「脳を騙すダイエット方法」、皆さんご存知でしょうか?

その名の通り、脳を騙すことでダイエットをする方法なのですが、実際にはどうしたらいいのか知らない方が多いと思います。今回は、そんな方のために脳を騙すダイエット方法の正しいやり方やその効果等について詳しくまとめてみました。是非とも参考にしていただきたいです。

⒈脳を騙すダイエット方法とは?

⒈1脳疲労とダイエットについて

体重を落とすために、食事や運動をするのがダイエットの基本です。しかし、ダイエットを成功させるためには、「脳」が重要な役割を果たしています。なかなか痩せられない、継続できない、痩せても元に戻ってしまったなど、これらは脳も影響しています。逆に言えば、脳をコントロールすることでダイエット成功に近づくことが可能ですし、体内の働きを変化させることもできます。

また、私たちの脳には、理性の脳(大脳新皮質)と本能の脳(大脳旧皮質)があり、バランスを保って関係性にあります。しかし、理性の脳がフル回転することで理性の脳が抑圧され、バランスが破綻してしまいます。これが、脳疲労が起こる原因です。

ダイエットに例えると、本能の脳では、「食べたい」としていても、理性の脳では「食べてはいけない」とし我慢します。しかし、この理性の脳が抑圧され続けると、脳疲労に繋がるというわけです。脳疲労が起こると、食欲異常が起こり、過食や味覚が鈍り甘いモノや脂っこいものが欲するようになります。

⒈2ホルモンと食欲の関係

私たちの食欲は、体内で分泌されるホルモンが脳に司令を与え、調整されています。主に食欲に関連するホルモンは、レプチン・グレリン・セロトニンです。

レプチン

レプチンは、食欲を抑制するホルモンです。食事をして脂肪が脂肪細胞に吸収されることでレプチンが分泌され、満腹であることを脳に伝えてくれる働きをします。また、交感神経を活発して、エネルギー消費を促す働きもあります。

食欲を抑制してくれるレプチンですが、肥満の人・過食・高脂肪食の人は、レプチンの持つ食欲抑制力が低下してしまい、食べ過ぎてしまう傾向にあります。また、睡眠不足の人は、レプチンの分泌量が低下すると言われています。ある実験では、5時間睡眠の人は、8時間睡眠の人に比べ、レプチンの量は15%低いことがわかっています。

グレリン

グレリンは、食欲を増進させる成長ホルモンの分泌を促すホルモンです。空腹時に胃から分泌され脳に伝え食欲を刺激します。睡眠不足の人は、グレリンの分泌が増加すると言われていて、5時間睡眠の人は、8時間睡眠の人に比べ15%多くなることが、実験で明らかになっています。

セロトニン

セロトニンは、「幸せホルモン」と呼ばれているホルモン。三大神経伝達物質のひとつで、心を安定させる働きを持っています。セロトニンも食欲に関係していて、不足すると、食べ過ぎにつながります。セロトニンが不足する原因は、不規則な生活、偏食、運動不足、慢性的なストレスなどが挙げられます。

イメージとダイエット

私たちは、イメージしているものに近づこうと行動します。例えば、理想のスタイルをイメージしていると、無意識下(顕在意識)で理想のスタイルが「本来の自分の姿」と認識されるのです。そして、その理想のスタイルである「本来の自分の姿」に向かってこうどうするようになります。

また、ニセ薬を薬と伝え投与したら症状が改善された例(プラセボ効果、またはプラシーボ効果)や、筋肉を動かすイメージだけで筋力がアップしたという事例もあります。「イメージする」「思い込み」を利用することで、ダイエット効果を上がることも可能です。

⒈3脳を騙すテクニック

脳を騙す、また脳をコントロールすることがダイエットに効果的なことが分かりました。そこで、具体的なテクニックをご紹介します。

脳疲労を解消する

本来、カラダが「食べたい」「動きたくない」と欲しているのに、ダイエット中だからと、ストイックに食事制限や運動を我慢して行い続けると脳疲労につながります。その結果、我慢して食事制限や運動して痩せたのに、過食してしまい体重は元通り、またはダイエット前よりも太ってしまうのです。

脳疲労を起こさないために、無理のない範囲、ストレスを溜めない範囲で行うことが必要です。1日に1回は食べ過ぎない程度に好きなものを食べることも、脳疲労を起こさない、解消するために良いことなのです。「1日1快食」でダイエットするBOOKSダイエットも、脳疲労を解消し、味覚を正常に戻して食事の量を減らす方法です。

