米酢ダイエットという、手法をみなさんはご存知ですか!?

米酢は、脂肪の分解などによりダイエット効果が期待できますが、それ以外にもいろいろな病気の予防も期待されています。

そして、何よりわれわれ日本人にこそ、向いているお酢なのだそうです。

ここでは、そんな日本人向きの米酢の効果と、オススメの米酢を紹介していきます。

米酢のダイエットだけじゃない健康的な効果と向いてる人種とは!?

米酢ってどんなお酢!?

米酢は料理などいろいろな用途に使われていますが、みなさんはお酢であるというだけで、特に他のお酢と区別せずに使っていませんか?

まずは、最初に米酢と他の酢はどう違うのかについて紹介しますね。

お酢の種類は、原料によって変わってくることはご存知だと思います。

りんご酢の減量には林檎、バルサミコ酢の原料はブドウ、穀物の酢の原料は小麦やとうもろこしなどの穀物になってきます。

その他にも、ダイエットで有名な黒酢などはも原料は米になってきますが、場合によっては小麦や大麦を加えることもありますが、黒酢は発酵によって黒褐色になったためにこの名がついているのです。

さて米酢についてはどうかというと、お酢1lあたりに米を40g以上使用しているものであり、原料は当然のごとく、お米で、その配分もJAS規格で、厳格に定められています。

なかでも純米酢はアルコールを添加せず、米だけで作られていなければならないものになってきます。

米酢の効果はどんなものがあるの!?

米酢には理論上では、いろいろな効果が期待されています。

もともとお酢には以下のように生活習慣病から、危険なガンなどの病気にも効果が期待されているのです。

  • 高血圧抑制
  • コレステロール低下
  • 肝臓結石予防
  • 大腸がん予防など

このように様々な健康効果が期待されているのがお酢なのですが、この効果は「アデノシン」という成分が関係しています。

アデノシンは、米酢の主成分である酢酸から体内に取り入れられ、血管の壁に作用して、血液が流れやすくしてくれるのです。

その結果、血圧が下がるという作用を導いてくれます。

また、米酢に含まれるアミノ酸には、脂肪の分解を助ける働きがあります。

脂肪の分解を助けてくれることで結果として、ダイエット効果を期待できるのです。

さらには酢酸やクエン酸は腸内環境の改善にも作用してくれるため、便秘解消にもつながりますし、便秘解消はそもそも体重減少につながるので、これまたダイエット効果を期待できるのです。

この他にも、理論上ではアミノ酸やクエン酸は、疲労回復のスピードを上げてくれたり、新陳代謝もよくしてくれたりします。女性などの場合には冷え性にも効果があるので、最近では女性にこそ米酢は人気になってきています。

米酢は日本人向きのダイエットアイテム!

米酢はとくに日本人に向いてるダイエットアイテムであることを覚えておいてください。

米酢に限らず様々なお酢が、日本人にはそもそも生活スタイルにフィットしていますが、米酢はとくに向いています。

なぜかというと、ズバリ、味が日本人の口に合うからです。

もともと日本人はお米文化ですよね?

米酢はお米の旨みが生きており、お米を主食として生活している日本人の口にともて合うのです。

料理でいえば、お寿司やちらし寿司にぴったりですよね。

それ以外にも酢の物などに使っても相性は抜群です、お酢の酸味が苦手な子供にも食べやすい味に仕上がってくれます。

 

米酢でダイエット効果を期待するなら選び方を気をつける!

まずは米酢を見極める!純米酢がベスト!

先にも紹介しましたが、米酢は「お酢1lあたり米を40g以上使用」しているものをさします。これを満たさなければ米酢とはいえません。

しかし、お酢を作るには1lに対して、120gのお米が必要といわれており、40gだけではお酢が作れない場合があります。

そのため「醸造用アルコール」を添加して作っており、「醸造用アルコール」は、とうもろこしやさとうきび由来の廃糖蜜から作られており、科学的にはエタノールと同じものを表しています。

ちょっと難しい化学的な話になっちゃいましたが、しっかりと米酢をつくっているかどうかでだいぶ純度が異なってきてしまうということです。

醸造用アルコールを使っていないで、作った米酢は、「純米酢」とよばれ、お米本来の旨みやまろやかさを味わえますし、さらには酢酸などの有機酸を多く含んでいるので健康面やダイエット面にも効果が高くなります。

その一方で、醸造用アルコールを混ぜて作ったお酢の場合には、酸度が強くとがった風味になるので苦手な人もいるようです。

どちらがいいかというとやはり安全性や栄養面からみればと、断然「純米酢」になってきます。

酸度や醸造方法も賢くチェック!

