むくみで悩んでいる方の多くは、リンパが原因の一つだと知りません。

今回は、そんなむくみの原因から改善方法また予防の方法等について詳しくまとめてみました。普段から意識してむくみと向き合えばしっかりと予防改善できるので、是非とも内容を参考にしていただき今後に生かして欲しいです。

⒈むくみの原因とは?

⒈1むくみのメカニズムとは?

一日中立ちっぱなしだったり、デスクワークで座り通しだったりすると、夕方になって靴がきつくなる、という経験はありませんか?指で押すとその跡がくっきりと残るほどにパンパンになってしまうこともあります。このような「むくみ」は医学的には浮腫(ふしゅ)といい、女性によく見られる症状のひとつです。なぜ、むくみが起きるのでしょう。

むくみは血液の循環と深く関わっています。心臓がポンプのような働きをすることにより、私たちの体内に流れる血液は動脈を通して水分や栄養分を細胞へ供給する役目を果たしています。それと同時に、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環します。しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

⒈2原因について

原因はいくつかあり、一過性のものと、血管や肝臓、腎臓、または心臓の障害によるなんらかの危険サインである可能性があります。

長時間の起立状態

長い時間立っていると、重力により血液は足に溜まってしまいます。すると、静脈は圧が高くなってしまい、戻ってくる水分を受け入れることが難しくなってしまうのです。立ち仕事をしている方の足がむくみやすいのは、このような原因があるからです。

運動不足による冷え性や血行不良

足の筋肉は収縮することにより血液を循環させるポンプの役目を果たします。運動不足によって足の筋肉が衰えると、そのポンプ機能が低下しまい足に水分が溜まりやすくなってしまうのです。さらに、足先の毛細血管まで血液が潤滑に流れなくなり、冷え性や血行不良をともなうむくみが起こります。

水分・塩分の摂り過ぎ

水分や塩分を採り過ぎることにより、血液中の水分が増えてしまいます。それにより余分な水分が留まりやすくなり、むくみの原因になります。

下肢静脈瘤

静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れることで血液が逆流し、血液が足に溜まってしまう血管の病気が原因でむくむことがあります。悪化すると、溜まった血液により肌が黒ずんだり、湿疹やかゆみの元にもなります。

肝臓の病気

血管内に水分を保持するアルブミンという成分があります。これは肝臓で作られるのですが、肝臓が弱っているときにはこの成分がうまく生成されなくなります。そのため、動脈の水分が血管の外に出やすくなり、静脈では血管に水分が戻りにくい状態になってしまい、むくみを引き起こすことがあります。

腎臓の病気

腎臓がなんらかの原因で弱っていると、身体の中の余分な水分を尿として排出できなくなり、むくみの原因になることがあります。その他、血液を送り出す役目をしている心臓が弱っていて、むくみの原因になっていることもあります。

このように、むくみには本当にさまざまな原因が考えられるのです。普段と変わらない生活や立ち仕事などをしていないのに突然足のむくみに悩まされたり、慢性的なむくみが1週間以上続く場合には、内科など専門医による診断を仰ぎましょう。そうでない場合には、血液の循環を促してあげるマッサージやツボ押し、足枕、足湯などのセルフケアが有効です。

⒉むくみを解消するにはどうしたらいいのか?

⒉1簡単にできるむくみ対策とは?

利尿作用のある飲み物や食べ物を意識的にとる

食品・飲料中で最も利尿作用が強いとされているのは、カフェインを含む飲み物です。コーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶には多量のカフェインが含まれています。ほか、キュウリやスイカ、豆類なども古くから利尿作用があると伝えられています。

入浴時はぬるめのお湯に2~30分ゆっくりつかる

汗を流し、身体を温めながら全身の水分を効率よく排出できる入浴は、むくみの予防・対策にはうってつけです。心臓の下あたりまでをお湯につかる「半身浴」がベターです。入浴時間やお湯の温度を確かめながら、取り組んでみましょう。

⒉2リンパマッサージが効果的って本当?!