たんぱく質を摂取する

たんぱく質は、脳を満足させるために大事な栄養素です。たんぱく質は、セロトニンやレプチンの分泌に必要な栄養素。肉類や魚類などの動物たんぱく質や豆類などの植物性たんぱく質に多く含まれています。

噛む回数を増やす

よく噛むことは、満腹感を得るために大事なこと。噛む回数が多くなると、満腹中枢を刺激するため満腹感を得られやすくなります。また、食欲抑制ホルモンであるレプチンが分泌されるのは食事から20分後。噛む回数が増やして食事時間がゆっくりとなれば、レプチンの分泌によって適正な食事量に留めることが可能です。噛む回数の目安は、一口で30〜50回。普段よく噛まずに食べている癖がある人は、よく噛むことを意識してみましょう。

⒉脳を騙す危ないダイエットサプリをご紹介

⒉1フォースコリー

Twitterなどでも危険な副作用が話題になり、噂話ですが「コレラ」が入っているのではという突拍子もない意見もでました。何故このような副作用が発生したかというと、まずは多年草という自然界のものをダイエットサプリに減量効果があるということです。ダイエットサプリで商品化した訳ですが、数人の臨床実験しかしてないことで、更に悪い作用を検証できてなかったようです。

このフォースコリーは「コレウスフォルスコリ」という成分が痩せる作用を促進しているのですが、それ以外のハーブの成分が「吐き気」と「頭痛」を巻き起こした可能性があります。ハーブというのは良い部分だけでなく薬物性肝障害の原因になりやすいような要素でもあります。

⒉2OEM

製造した会社はダイエットサプリが売れることだけを考えているのです。 効果があるかないかは問題にしてないのです。売れるようにするのに、芸能人を起用したり、ネット広告に莫大な金額を掛けますがダイエットの効果には全く関係ないのです。過去にヒットした商品を思い浮かべて頂ければ分かりますが、過去には「トマ美ちゃん」や「フォースコリー」は宣伝の仕方が上手だっただけです。

口コミで効かないと悪いことが分かっていても流行のものを買っておきたい女性が多いので、成分はいい加減でOEMで作成し販売することを繰り返し利益を上げているのでしょう。

⒉3ミルス(MILS)

会社は株式会社ParuPunteとなっていて、これを法務省の登記簿謄本をネットで見るので調査してみました。ですがこの会社名では日本では1社だけで、特定商取引とは異なりますが横浜に存在してます。登記簿ではネット関連・食品関連とあるので同一の可能性が高いのですが住所が異なってます。次に「ミルス」のドメインをwhoisで調査すると「お名前.com」で代行になっていて所有者の住所を見る事が出来なくなっています。

成分は効かないダイエットサプリなので副作用などのクレーム対応をするつもりがなく、正々堂々と住所を公開しないように思えました。

⒊ダイエット脳にするには?

⒊1痩せる脳とは?

巷には様々なダイエット方法が溢れています。

例えば最も有名なもので食事制限、それからエクササイズ、ランニングなどの運動。多くのダイエット情報はみんなが理解しやすく取り組みやすいように、~するだけ!といった説明の仕方がされています。しかし、実際は偏ったものを一時的に食べているだけでは痩せませんし、ジムに通ったとしても数日でその効果が現れるわけではありません。

それで一ヶ月かそこらで失敗したと諦めてリバウンドし万年ダイエッターになってしまう人の多いこと。健康的にきれいに痩せるために本当に必要なことは痩せる脳を作ることです。では痩せる脳とは何か、それは意識の違いです。太っている人と痩せている人の大きな違い、それは体型だけではなく考え方や基準にポイントがあります。例えば口寂しい時にちょっとおやつ、といってあなたは何を食べますか?

そこでファーストフードでポテトやハンバーガーを食べる人は太るのです。痩せている人は少し口寂しいときに飲み物でお腹いっぱいになったりします。あとガムや飴など少量のものです。そして、あとちょっと食べたい、というときのちょっとの基準が全く違います。ごはんのお代わりをしっかり食べてしまっていてはいつまで経っても痩せません。

⒊2脳内の痩せホルモンとは?

さてそれではその痩せる脳はどうやって作るのかです。まず現在の自分の生活を客観的に見て知ることからです。

・一日にどれくらい食べているのか?
・そしてどれくらい動いているのか?
・飲み物は何をよく飲むのか?
・空腹を感じる時間はあるかどうか?
・体重はちゃんと把握しているか?
・休みの日は何をしているか?

