように自分のダイエット方法にあったサプリをチョイスすることが、ダイエットサプリの効果をよりアップしてくれると考えた方が良いでしょう。

ダイエットサプリを購入する場合には、あらかじめインターネットなどで情報を仕入れておき、自分のダイエットにぴったりの成分を含んだサプリメントを選んで購入する事が失敗もありませんし、ダイエットの効果も早く現れるかもしれません。

⒋おすすめのダイエットサプリ!

⒋1カロリミット

最初にご紹介するのは、化粧品や健康食品で有名なファンケルが提供しているダイエットサプリのカロリミット 。「いっぱい食べる君が好き」というCMでおなじみのカロリミットは、5種類の機能性関与成分を配合した機能性表示食品です。5種類の機能性関与成分はこちら。

・桑の葉由来の「イミノシュガー」
・インド原産のハーブ「ギムネマ酸」
・甲殻類から得られる食物繊維「キトサン」

・中国国家認定の2品種を抽出した「エピガロカテキンガレート」
・インゲン豆由来の「ファセオラミン」

これらの機能性関与成分が、食事の糖と脂肪を抑えてくれることが臨床試験で確認済なんです。キャッチコピーのとおり、あなたの”ダイエット中の食生活をハッピー”にサポートしてくれますよ。また、かわいいCMとネームバリューから、人前で飲んでも恥ずかしくない点も人気の理由のようです。

⒋2大人のカロリミット

2つ目にご紹介するのも、ファンケルが販売しているダイエットサプリ大人のカロリミット です。大人のカロリミットに配合されている主な成分はこちら。

・大人のダイエットに注目されている「ブラックジンジャー」
・甲殻類から得られる食物繊維「キトサン」
・日本で古くから親しまれている「桑の葉」

・鳩坑品種と龍井品種をブレンドした「鳩龍緑茶」
・「インゲン豆」抽出エキス
・砂糖を壊すものという意味の「ギムネマシルベスタ」

カロリミットとは異なり機能性表示食品ではないものの、大人のダイエットをサポートするためにブラックジンジャー を配合しているのが特徴です。ブラックジンジャーは、タイでは古くから生活に取り入れられているハーブで、大人のダイエットの鍵を握る材料としてファンケルが注目している成分なんですよ。大人のカロリミットでは、素早くアプローチできるようにブラックジンジャーを表面のコーティングと粒の中の両方に配合しているのがポイントです。

⒌まとめ

ムダ毛処理の方法は、数多く存在しますがしっかりとご自身にあったものを選んで使用することを心がけてくださいね。中には、肌に合わずに肌荒れを起こす原因にもなりかねませんので。また、ダイエットサプリに関しては、前述した通りしっかりと運動や食事にも心がけて普段の生活からダイエットする意識を持って送ってください。

あくまで、サプリは補助的なものだということをお忘れなく。

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です