リンパマッサージとは、身体中のリンパ管を刺激することにより、リンパ液の流れを促進するマッサージです。リンパ管に詰まった老廃物が除去され、リンパ液の流れがスムーズになれば体内の毒素を排出しやすくなり、むくみ解消に役立ちます。

むくみの悩みが多い部位としては、顔、脚、指などがあげられます。顔のむくみには、お湯やレンジで温めたタオルで数十秒間顔を覆ったあと、口を大きく開けたり、思い切り目を見開いたりを繰り返す顔面運動を行うと良いでしょう。脚は、全体を優しくマッサージしてみましょう。ほか、両脚を上にあげた状態を数分保つ、脚を温かいお湯につけるなどしてみてもいいでしょう。血流が良くなれば、むくみの多くは解消されます。

むくみは、主に体内のリンパ液が流れにくくなって起こる現象です。リンパ液は血液とともに体内をめぐりますので、血の巡りがよくなるよう工夫してみるといいでしょう。

むくみ解消グッズを使う

少し前に「小顔」という言葉が流行りましたが、これはやせて小さな顔をゲットするということのほか、顔のむくみを取るということにもスポットが当たっていました。そのため「美顔ローラー」「小顔ローラー」が飛ぶように売れ、現在では女性の美容アイテムとして定着しました。脚のむくみ対策用の靴下やストッキングなどは、ドラックストアやスーパーに専用棚ができるほどの人気ぶりです。

むくみは女性の悩みとしては非常にスタンダードなものです。少し生活が乱れると出てきてしまうむくみですが、日常の生活習慣に配慮することで、予防・改善を図ることができます。キーワードは「水分」「マッサージ」。この2つを忘れず、日々のむくみ対策に取り組んでみましょう。

⒊リンパ浮腫とは?

⒊1リンパ浮腫について

人間も動物のように這っていれば簡単にむくむようなことはなかったのですが、人間が立って歩くようになったために、静脈血が脚にうっ滞し静脈圧が上がってしまい、そのために脚がむくんだりするようなことが生じるようになりました。

むくみは血管外の皮下組織に過剰に溜まった水分です。毛細血管領域の主に動脈側から出た水分や蛋白で代表される物質は、いったん組織に栄養を配給してまたリンパ管や静脈に回収されます。その際には水分のほとんど90%は静脈に還り、残りの10%はリンパ管に還るという仕組みになっています。

つまり、むくむということは静脈の流れが大きく影響しますから、血管外の過剰な水分(むくみ)を減らすためには、まず静脈の機能を活発化させ、それからリンパ管の働きを活発化させていくことになります。つまり,むくみを減らすにはまず静脈の機能を活発に動かし、さらにリンパ管を活発化すればよいということになります。

⒋リンパ浮腫の予防方法等について

⒋1むくみの症状が軽度の時期の予防が大切

リンパ浮腫のむくみは皮下組織にたんぱく質が溜まって水分をひきつけることで生じます。いったん、水分とたんぱく質等の圧迫で皮下組織が挫滅(組織が破壊されること)されてしまうと、もう元に戻らなくなります。ですから、少しむくみが見られる時期(まだ皮下組織が挫滅されていない時期)から予防し、完治をめざすことが大事です。

とくに、乳がん子宮がんなどの手術直後にはいったんむくみが出る事があるので、この時期がポイントです。放っておくと、どんどんむくみがすすんでいきます。

筋肉のポンプ作用がリンパ液の流れを促進する

筋肉は収縮しリンパ液を送り出すポンプの役割があるため、長時間じっとしていると血液やリンパ液の流れが悪化し、むくみを進行させてしまいます。座りっぱなしのデスクワークや車や飛行機・電車に長い時間乗る時など同じ姿勢が長時間つづくときは、腕や足を上げて軽く動かすなどの軽い運動を行うことが予防の中心になります。

運動療法で肥満を防止しリンパ浮腫のリスクを予防

リンパ浮腫の治療と予防は食事と運動療法を正しく行い、太り過ぎないことが大切です。肥満は脂肪によってリンパ管がつぶされ、リンパの流れを悪化させるため、リンパ浮腫のリスクを高めてしまいます。

また、肥満により体重が増加すると、関節の痛みを伴う事もあります。乳がんの発症や再発にも密接な関係があるといわれています。適度な運動、深呼吸や腹式呼吸、腕や足の挙上などリンパの流れをよくする適度な運動を日常生活に組み込み、無理せず行うことがリンパ浮腫の予防につながります。

