リンパマッサージには、疲労や免疫力のアップに効果があると言われていますが、果たしてダイエットにも効果があるのでしょうか?

今回は、そんなリンパマッサージがダイエットにも効果があるのかどうかについてと、リンパマッサージの効果を高める具体的な方法等について詳しく解説してみました。これまで、様々なダイエット方法を試されてきたかたは、是非ともこのリンパマッサージを取り入れてほしいと思います。

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

⒈リンパマッサージとは?

⒈1リンパマッサージについて

リンパマッサージは、体内に溜まってしまった老廃物や毒素をマッサージによりリンパ液にのせて排泄する健康法であり美容術です。エステサロンやマッサージを行なってくれるお店などで受けることができる美容痩身方法です。なお、エステサロンに行かなくても自宅で、自分でもできる方法としてもよく知られています。また、リンパマッサージには、美容効果のほかに、医療の手段として、健康効果を得ることもできるそうなので、注目したい方法ですね。

リンパ管を通って全身を巡っているリンパ液は、滞りやすい傾向があるため、流れやすくしておかないとセルライトが増えたり、むくみやすくなったり、疲れやすくなったりします。滞ってしまう原因は、ストレスや疲労、運動不足などが考えられます。

このリンパ系の流れを滞らせないために行なうのが、リンパマッサージなのです。リンパ液が全身にきちんと流れていくように、不必要な老廃物や有害物質をマッサージすることで取り除き、リンパの機能を活発にさせます。

では、効果的なマッサージを行なうためにはどうしたらよいのかというと、リンパ節に向かってマッサージをする必要があります。リンパ節は付け根、おなか、鎖骨、あごの下、脇の下などに集中してあります。あまり強く押さずに、いた気持ちいいくらいの力でリンパ節に向かって押し上げるようにマッサージをしていきます。

サロンでは、専門のエステティシャンが行なってくれるので心配ありませんが、自宅で自分で行なう時には力の入れ加減に注意しましょう。リンパマッサージを行なえば、リンパの流れがよくなって美しくなるだけではなく、体の中からも美しく、健康的になれるのです。女性にとっては必要ともいえる美容方法ですね。

⒈2もっと詳しく知る

体内で不必要なものを体外に運ぶのがリンパです。この流れがスムーズでなくなるということは体内の不必要な物質が体内にたまるということです。一般的に老廃物や毒素と言われる不必要な物質が体にたまると、ダイエットにも健康にも影響を与えてしまいます。肌も薄黒くなったり透き通り感がなくなります。

その他むくむことも多くなり、疲れもなかなか取れないなど、いろいろな不具合が出てきます。特に女性にとっては大敵ではないでしょうか。そこで生活習慣の見直しや生活リズムの改善などにも心掛け、食生活や運動にも気を配り、ストレスを上手に解消することも工夫するようにします。そしてそれだけではなく、リンパマッサージを行なうようにすることで、ダイエット、美肌、そして健康と女性として大切なものを取り戻すようにしましょう。

リンパマッサージをより有効にするポイントは、行なう前に水をコップ一杯飲むことでリンパ濃度を薄めて流れやすくします。体が温かいときということでお風呂の中に行なうとベストです。そしてリラックスするためにアロマや音楽などを上手に利用して、アロマ風呂などにしてみるのもいいのではないでしょうか。ストレッチなど運動をすると、それだけでもリンパの流れが良くなります。軽いストレッチをしてからリンパマッサージを行なうといいようです。

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

⒉リンパに関わる美容と健康を考える

⒉1リンパマッサージがダイエットに効く理由とは?

わたしたち、体の70%は水分ですね。リンパ液はリンパ管の中を通る液体ですが、この成分は血液と同等のものです。リンパ管は体中に網の目のように流れています。このリンパ液がリンパ管の中で流れが悪くなっていくと、細胞の隙間にたまりむくみが起ります。もちろんむくむだけでなく老廃物や毒素までがたまってしまいます。トイレが少なくなったりすることもあります。

そうなることで、むくんで太って見えたりということになります。リンパ液の流れが悪くなる原因は運動不足や低体温などで起こります。リンパマッサージをすることで逆に体温が上がってくるわけです。

体温が上がると、1度上がれば代謝は13%は高まりますので、ダイエットにも大きな影響があります。代謝が良くなることこそ最高のダイエットではないでしょうか。やはり、ただ燃焼のことだけを考えるダイエットはもう時代遅れです。代謝を上げることこそダイエットには一番大切なことではないでしょうか。

