「気づくとお腹周りがポッコリとなっている…」

 

このようなことを、あなたは経験したことがありませんか?

 

脂肪というのは私たちの体に必要なものですが、やはりつきすぎてしまった脂肪は私たちの見た目だけでなく健康を阻害してしまうことにつながってしまいます。

 

そこで今回は、そんな脂肪を落とす方法について紹介していきたいと思います!

 

脂肪がついてしまう原因

ではまず初めに、なぜ脂肪というものがついてしまうのか、その原因についてお話ししていきたいと思います。

 

ダイエットをする上で切って離せない関係にある脂肪ですが、一体なぜ脂肪というのはついてしまうのでしょうか。

 

食べ過ぎ

 

脂肪がついてしまう原因の1つとしてまず挙げられるのが、食べ過ぎです。

 

おそらく、食べ過ぎという言葉を耳にするだけでもあまり良いイメージはしないのではないでしょうか。

 

食べ過ぎが脂肪の原因になってしまうということについて詳しく説明すると、食事をすると私たちの体内摂取カロリーは増えていきます。

 

そしてこの摂取カロリーというのが消費カロリーの量よりも多くなってしまうと、脂肪がついてしまう原因につながってしまうというのです。

 

しかし女性の場合、このような摂取カロリーが消費カロリーを上回ることがなくても脂肪がついてしまうといったことがあります。

 

これは女性の体には赤ちゃんのいる子宮を大切に守ろうという傾向があることによるものです。

 

特に妊娠中はこの働きが活発になるので、大きくなるお腹を守るために体が体質的に腹部に脂肪をつけようとしてくるのです。

 

なので、女性は男性に比べて脂肪がつきやすい傾向にあるということなのです。

 

運動不足によるもの

 

そして2つ目に挙げられるのが、運動不足によるものです。

 

運動不足がなぜ脂肪がつく原因になるのかというと、これも食べ過ぎと同様に運動をしなくなることで摂取カロリーが消費カロリーを上回るからです。

 

最近では何かと忙しい時代なので、なかなか運動ができないという方が多いのではないでしょうか。

 

しかしよく考えてみてください!

 

実はこのように脂肪がつく原因というのはいたってシンプルであり、1日のカロリー摂取量が消費カロリーの量よりも多くなるだけのことなのです。

 

なので脂肪を落とす方法としては、摂取カロリーよりも消費カロリーの量を多くするということがおすすめになってきます。

 

脂肪を減らすのに効果的なダイエット法は?

ではここで、実際に脂肪を減らすのに効果的なダイエット法にはどのようなものがあるのかについて紹介していきますね。

 

脂肪を減らすのに効果的なダイエットは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

 

「食事制限ダイエット」

 

まず1つ目に挙げられるのが、「食事制限ダイエット」です。

 

「食事制限ダイエット」というのは一体どのようなダイエット法なのかというと、これは普段の1日に摂取している食事回数を減らしたり、普段から摂取している食べ物をダイエットに効果的な食べ物に変えて痩せようというダイエット法です。

 

このように1日の食事回数を減らしたり摂取する食べ物を変えるようなダイエット法を実践することで、1日の摂取カロリーの量を減らして消費カロリーの量を増やすことができるようになります。

 

これはオススメのダイエットの1つですね!

 

「カロリー制限ダイエット」

 

そして2つ目に挙げられるのが、「カロリー制限ダイエット」です。

 

このダイエット法は、その名の通りカロリーを制限するダイエット法となっています。

 

「カロリー制限ダイエット」は1日の摂取カロリーの量と消費カロリーの量を知り、そこから摂取カロリーよりも消費カロリーの量を多くすることで痩せようというダイエット法です。

 

このダイエット法は、どちらかというと「食事制限ダイエット」に似ているところがあるのが特徴ですね。

 

「有酸素ダイエット」

 

3つ目に挙げられるのが、「有酸素ダイエット」です。

 

このダイエット法は今実際に存在しているダイエット法の中でも特に有名なダイエット法の1つですね。

 

「有酸素ダイエット」は、主にランニングやウォーキング、また水泳などといった有酸素運動を行うことで痩せようというダイエット法です。

 

