あなたは、パレオダイエットという夢のようなダイエット方法を知っていますか?

でもこれって、ダイエットと言っていいのか、食生活と言っていいのか、原始時代生活って言っていいのか、ちょっと表現に苦しみます。

日本ではまだまだ認知度は低く実践している人は少ないのですが、欧米ではセレブな人たちを中心に流行っています。

ドカドカお肉を食べたり、自由な時にいつでも食べてよかったりといい、かなり自由度の高いダイエット方法です。

ここではそんな夢のような食べ方ができるダイエット方法であるパレオダイエットについて、その起源や、食べていいもの、ダメなものなどを紹介していきます。

パレオダイエットってどんなダイエット!?いつから流行ってるの!?

パレオダイエットは、古い時代の食事法!?

ダイエットと聞けば、やっぱり徹底した食事制限で、時には断食をしたり、カロリーを毎日こまめに計算をしたりするイメージがありますよね。

どうしても辛く大変なダイエットをイメージしてしまいがちです。

でもパレオダイエットは、そういうものとは程遠く、食べられるダイエットといわれています。

このパレオダイエットの最大の魅力がここなのです。

ダイエットは本来、気軽に楽しみながら成果をえられれば誰だってチャレンジしやすいですし、続けられますよね。

パレオダイエットはそんなダイエットとして今注目されているのです。

パレオとは、旧石器時代という意味!!旧石器っていつ!?

パレオとは、「パレオリシック」の略称であり、旧石器時代という意味です。

つまりパレオダイエットは、旧石器時代の食生活、原始人の食生活をとりいれた方法なんです。

なんでそんな昔の食生活をしてダイエットになるのでしょうか?原始人が痩せているから、それを目指しているのでしょうか?

その答えは、後半でしっかりと紹介して行くので楽しみにしてください。

すごく簡単なダイエット方法ともいえる!?

パレオダイエットのメニューは約100種類もあるといわれています。

通常ダイエットというと、「これはダメ、あれはいい」とかなりキツく決まりが定められていますが、パレオダイエットのメニューは100種類あるので、かなり選択肢が増えてきます。

最近話題の置き換えダイエットのようになんでもかんでも同じものに置き換えたり、ずーっと同じものを食べたりするのなんてキツすぎる!って人にオススメのダイエットです。

ダイエットは痩せるだけではなく、健康になるためにやるもの!

そもそも、ダイエットとはただ単に「痩せる」ためのものではありません。ダイエットは、「健康な体になるということ」なんです。

ですので、健康体になるにはただ脂肪などを体から削ぎ落とすだけでは意味がありません。

痩せていれば長生きできるわけではなく、最近のデータでは太り過ぎと痩せすぎだと痩せすぎの方が寿命が短いというデータもあるくらいなのです。

パレオダイエットはその意味では体重を減らすだけではなく、体の中も健康にするためのダイエットなのです。

しっかりと体脂肪を減らしつつ、筋肉もつけられるダイエットなんです。

 

パレオダイエットの中身をダイジェスト!どんな人がやってるの!?

旧石器時代の理想的な生活スタイルとは!?

旧石器時代が、どんな時代だったか詳しく知る人はいないと思いますが、狩猟により自らの食事を確保し、生活していたことは、誰でも知るところだと思います。

旧石器時代には、農耕などがはじまっていないので、炭水化物などもほとんど食べていなかったのです。

主には、動物を狩って、焼いたりして食べていました。つまりは、主食はタンパク質なんです。

それ以外には森などで手に入れられる、フルーツなどがメインになります。

旧石器時代こそ、完成された人間の体なのか

栄養の専門家の話では、旧石器時代の人間の体こそ完成系だと言っています。

つまり、その生活スタイルに近づけようというのがパレオダイエットなのです。

後ほど紹介しますが、パレオダイエットが、加工食品や農耕食品を禁止しているのは、旧石器時代にはないものであり、体に有害だと考えられるから、食べないのです。

本来必要じゃないものだったからこそ、炭水化物は食べない!