酸度:米酢のラベルでまずはチェックすべし!

米酢のラベルでチェックしたい数値として、まずあげられるのが「酸度」になります。

JAS規格では4.0%以上と定義されていますが、酸っぱい酢が欲しい時には高いものを選び、酸っぱさを抑えた酢が欲しい時には低いものを選べばいいのです。

ただし、アルコールを加えたものはツンツンした酸っぱさを感じやすいので、醸造用アルコールと純米酢では、パーセンテージにおいて味に差がでてきます。

醸造方法:静置発酵法と連続発酵法から選択

米酢の美味しさを追求したい場合には、すこし玄人好みになりますが、製造方法もチェックしましょう。

お酢の製造方法は主に2種類あり、「静置発酵法」と「連続発酵法」とにわかれています。

昔から行われているのが、「静置発酵法」で、「表面発酵法」「長期発酵法」とも呼ばれていることがあります。

醸造には最低でも2ヶ月はかかりますが、長い発酵期間により熟成が進み味に深みが生まれると考えられており、少し高いお値段の米酢になります。

もう一方の「連続発酵法」は、酢酸濃度の高いお酢を短時間に製造する方法で、「通気法」「機械速醸法」と呼ばれることもあります。

「静置発酵法」の米酢と比べてしまうと、味が単純で、コクや旨みに欠けてしまっています。

ただし、お値段は安いのでお金をおさえたい方にはオススメです。

 

米酢ダイエットを実現するための、飲むタイミングとは!?

 基本は、毎食後や夕食後に飲む!

お酢ダイエットの飲み方は、いろいろありますし、個人個人で好きなように飲んでもらえれば基本的には問題ありません。

今、現在、お酢ダイエットとしてもっとも流行っている飲み方は、「毎食後」、「夕食後」にお酢を飲む方法です。

量についても、食後に10mlで問題ありません。

子供などの場合に、酸っぱいものが嫌いな場合には牛乳などに混ぜて飲んでも効果としては問題ありません。

また、健康面を考えるのであれば、合成酢より醸造酢の方がアミノ酸などが多く含まれているので、オススメです。

ダイエット効果をより期待したいなら、運動「前後」!

よりダイエット効果を期待しているのなら、有酸素運動の「前後」にお酢を飲むのがオススメです。

よく聞くのは、運動後だと思いますが、米酢の場合には運動の「前後」に飲むのがよいのです、これにより、ダイエット効果だけでなく、筋肉疲労に効果があり、疲労を早く回復してくれますよ。

その他にも新陳代謝を上げることができる効果を活かすために、お風呂上がりなどに飲むと、体も温まっているので効果ありです。

寝る前に飲むという、選択肢もある!

寝る前に飲む方法は、「ホット酢ドリンクダイエット」といって最近女性の中で、手軽にできるダイエット方法として人気です。

やり方は簡単で、寝る前に、大さじ1杯のお酢を温かい飲み物にまぜて飲むだけです。

タイミングが寝る前だからというのはあまり科学的には意味はありませんが、冷え性に効果があるので体温が下がりやすい人などにはとてもいいタイミングです。

血圧や血糖値などにも影響をしてくれるので、毎日続けたい方にはちょうどいいタイミングなのかもしれませんね。

冷え性の人は、基礎代謝も低くなっていて、カロリー消費ができにくくなり痩せにくい体質でもあるので、代謝アップとして飲むのはとても意味があります。

 

米酢のオススメは、味、品質、製法のどれになる!?

村山造酢 千鳥酢

プロ仕様の米酢ならコレで決まり!

村山造酢 千鳥酢は、まろやかな口当たりの手作り米酢で、京料理に適した米酢だと評判です。

京料理の素材の持ち味・色を生かしてくれるほどに味がまろやかで、酸味が比較的やわらかいのが特徴だといわれています。

口コミからみる評判

①料理に使用するには、コレしかない!