確かにこの「有酸素ダイエット」には脂肪燃焼効果があるので脂肪を減らすのにはとても効果的なダイエット法ではありますが、実際には先ほど紹介した「食事制限ダイエット」や「カロリー制限ダイエット」と比べると効果はそれほど期待できるものではないのが特徴です。

 

このように、脂肪を減らすのに効果的なダイエット法には主にこれらのようなダイエット法が挙げられます。

 

しかしこれらの他にも1日の糖質の摂取量を減らすことで痩せようという「糖質制限ダイエット」や、バナナやゆで卵など腹持ちの良い食べ物を1食の食事に置き換えて食べることで痩せようという「置き換えダイエット」などもあります。

 

実際にこれらのダイエット法はこれまでに数多くの方々が実践してきたダイエット法であり、その効果も実証されています。

 

なのでもし脂肪を落としたいのであれば、ぜひこれらのダイエット法を実践することをお勧めします!

 

脂肪には2つの種類がある!?

ここまではなぜ脂肪がついてしまうのか、またその脂肪を減らすにはどのようなダイエット法が効果的なのかについてお話ししました。

 

実際に脂肪を落とすのに効果的なのは摂取カロリーよりも消費カロリーの量を多くすることが挙げられましたが、実は脂肪には2つの種類があるということをあなたはご存知でしたでしょうか。

 

そこで、ここではその2つの種類の脂肪はそれぞれどのようなものなのかについて紹介していきます。

 

皮下脂肪

 

まず1つが、皮下脂肪と呼ばれるものです。

 

この脂肪というのは一体何なのかというと、これは私たちの筋肉が脂肪に変えられたもののことを指します。

 

なので運動不足などによって筋肉が脂肪に変わると、このような皮下脂肪がついてしまうということです。

 

しかし皮下脂肪の場合、これは運動をして筋肉をつければ落とすことができるというのが特徴となっています。

 

内臓脂肪

 

そしてもう1つに挙げられるのが、内臓脂肪です。

 

皮下脂肪が筋肉から脂肪になったものであるのに対してこの内臓脂肪というのは、主に私たちの内臓の周囲や腹膜の表面についた脂肪のことを指します。

 

つまり皮下脂肪が筋肉から変えられた脂肪であるのに対して、内臓脂肪は私たちの内臓に蓄積された脂肪であるということですね。

 

内臓脂肪は主に食べ過ぎによる高摂取カロリーが原因となります。

 

内臓脂肪を減らしたい!

皮下脂肪は筋トレなどの運動をすることで減らすことができるということがわかりましたが、私たちの内臓に蓄積された内臓脂肪というのは一体どのようにすれば減らすことができるのでしょうか。

 

ここではそんな「内臓脂肪を減らしたい!」といった悩みを改善させる方法について紹介していきます!

 

内臓脂肪を減らす方法

 

内臓脂肪を減らす方法については、主に有酸素運動をすることが挙げられます。

 

これは先ほど紹介した「有酸素ダイエット」が有効であるということですね。

 

有酸素運動に関しては、先ほどにも紹介したランニングやウォーキング、また水泳などの全身運動が挙げられます。

 

内臓脂肪を落とす際のポイント

 

では、このように有酸素運動を行うことで内臓脂肪を落とすのにはどのようなポイントがあるのか、ここではお話ししていきますね。

 

内臓脂肪を落とすのには有酸素運動が効果的であるということお話ししましたが、このダイエット法を実践する際のポイントとしては毎日行うことが挙げられます。

 

「1日置きに行うのはダメなのか」

 

このような疑問を持った方も、おそらくいるはずでしょう。

 

確かに、毎日行うのはなかなか時間が取れないという方もいるはずです。

 

しかし、内臓脂肪を落とすには毎日行うことがポイントとなります。

 

これはどういうことかというと、1日置きに行ってしまうとそれだけ効果が半減されてしまうということなのです!