パレオダイエットでは、人間の体にとって不自然なものであり、遺伝子的にも相性が悪いと考えています。

旧石器時代には食べずとも生きていけたにもかかわらず、保存性の便利さや飢餓状態に陥らないためにえた農耕などは、体にとって害だという認識です。

なんか一見すると、極端な思想に思えていますがしっかりとした科学的なデータもあるので次項からそのメニューなどを紹介します。

パレオダイエットをとりいれることで、体調が良くなった、痩せたという人は増えているので、ちょっと変わったしそうですが、チャレンジしてみることをオススメします。

誰が成功したの!?ハリウッドセレブも!

パレオダイエットは一風変わったダイエットなのですが、実は欧米では大人気のダイエット方法なんです。

炭水化物に対する悪評価がかなり前から欧米では認知されていたので、その傾向も早かったのかもしれませんね。

有名どころでは、アンジェリーナ・ジョリーからグフィネス・パルトロー、スカーレット・ヨハンソンなどもパレオダイエットをとりいれているようです。

そのスタイルの良さは映画を見てみれば一目瞭然ですよね。

これだけ有名どころが行なっているとわかれば、みなさんも安心してチャレンジできるのではないでしょうか?

 

パレオダイエットの最大のメリットは自由なタイミングでの食事!

お腹が空いたらいつでもOK!?

パレオダイエットは旧石器時代の食生活に忠実にしたがったスタイルなので、食べてはならない時間はありません!

ここがこのダイエットの画期的なポイントなんです。

いつ食べてもいいのです。

しかも食べたいのであれば、何度食べても問題ありません!

なにせ旧石器時代には狩れなければ食べられませんし、保存もできないので、狩ったらすぐに食べなければなりませんでした。

つまり、食べれる時に食べるという習慣なのです。

もちろん、現代はそんな飢餓に陥る危険性はないので、毎日、ドカドカ食べていては太ってしまうので、ある程度量は調整する必要はあります。

ただし、ある程度自分のお腹の空き具合などには、本能的に従うのも大事です。

そうすることで本当の意味でもパレオダイエットになります。

お腹が減ったら食べるというスタンスで食事をしていると、自然とそれほど食べる量は変わらないと言われています。

仕事のない休日などは、人によっては減る場合もあるようです。

運動がいらないって本当!?

パレオダイエットには運動は基本的にいりません!

禁止してるわけではありませんが、過度な運動は避けたほうがいいとさえ言われています。

通常は、消費エネルギーを増やして、摂取エネルギーを減らす理論にのっとり、運動しますが、その必要はありません。

パレオダイエットの理論では、運動は必要ありません。

だって、旧石器時代の人は、ダイエットのために運動はしませんでしたから。

気になる人は軽めのウォーキングなどで健康的な有酸素運動をすればよいと思います。

ビタミンDがとれないのが弱点かも!?

旧石器時代にはサプリメントはありませんが、唯一ここだけは違反をしてもかまいません。

それが、ビタミンDなんです。

旧石器時代の原始的な生活とはちょっと違いますが、しょうがありません。

現代人の生活だと、旧石器時代とは異なり、日光に当たる時間が減ってきてしまいます。

そこが問題ですが、必要以上に日光にあたるのは逆に非健康的でもあります。

日光に当たっていると、体内でビタミンDが合成されます。

ところが、現代人のように日光に当たる時間が短くなると、ビタミンDが合成される量が少なくなってしまうのです。

ビタミンDは不足すると、いろいろな体調不良にもつながりますので、摂取する必要はあります。

ここでは、裏技として、サプリメントからビタミンDを摂取するようにしましょう。

 

パレオダイエットは何を食べるの!?

嬉しいことに脂肪は自由!?えっ楽勝じゃん!

パレオダイエットの驚きポイントの1つが、脂肪は自由というポイントです。

脂肪が一番ダメでしょ!!って思うのがダイエットの基本ですが、そんなことは、パレオダイエットには関係ありませんよ!

