妊活倦怠期とは、誰もが訪れるものです。

今回は、そんなご夫婦やカップルのためにどうすれば解決できるのか?また、その原因は何なのか?等について詳しくまとめてみました。是非とも今まさに妊活倦怠期で悩んでいる方は、参考にしていただき生かしてみてくださいね。

妊活倦怠期とは?

パートナーに対しての「飽き」や「慣れ」から、嫌に感じてしまう状態のことです。付き合った当初のドキドキがなくなり、一緒にいることが当たり前になるため、刺激がないと感じたり気持ちが冷めるといった状況に陥ることを言います。

また、恋人同士だけでなく、夫婦の場合にも同様に訪れると言われる倦怠期。夫婦は、恋人以上に一緒に過ごす時間が長いため、新鮮味がなくなり、相手の嫌なところが目につきやすいものです。

放置しておくと別れる可能性もあるのか?

中には、倦怠期から別れてしまうカップルも珍しくありません。一緒にいてもつまらないと感じてしまったり、些細なケンカからすれ違いが生じ、ちょっとしたことで別れてしまうこともあります。

ただし、決して別れが正しい解決法ではありません。一時的な感情に動かされると、後から後悔してしまうかも…。感情的になる前に、冷静に考える必要があります。相手との思い出を振り返ったり、相手の優しさを思い出すようにし、

感情だけで別れを選択してしまわないようにしたいものです。

倦怠期の時期はいつごろ訪れるのか?

3ヶ月ごろ

一般的に言われているのは、付き合って3ヶ月目の時期。それは、付き合い始めから抱いていた「何か違う」という違和感が、徐々に不満に変わる時期と言われています。

100%完璧な人なんていません。生まれ育った環境が違えば、多少の感覚のズレも出てきます。相手に対し「何か違う」と思った時は、我慢せず気になることをはっきりと伝えるのがベターです。違和感を抱いたまま付き合っていると、相手との居心地が悪くなってしまうとともに、相手にも失礼ですよ。

半年ごろ

また次いで多いと言われるのが、付き合って半年の時期。特に辛抱強いとされる女性にとって、溜め込んだ不満が爆発する時期です。3ヶ月の時期よりさらにお互いを知ると、小さいことで感情的になり、ケンカに発展するケースも多いもの。

不満はそのままにせず話し合ったり、お互いに歩み寄るための妥協策、対策を考えることも大切です。どちらが悪いとけなし合うのではなく、相手に対する思いやりを持つことが重要なのです。

1年ごろ

付き合って1年が経てば、相手との関係に落ち着く時期。争い事も無く平穏な日々…が逆にマンネリ化を生むことも。失ってしまった刺激を取り戻すには、普段しないようなことにトライしてみるのも良いでしょう。

例えば、相手へサプライズの計画だったり、定番化したデートの内容を見直してみましょう。

3~4年目ごろ

ここまできたらもう大丈夫でしょ!?と思われがちな時期。そんな時期こそ倦怠期に陥りやすいのです。付き合って3年以上一緒にいると、相手との関係が当たり前になるのはもちろん、安定しているからこそ、相手への感情が本当に恋愛感情なのか?ただの情ではないのか?そんな不安を感じてしまうのです。

カップルから”家族”のような感覚に変わってしまうのは仕方のないこと…なのでしょうか?

相手への気持ちを確かめるには、時々一人の時間を持つこともポイントになってきます。一人で過ごしてみて初めて、相手の大切さに気づくということもありますからね。

倦怠期はいつまで続くのか?

はっきり「◯ヶ月続きます!」と言えないのが正直なところ。倦怠期の期間は当然カップルによって異なるので、短くて1ヶ月で終わるカップルもいれば、長くて1年以上かかるというカップルもいます。

倦怠期を早く終わらせたい時には、「相手のせい!」と思わずに、冷静に振り返ってみてください。まずは、自分が変わる努力をしてみる。これが大事です。

妊活倦怠期の解決方法について紐解く!

海外旅行へ

子どもができると、簡単には行けなくなるのが海外旅行。行けたとしても、ハードなアクティビティはできず、衛生面で不安のある国には行けません。夫と2人で過ごせる時間は、子どもがいない間だけ。

その時間にたくさんの思い出を作作っておきましょう!また、海外に行くと非日常感からかなり気分転換ができるので、辛い気持ちやストレスも少し楽になるかもしれませんね。

新しいスポーツを始める

妊活中は激しく動くことを避けたり、安静にしがちです。もちろん、排卵日あたりから次の生理までの期間は少しナーバスになってしまうこともあるでしょう。

しかし、運動して体を動かすことはストレス発散に大いに役立ちます。また、子どもができてからでは、新しくスポーツを始めることはまずできません。

今しかできないスポーツを始めてみると、意外にもハマり、妊活のストレスを感じにくくなることも。ジョギング、ヨガ、ダンス、テニスなど、何でもいいので一度やってみたかったものにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

好きなものを満足するまで食べる

妊活中は、葉酸や鉄分などのサプリをとり、食生活に気をつけている人が多いのではないでしょうか。

ですが、その生活が逆にストレスになっていませんか?もちろん規則正しくバランスのとれた食生活をおくることは重要ですが、たまには好きなものを好きなだけ食べて満足感を得ることも同じくらい大切です。「何かに満足する」ということが、妊娠するということを目指している間はなかなか感じにくくなっていることがあります。

たまには好きな食べ物を食べたり、ちょっと贅沢なランチに行ったりしてみてはどうでしょうか。妊活中は、ちょっとした言葉に傷ついたり、夫へのストレスや、周りの理解のなさなど、今まで感じなかったイライラに悩まされることが多いもの。

また、妊娠はいくら頑張ったからといって、結果が約束されるものではありません。だからこそ、「今」を楽しめるように心がけるようにしたいですね。

妊活倦怠期の原因とは?