⒌リンパ浮腫の治療方法について

⒌1複合的理学療法

リンパ浮腫の治療法は、大きく分けて、身体への負担が少ない「保存的療法」と、手術などを行う「外科的治療」のふたつになります。主に行われるのが保存的療法で、その代表が「複合的理学療法」です。

「複合的理学療法」は、スキンケア、リンパドレナージ、圧迫療法、圧迫を加えながらの運動療法などを組み合わせて治療を行い、むくんだ部分の安静など日常生活の指導も行いながら改善を目指していく方法です。ぞれぞれの具体的な内容を以下で解説します。

スキンケア

リンパ浮腫でむくんだ皮膚は、乾燥や角化がしやすく、ひび割れもしやすい状態です。そのため、細菌に感染しやすく、細菌感染によって炎症が起こると急激に悪化します。細菌感染を防ぐためにも、乾燥や角化が見られるときは保湿したり、軟膏を塗るなどのスキンケアが大切になります。

リンパドレナージ

リンパ浮腫に対してマッサージを行い、手足に溜まったリンパ液を適切な場所に移動することがリンパドレナージの目的です。リンパ浮腫の治療でのリンパドレナージは、それを専門的に学んだ医師や看護師、理学療法士などの医療従事者の治療や指導を受けましょう。

圧迫療法

弾性包帯や弾性ストッキングなどの弾性着衣を用いて圧力を持続的にかけることで、むくみが軽減した状態を保ったり、組織の隙間にリンパ液が溜まらないようにしたり、リンパ液の流れをスムーズにするのが圧迫療法の目的です。

皮膚にかぶれなどの異常が見られたり、血圧が高いときなどは圧迫療法を中断する必要があるため、適応、不適応に関しては必ず医師の指導を受けるようにしましょう。

圧迫下上での運動療法

弾性包帯や弾性着衣を着けたうえで、脚の関節を動かす運動を行います。脚の関節を動かしてリンパの流れをよくする方法です。このように圧迫を加えたうえで足を動かすことで、筋肉の収縮と圧迫作用の相乗効果でリンパの流れがよくなり、むくみの改善が期待できます。

⒌2その他の治療法

「複合的理学療法」以外の治療法には以下のものがあります。

外科治療

リンパ浮腫の外科治療は、主に手術です。流れの悪いリンパ管を、正常に流れている静脈につなぐ吻合手術があります。効果的につなぐことができれば、むくみの改善が見込めますが、手術後、まったく圧迫を必要としなくなる、ということは少ないとされています。

間欠的空気圧迫法

リンパ浮腫でむくみがある手や足に、空気が入る袋をかぶせ、その中に機械で空気を送って圧迫する方法です。これによって空気圧でむくみを押し上げます。その後、弾性着衣や弾性包帯などで十分に圧迫することで効果を持続させます。

薬物療法

リンパ浮腫の治療に、薬物療法は推奨されていません。皮膚が硬くなった場合は、尿素製剤が有効です。

⒍むくみに効くおすすめサプリメント

⒍1セルリッチスリム

メリロート配合された下半身痩身サプリメント。リンパの流れをよくしアップルファイバー・ケイヒが余剰カロリーをカットしてくれる優秀なサプリメントです。

セルリッチスリムの公式サイトはこちら

⒍2アンチスタックス(エスエス製薬)

エスエス製薬から販売されている「アンチスタックス」です。この医薬品は、「足のむくみを改善する」アイテムだと公的に認められています。赤ブドウ葉乾燥エキス混合物が配合され、脚のむくみ(重さやだるさ)をからだの内側から改善してくれます。

こちらはサプリメントではなく、薬剤師さんがいる薬局・薬店でのみ買える「要指導医薬品」です。購入の際は薬剤師さんがいる店舗で探し、相談してから購入してくださいね。

⒎まとめ

むくみの原因については、ご理解いただけましたでしょうか。最後にご紹介しているサプリメントなどもむくみに大変効果的なので、是非とも試していただきたいです。また、むくみは運動でも改善効果があるので是非とも運動も取り入れて、みてくださいね。

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です