脂肪は、いくら食べてもOKなんです。

強いて言えば、摂取する脂肪の種類にだけは注意が必要とされており、一般的な

  • ココナッツオイル
  • バター

などは、自由に食べて問題ありません。

一見ダメそうな、

  • 牛脂
  • ラード飽和脂肪

についても基本的には問題なしです。

「基本的には」というのは、原料になった動物が健康的に育てられているのであれば、問題ないということになります。

動物性オイルでも、健康的に育てられていれば他の脂肪でも大丈夫となります。

その他にも、加熱をしないで食べるのであれば、

  • オリーブオイル
  • アボガドオイル

なども問題なしです。

タンパク質は大事な栄養源

旧石器時代の狩猟生活の原始人と同じような生活なので、当然、動物のお肉などのタンパク質は積極的に食べてよいことになっています。

結局のところ、この部分が、ハリウッドなどの欧米の方が、何の苦もなく続けられてしまうポイントなのです。

日本人だって、お肉をガンガン食べていいって聞いたら、簡単なダイエットって思いますよね?

どんどんお肉などを食べてタンパク質を吸収しましょう。

その他にもタンパク質といえば、ダイエットでは制限されがちな、

  • お魚

などになってきますが、一切問題ありません。

ちなみに、お肉の脂身も問題ありませんよ。だって、旧石器時代にはそんなこと気にしませんからね。

唯一、タンパク質で注意すべきところは、自然な状態のお肉であるということだけです。

つまり、放牧などで健康的に育てられた動物の肉を選ぶことが望ましいのです。

この部分も、旧石器時代という設定ですね。

このダイエットの一番の特徴であるタンパク質が自由ってことで、グルメの人でも簡単に続けられるダイエットと言われています。

野菜から炭水化物をとる!

パレオダイエットの最大の特徴の2つめが、この炭水化物を食べないというポイントです。

日本人なのでお米を食べないのは少し不安になりますよね?

でも安心してください。炭水化物は、お米である必要はありません。

野菜からでもしっかりとれるのです。

野菜からならば、お米やパンからとるほど、大量にとる必要もなく、肥満になる可能性もグンと減ります。

最近流行りの低炭水化物ダイエットよりは、結果的に炭水化物を摂取していいダイエット方法なんですよ。

果物はいいの!?食べすぎると太るから要注意!

果物は、糖分も多いので食べすぎると太ってしまう可能性がありますが、食べること自体は禁止されていません。

パレオダイエットだってタンパク質ばかり食べていてはやっぱり飽きてしまいます。

食べ過ぎなければ問題ありません。

ダイエットにはストレスが禁物です。

果物の中でもオススメなのは、糖分が比較的低いベリー系の果物で、太る危険性も最小限にすることができます。

ナッツはいいの!?オススメは!?

ナッツ類としては、マカダミアンナッツをオススメしています。

ナッツは、以下のような特徴もあるので、必要な栄養成分もとれちゃう優れものでもあります。

  • 多価不飽和脂肪酸が少ない
  • オメガ3脂肪酸も多い

ダイエットだけではなく、ナッツ類は消化系に影響を与えてくれるので、ダイエット時の体調に合わせて摂取するとよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?パレオダイエットを初めて知った人はびっくりしたんじゃないでしょうか?

パレオダイエットにはいろいろなビックリするポイントがありましたね。

まずは、徹底的に炭水化物がダメで、タンパク質をドカドカ食べてもいいところです。

そして、いつ食べても大丈夫な、自由さです。

ダイエットなのに、お肉を食べ放題だし、どれだけ食べてもいいって凄いですよね?

日本でも流行しつつある、炭水化物ダイエットと基本は一緒で、炭水化物を食べないことがその秘訣となりますが、それでもドカドカ食べていいのは魅力の1つです。

炭水化物を食べないことに耐えられる人は、炭水化物ダイエットよりも食べれるものが多いのでオススメです。

ぜひ、グルメな人で、食べる量を制限されたくない人にオススメのダイエット方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です