 

なので「内臓脂肪を落とすぞ」と決意したら、毎日有酸素運動を行う時間を作るように心がけることが大切であるということです。

 

内臓脂肪を落とすダイエットに挑戦した方の評価

それではここで、実際に内臓脂肪を落とすダイエットに挑戦した方からの評価を紹介していきます。

 

実際にこのような内臓脂肪を落とすダイエットを実践した方は、どのような評価をしたのでしょうか。

 

内臓脂肪を落とすダイエットに挑戦した方の評価(高評価)

 

一度目は週1回以上20km以上の山行。間に1日30kmを3日間と、1日で56kmの登山大会を挟みましたが、3ヶ月でみるみる痩せ、最後はマラソンランナーのように脂肪のない身体になってしまいました。
高い山に登るのがさらに良いようです。
その後も太りにくくなりました。最大で7kg減に成功

二度目はスポーツクラブ週3回2時間以上の有酸素運動と筋トレ。1ヶ月目で身体がゆるゆるしてきた感じ(皮膚がびよーんと伸びる)
2ヶ月くらいめから階段状に体重が落ち、山の時とは違って健康的に体重が減りました。最大で5kg減です。

 

夜ご飯を食べた後30分~1時間ぐらい時間を空け、走る前に準備体操と350mlの水分を取ったあと走りに行きます。一日に約3kmの距離を走りますが調子の良いときは4km、5kmと走る距離をのばしていきます。ですが、走り続けるのはきついので2km走った後500m歩いたりします。最初は痩せるつもりではなく足が速くなりたくて身体を鍛えるため走っていましたが、走っている内に徐々に体重が落ちてきました。そのおかげで4月から現在まで20kg以上痩せ、ウエストも10cm細くなりました。最初の目標であった速く走るのも達成しました。(50m走で9秒から7秒になりました) ランニングで大切なことは継続してやることです。週に1・2回の休憩があっても良いです。とにかく継続してやってみてください。継続は力なりです。

 

食事制限って続きませんね。そこで純粋に運動だけでダイエットに挑戦。計算上は約500キロカロリーの運動で月約1.2キロ前後の脂肪が燃えるそうです。当然軽くなれば時間や距離、スピードなどを増やさなければ同じ消費量になりません。でも実際には軽くなれば速くなるので負担は変りませんでした。ってことでウォーク5キロからスタート、現在ラン3キロを上乗せ、6ヶ月で-8キロ!月にすれば-1.3キロ。驚くほど理論どおりですね。

 

内臓脂肪を落とすダイエットに挑戦した方の評価(低評価)

 

ガジュツのサプリメントを使用しました。 期間は3ヶ月くらい?です。コレといった運動はしてませんが、サプリメントと併用して少し食事制限と、自転車を徒歩にしたり、時間があるときは階段で移動するなどもしていました。 地味に頑張ったつもりでしたがはっきり言って体重は減りませんでした。まぁ増えもせず変化なし。ただお通じがよくはなりました。でもこれってガジュツの効果かは不明です。。

 

2月からほぼ毎日ランニングを始めて、53.5キロから48.5キロくらいになり、現在リバウンドで50前後をいったり来たり。
毎日走れどもう痩せません。ランニングを始めてから5ヶ月程度で減量はストップしています。
10キロを55分で楽に走れるようになり、
半年前とは1キロ約1分タイムを縮められました。
ダイエットから始まったランニングは、また違った楽しみも見つけ、ハーフマラソンにも出場しました。
が、最近毎日走らないといけないという事がストレスになり始め、夢にまで見るように…
走らないと太る‼走っても痩せない‼本当は休みたいけど、休んだら太る‼
のような感じがストレスになってしまったのだと思います。
今日は始めて、何の理由もなしにランニングを休みました。
また走りたいと思うまで、少し休もうと思います。

 

10月7日から週4~5日、ストレッチ&ワイドスクワットをしてから
1時間で7~8km走ったり歩いたりを続けていますが
効果なし。・゚・(ノД`)・゚・。

1ヶ月半~2ヶ月頃まで暴食をして
開始前より太りましたがww

 

まとめ

今回は、脂肪がついてしまう原因から皮下脂肪・内臓脂肪を落とすダイエット法について紹介しました。

 

内臓脂肪を落とすダイエット法としては、有酸素運動を行うことが効果的であることがわかりましたね。

 

もし今あなたが脂肪について悩みを抱えているのであれば、ぜひ今回紹介した方法を実践してみてはいかがでしょうか!

関連商品


Blucky

黒い成分で統一されたダイエットサプリ

2,980円

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】


オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です