多くの人が、このお米酢に出会ってからは、他のものが使えなくなっているそうです。

酸味はしっかりありつつ、ツンと鼻を通る鋭さが無いので優しく風味良く感じられるようです。

甘みも広がり、味わい深い商品だと感じるみたいですね。

②物足りないと思いきや、真の味に気づいたらやめられない!

最初は、物足りない酸っぱさで少しがっかりする人もいるようですが、何度も使っているうちに酸味が主張しすぎていないことがクセになるようです。

その一方で、食材の味を引き立ててくれると感じるようですね。

③酢の物、餃子のタレ、漬物にも最高!米酢を使った料理のレパートリーが増える!

通常の酢より使用頻度が上がってくるようで、量が減るのが早くなってしまい、一気に何本も買ってしまうようです。

④料理好きに生まれ変わってしまうほどの米酢

この米酢にであったことにより調味料にはまってしまった人もいるようです。

調味料好きには、たまらない凄みをもっている千鳥酢。

有名な料理家さんたちのほとんどが、愛用してることでも有名のようです。

素材、基本となる調味料が美味しければ料理もぐんと美味しくなるようで、はまってしまうようです。

料理には、マイルドで甘味のある米酢が相性抜群のようです。

⑤酢は酸っぱいだけのものじゃない!

酢とはただ酸味、酸っぱさを感じるものだと思っていた人には、衝撃的な出会いのようです。

酢にも甘味や味があることがよくわかる美味しい米酢なのです。

酢の物だけではなく、麻婆豆腐の隠し味に1杯入れてみるだけで、美味しい隠し味になるようです。

創健社 越前小京都の有機純米酢

最強の製法からできた、業界ナンバー1の米酢!

創健社 越前小京都の有機純米酢は、有機栽培された国産米を使用しています。

酒造りから酢酸発酵まで、手間と時間をたっぷりかけて完成した完璧な米酢なのです。

仕込み水には、越前の小京都 福井県大野の地下天然水を直接汲み上げています。

さらにシーガルフォー浄水器のメーカー・米国ゼネラルエコロジー社製業務用浄水器で、更に磨いて使用しているので品質は業界でもナンバー1の保証です。

米酢ならではのうま味と、まろやかですっきりとした味わいたい人、そして、華やかな香りで、和洋中のお料理を美味しさを引き立ててくれるでしょう。

口コミからみる評判

①安心安全の製法だから、安心して使える!

原料には、有機栽培された国産米を使用しており、しっかりとした日本産の原料にアメリカの最新式の浄水器なので何もきにせず使えるようです。

さらに伝統的な寒仕込み、三段仕込み製法で酒を作り上げていること、もっとも味がしっかりする静置発酵法により、純米酢を完成していることも完璧です。

②値段が、なぜかお手頃!

有機の米酢にしてはお手頃のお値段のようで、コクがあっておいしいことに加えて、安全なものを使えてるという安心感もよいようですね。

③味が美味しいので、いろいろな料理に使える!

自然製法によって、まろやかで尖った酸っぱさがないので料理に使いやすいようです。

酢の物や揚げ物だけでなく、微妙な味加減が難しい、日本料理にも相性が抜群のようです。

内堀醸造 本造り米酢

酢造りは、酒造りから!

本造り米酢は、米と米麹を大切にし「酢造りは酒造りから」を信条に丁寧に造り上げた純米酢です。

酢の物や寿司などだけでなく、その他の料理にも幅広くお使いいただけます。

口コミからみる評判

①純米酢以外も好評のメーカー

内堀醸造は、りんご酢や黒酢も人気のメーカーなのです。

米と米麹だけで丁寧に醸造した純米酢で、伝統的なアルコール発酵を通じて酢もろみを作り、酢に醸造してくれているのも評判のようですね。。

②大容量だから、コストパフォーマンス最高!

大容量で使いやすいと評判のようです。

やっぱりしょっちゅう使うお酢なので、コストパフォーマンスは気になるところのようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

米酢といっても、ちょっとしたダイエットなどの健康効果だけでなく、高血圧抑制、コレステロール低下、など幅広い健康的な恩恵をうけれる可能性があります。

もちろん、米酢だけで健康面において、何もかもが変わるわけではありませんが、まずは料理には安心安全の純米酢をつかってみて、ダイエットを実践しつつ、健康に気を使いながらの料理を楽しんで作ってみましょう。

関連商品


Blucky

米酢粉末と米紅麹を同時に摂取できるサプリメント。

2,980円

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】


オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です