などどんなに些細な細かい事も全て書き出して見ましょう。自分の行動を観察してください。必ずどこかに太る理由が隠されているはずです。そして次に痩せている知人や友人、家族の行動を観察します。もちろん痩せの大食いのような例外は除きます。どうですか。細かい違いが痩せるか太るかの境目なのです。

例えばオフィスや学校での移動に太っているあなたは何がなんでもエレベーターやエスカレーターを使っているのではないですか。痩せている人は階段を使っていませんか?(例外もありますが)そしてカフェでちょっと一服、というときの飲み物、お砂糖たっぷりで生クリームの乗ったデザートのような飲み物を飲み物なんていえるのは太っている脳です。

それはカロリーでいうとケーキやパンと同じくらいにはなります。飲み物と分類してはいけないものなのです。そのように生活の全てを比較して自分のどんな行動に太る原因があるのかよく研究しましょう。そして気づいたところから変えていってみてください。そうすればあなたはもう痩せる脳に変わっていってます。

⒊3理想的なダイエットとは?

脳から痩せる、それは結論から言いましてとても理想的なものです。むしろ、成功する唯一のダイエット方法と言っても過言ではないでしょう。一時的な食事制限と運動ではいつかリバウンドが必ず来ます。特に無理をした急激なダイエットではストレスも溜まりやすく気持ちはイライラし例え痩せたとしても幸せになんてとてもなれないでしょう。

笑顔の少ない人は周りから見ていても魅力的ではありません。根本的な意識を変えていくことで、生活が変わり、当たり前の様になんの無理もなく過ごすだけでどんどんきれいになっていく習慣をゲットすることが出来ます。辛くて苦しくて大変でリバウンドしてしまう一時的なダイエットと一生太らなくなりどんどんきれいになっていけるダイエット、あなたはどっちを選びますか。どちらの方が幸せになれると思いますか。もちろん後者ですね。

また短期間ダイエットは体重は減ったとしても体型がすぐに変わるわけではありません。そんなに人間の身体は急激な変化をしません。時間をかけて太ったのだから時間をかけてしっかり痩せましょう。すぐに簡単に痩せる方法なんてものは存在しません。ダイエットを単なる趣味にしないで生活を変えていく努力を始めてみませんか?きっと痩せること以上に得られるものがたくさんありますよ。

⒋脳を騙す運動とは?

⒋1スロー筋トレとは?

スロー筋トレとは、その名の通り、軽くてゆる~い運動で筋トレを行い、筋肉をつけ、脂肪を燃えやすくし、新陳代謝を良くして、健康な体にするためのトレーニング法のことです。

通常の筋トレでは辛くてなかなか続けられない人も多いと思いますが、スロー筋トレなら負荷が極めて小さいので、これまで筋トレなど行ったことがない人でも十分できる内容になっています。 キツくないのに効果は抜群!いったいどんな仕組みになっているのでしょうか?

⒋2スゴい仕組み

スロー筋トレは、負荷の小さい運動をただゆっくりと行うだけですが、そこには驚くべき仕組みが隠されていたのです。これを知ると、筋トレに対するこれまでの考え方が覆されることでしょう。

脳をカン違いさせる

普通の筋トレでは、筋肉に大きな負荷をかけることで乳酸が多量に発生します。そして、それを感知した脳が筋肉を成長させる働きを持つ成長ホルモンを分泌します。一方のスロー筋トレでは、筋トレをゆっくり行うことで血管が圧迫され続けて血流不足になり、酸素が運ばれなくなって酸素不足になります。

酸素不足になると乳酸がたまるのですが、これは普通の筋トレを行った後の状態と同じなので、脳は負荷の大きい運動をしたのだとカン違いしてしまうのです。その結果、成長ホルモンが分泌されるのです。

普通の筋トレとスロー筋トレはその過程こそ異なりますが、成長ホルモンの働きによって筋肉が増えるという点では共通しています。 スロー筋トレには、普通の筋トレと同程度に筋肉を増やす効果があるのですが、それは脳がだまされた結果起こる現象だったのです。

⒌まとめ

潜在的な意識を脳から変えることでダイエットする方法がこれほどまでに、効果があるとは驚きではなかったでしょうか。人間は、思い込みの生き物ですので、しっかりとなりたい自分を強くイメージすることが大切かもしれませんね。是非とも今回ご紹介した方法を試していただき、今後のダイエット生活に役立てていただけたら幸いです。

関連商品


ブラックインフェクション

デブ脳から痩せ脳へと切り替える手助けをするコレウスフォルスコリ配合の国産サプリメント。

2,980円

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です