そんな代謝もアップすることができるのがリンパマッサージなのです。また老廃物はまたの名を疲労物質と言い、疲労を感じさせる物質と言われています。リンパの流れを良くすると老廃物も流れていき、日常の動き方もまったく変ってくるのです。それはダイエットにはとても大切なことなのであり、もちろんむくみがなくなることでスッキリ見えるというダイエット効果もあります。

⒉2有効に行なう条件

わたしたちの体の70%は水分でできていると言われています。水分は簡単に増えることもあり、それがむくみや肥満につながることもあります。そのためにダイエットも兼ねて健康と美容のためにはリンパマッサージがお勧めです。しかしリンパマッサージも有効に行なわないとせっかくの効果も出ません。そこでリンパマッサージを有効に行なうポイントを挙げておきましょう。

まず、リンパマッサージの前に一杯水を飲むようにします。リンパ液を薄めることでリンパ液の流れが良くなるのです。次にリラックスして行なうようにしましょう。リンパ管も緩みリンパ液の流れが順調になります。

血行も良くて、リラックスできる最高の条件が入浴直後に行なうことなのです。このようにちょっとしたコツを知っておくとリンパマッサージを有効に行なうことができます。ついでにリンパマッサージをしてはいけない場合も挙げておきましょう。

心臓疾患、感染症、低血圧の人は割けるべきでしょう。また妊婦も3カ月までは少なくとも厳禁です。またぜんそくの発作中。腎臓の疾患のある人や化学療法を受けている人。臓器移植を受けた人、熱の高い人、生理中や脾臓摘出者、皮膚炎の人もお勧めできません。このような症状のある人、状態の人は、血行が良くなることでデメリットが多い場合です。思い当たるものがあれば注意しましょう。

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

⒊リンパマッサージの効果を高める方法

⒊1効果を高めるには?

リンパマッサージをする上でその効果を高めるために、あらかじめリンパの流れを促しておく事、流れやすい状態にしておく事がポイントです。そのため、以下の3つが挙げられます。

運動をする
リンパの流れは体を動かす事に伴う筋肉の収縮がポンプとして働きます。ちなみに血管の血液の流れは筋肉の収縮の他、心臓のポンプ作用によって促される。つまり、リンパの流れに直接作用させるには体を動かすしかないので、リンパの流れを促すのに運動するのは効果的です。軽いウォーキングなどのやストレッチなどで構いません。

入浴する
体を温めることで血流を良くしたり、水圧でリンパの流れを促したり、筋肉をほぐす事ができます。また、入浴によりリラックス状態になることも、リンパマッサージの効果を高めることにつながります。

水を飲む
水を飲むことでリンパ液の濃度が薄まり、リンパの流れが促されます。リンパ液の成分はタンパク質やウイルス、細菌を含んだ溶液で、水を摂取することでその濃度を薄めることができるのです。飲む水の量としては、コップ一杯、200mlくらいが推奨されています。

また、リンパの流れを促すこと以外にも効果的なのが、リンパマッサージ用のオイルやジェルを塗るということです。

オイルを塗る
オイルを塗ってマッサージをすることで摩擦を減らし、皮膚の負担を軽減することができます。また、オイルによっては保湿効果や血行を促進する効果などもあります。一番の目的は前者の効果のため、リンパマッサージ用のオイルである必要はなくても、薬局などで市販されているクレンジングクリームやベビーオイルで構いません。

⒊2具体的なリンパマッサージの方法

足マッサージ前の事前準備

マッサージを始める前に、老廃物が流れていく出口確保のため事前準備をします。

①脚・足首・太ももくらいまでを、軽く下から上へなでるようにマッサージします。力は使いませんが、手の重さくらいは感じられる程度がよいでしょう。「これからマッサージします」という身体への合図です。

②先に足首・膝裏・そけい部(脚の付け根)をマッサージします。曲げられる部分は滞りがちなので、先に流してあげましょう。ボディークリームやオイルを使うと、肌もしっとりとして一石二鳥です。基本は四指の指の腹を使って、片方ずつ進めていきます。

③足首の内側(くるぶしのあたり)に親指を当てて外側へ流すように動かします。足首はわりと硬めなので、手を軽く握ってグーにして関節部分に当てて動かしてもよいでしょう。気持ちいいくらいの圧で、回数を重ねます。片方15~20回くらいです。