自分磨きしなくなる

これは男女ともに言えること。彼氏・彼女ではなく「夫婦」のような関係になることから生まれてしまう”怠け”です。気を抜いていても「誰も見てないし」と、常にすっぴんで過ごしたり、だらしないスウェットやジャージ姿でいても恥じらいを感じなくなってしまったらアウト!

相手がいるのに身だしなみがだらしなくなってしまうのは、異性といる感覚が所帯じみたものに変わってしまっている証拠かもしれませんね…。

デートや外食がワンパターン

付き合いが長くなると、二人でどこかに出掛けるにしてもいつも同じ場所…そんなことありませんか?それは心のどこかで「ここでいいでしょ」と手抜きをしているからかもしれません。

付き合い始めの頃は、一緒に行きたい場所がたくさんあったはず。デートの度に趣向を凝らして楽しめていたと思います。いつの間にか「またここ?」「もう行きたくないな…」なんて考え始めてしまったら、危険信号と覚えておきましょう。

「忙しい」を理由にすれ違い

大好きな相手とだったら、どんなに忙しくても、疲れていても会いたい!…そんな気持ちも、慣れと共に薄れてしまっていませんか?「忙しいからいいや」「疲れてるから今日はやめよう」そんなことが積み重なり、気づけば二人の間に溝が…。そうなってからでは遅いんですよ!要注意!

結婚を意識しすぎ

結婚適齢期と言われる20代後半~30代のカップルに多いのがこの原因です。お互いに結婚を意識するものの、なかなか思い通りに進まなかったり、焦りが先走ってしまったり…。

特に女性は、彼からのプロポーズを待っているにも関わらず、彼のマイペースな行動に嫌気がさすということも。男性も、彼女に結婚を急かされることで余計にプロポーズのタイミングを逃す…という悪循環を生みます。

結婚ばかりを意識しすぎて、目の前にある幸せに気付けない。そんな悲しい状況にはなっていませんか?

倦怠期が悪いことだと思い込む

意外なようですが、この原因も実はとっても多いんです。相手との関係が上手くいかず、倦怠期真っ只中。そんな時、まず「倦怠期をどうにかしなくては!」そう考えてしまうケースです。

もちろん、倦怠期が無ければ悩みは少ないかもしれません。しかし、倦怠期を「悪い時期」と考えるか、「通過点」と捉えるかによって、これからの二人の関係は大きく変わってくるもの。「相手のことを本当に好きか分からない…。」

「好きか分からない」と「嫌い」は大きく違います。今の感情は”慣れ”なのか、”苦痛”なのか、自分の気持ちに素直になってみる必要がありそうです。

妊活倦怠期の気をつけておきたいNG行動とは?

わざわざ波風を立てる

相手に慣れてしまった倦怠期には、刺激を感じられないもの。恋愛初期の「好きでどうしようもない!」と相手のことばかり考えて一人ときめいたり、デートで着る服を選びながら、自分が一番かわいく見える姿を研究した、熱心な毎日に比べれば、ひととおり恋愛の流れを楽しんだ後に、物足りなさを感じるのは当然。

でも、だからといって、刺激的な時間を取り戻すために、相手の嫉妬心を煽るのはやめましょう。例えば、他の男性の存在をちらつかせたりして…。ちょっと相手にヤキモチを焼いてほしくて、彼以外の男性と食事に行くのは、女子的には「ちょっと」でも、彼を本気で心配させたり、怒らせて、最終的に収拾のつかない状態にしてしまっては最悪です。

地雷ワードを発する

付き合いが長くなると、相手に慣れてしまい、緊張感が薄らいで、素の自分になってしまいますよね。相手への気遣いもなくなってしまいがち。

そんな平和ボケしている状態のせいで、つい「鬱陶しいなぁ」「面倒くさい」など地雷ワードを発する危険があります。ついつい言ってしまったひと言なのですが、相手を驚かせるか、傷つける可能性の高いNG行動です。相手を傷つけかねないひと言をついうっかりと洩らすのは気をつけましょう。

身の回りに気を遣わなくなる

付き合い初めの頃は、毛穴ゼロの肌を目指し、まつげは長く、目は大きくと、用心深くメイクします。むだ毛が残った肌を見せるなんてあり得ない。デートの洋服にも気をつけて、ダイエットを頑張る…。恋愛初期の女子は、自分自身への気合いの入れ方が半端じゃない。

それなのに、相手に慣れてしまった倦怠期に入ると、常にすっぴん、休日のデートは楽チンな服。ハイヒールなんてあり得ない。むだ毛も、まぁちょっとくらいいっか…。と身繕いが適当になってしまいがち。気を抜ける相手の方が、長く付き合える…とは言いますが、自分に手を掛けないにもほどがあります。

相手のためにも、自分のためにも、「まぁいっか…」を続けすぎてはダメ。手を抜いて、おばちゃん化や、ましてや親父化するのは避けましょう。

まとめ

妊活倦怠期は、誰もが訪れるものです。そうならないように、しっかりと前述してきたことを念頭に置きパートナーへの配慮が必要になります。妊活倦怠期になったからといって不安にならずに、しっかりと対策を練って解決していってくださいね。最後に、この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です