④膝裏に両手の四指を当て、下から上へ指を動かします。最初は痛みを感じるかもしれませんが、お風呂上がりや入浴中に行うと痛みが軽減されます。片方10~15回くらいです。

⑤脚の付け根(そけいリンパ)に手のひらを当てて、外側から内側へ滑らすように動かします。ここも滞りやすいところです。15~20回程度行います。

足のむくみをとるマッサージ

つま先から足首→ふくらはぎ→太ももの順番で、必ず下から上へ行います。力加減は気持ちいい程度で構いません。なでるようだと少し弱いかもしれませんが、あまり力を入れすぎると疲れてしまって継続できません。脚は部分的に行うより、一連で行うほうが効果的です。

①足の甲をマッサージします。足首の時のように手を軽く握ってグーにして、指の関節で流すようにマッサージします。

②ふくらはぎを左右から両手で挟んで、下から上へと流すように動かします。両手で円を描くように下から上へとマッサージするのもいいと思います。

③太ももは膝から脚の付け根まで両手で流すように、下から上へしっかり動かします。ふくらはぎと違い太もも全体は手で挟みにくいですが、全体に触れることが大切ですので、太ももの表も裏も全部を触るようにしてください。太ももの硬い部分は手を軽く握りグーにて、円を描くようにマッサージしても構いません。

毎日片脚数分程度でよいですが、時間があれば週に一度くらい念入りに行うのも良いかと思います。脚はやり過ぎても、あまりオーバーマッサージにはならないでしょう。

首・顔のマッサージ前の事前準備

首・顔のマッサージを行う前に、まず鎖骨の周りを触ります。顔や首の老廃物が、鎖骨のリンパにうまく流れていくようにするための事前準備です。鎖骨の骨の部分を避けて、上と下を手のひらで軽く押すような感じで行います。右手で左の鎖骨周り……というふうに反対の手で行うとよいですね。

首のマッサージ方法

首はむくみをとるのに最も効果的です。耳下から鎖骨に向かって行います。振り向く感じで顔を少し横に向けると、耳下から鎖骨まで筋肉がでてくるのでわかりやすいです。耳下の少しくぼんだあたりから鎖骨まで、上から下へと四指や手のひらで流すようにマッサージします。こっていても力は入れず、痛みを感じない程度で行いましょう。

毎日、ゆっくり10回程度行います。スキンケアの一連の流れに入れてしまえば、最後のクリームを塗る時に一緒にでき、忘れずに毎日行えるのでオススメです。

顔のマッサージ方法

首のマッサージだけでもむくみに効果的ですが、顔も一緒に行うとよりよいでしょう。ただし顔はあまり強くしすぎると逆にシワになりやすいところもあるので、気をつけて行ってください。

①頰の頰骨(きょうこつ)の上と下を軽く押すようにマッサージします。鼻から耳へ向かって横に指をすべらせるように押していきます。上5回下5回くらいでよいでしょう。左右一緒に行っても構いません。

②最後に手のひらを頰に当てて、鼻から耳へとすべらせるように動かします。少しひっぱるようにするとたるみ防止にも。すべりやすくするため、乳液やクリーム・オイルなどをつけて行うほうがよいでしょう。

首や顔のマッサージは、スキンケアの一環として取り入れると毎日行えるのでオススメです。ただし、クレンジングのとき、特にオイルクレンジングなどはすべりがいいのでやってしまいがちですが、皮膚にはよくないので止めたほうがよいでしょう。

塗った瞬間ひきしめ小顔!芸能界で重宝されてきた魔法のリフトアップジェルが遂に一般販売解禁!【PR】

⒋まとめ

リンパマッサージには、ダイエット効果があることがお分かりいただけたかと思いますが、しっかりとしたその方法を知らないうちに試すのは、ナンセンスです。このダイエットも然りですがしっかりと正しいダイエット方法やその口コミ・効果等について調べてから取り組むようにしてくださいね。

関連商品


恋する美脚リンパウェーブスパッツ

履くだけでリンパマッサージ?!芸能人も使っていると噂のダイエットスパッツ

2,980円

短期間減量&スーパーメリハリボディになれる!?最新のダイエット用プロテインがすごいと話題!?【PR】

話題!10キロ減も可能?『18DAYSダイエット』が簡単すぎる!!【PR】

1日3キロ脂肪溶解!ダイエットの常識を全てうち破る減量用透明コーヒー【美味】が話題沸騰中!【PR】


オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です