香りに痩せるダイエット効果があるって言われたら信じますか?


嗅覚に影響を与える香りは、心理状態などに作用してダイエットへの効果が期待できるのです。今回は、そんなアロマキャンドル等を使ったダイエット方法について詳しく解説していきます。

短期間減量&スーパーメリハリボディになれる!?最新のダイエット用プロテインがすごいと話題!?【PR】

話題!10キロ減も可能?『18DAYSダイエット』が簡単すぎる!!【PR】

ろうそくダイエットとは?

香りが及ぼす人への影響とは?

香りは鼻を通じて、嗅覚に影響を与えます。アロマテラピーに癒しなどの効果があるようにそれぞれの香りには独自の効果が見込めるのです。たとえば、有名どころだけでも以下のような効果が香りにはあります。

・リラックス
・安眠
・興奮
・不安解消
・集中力アップ

この効果を利用して、歯医者さんなどではリラックス作用がある香りを漂わせ、患者さんの不安を緩和させているところもあります。香りには幅広い効果があるため用途にあった香りを使い分けることで、色んなメリットを得ることができるわけですね。

満腹効果もあるの?!

お腹が空いてご飯を作ろうとした時、料理中はお腹が減っていたはずなのに料理が完成する頃にはお腹がいっぱいになっていた事ってありませんか。これは香りによる満腹効果に原因があります。

ご飯を作ろうと料理をしている間、ずっと美味しそうな香りを嗅いでいますよね。それが嗅覚を通じて満腹中枢を刺激し、空腹状態から満腹状態になるように、脳に刺激が送られていたわけです。

そのため、香りだけで満腹に感じてしまっていたということですね。つまり、こういった効果を利用することで香りを使ったダイエットを実践できるというわけです。

1日3キロ脂肪溶解!ダイエットの常識を全てうち破る減量用透明コーヒー【美味】が話題沸騰中!【PR】

香りがダイエットに効果的な本当の理由とは?

主な理由について

上記のように香りには満腹効果もありますがそれ以外にも、ダイエットに効果的な作用が香りにはあります。それは自律神経を整えてくれる効果です。


なぜ、香りによって自律神経を整えるとダイエットに効果があるのでしょうか。現代人はストレスや不規則な生活リズムのせいで、自律神経が乱れがちです。

この自律神経が乱れてしまうと、身体が脂肪を溜め込みやすくなりお腹まわりを中心に太りやすくなる原因になるのですね。それを香りによって自律神経を整えることで、元の太りづらい環境を取り戻し身体に付いてしまった脂肪を燃えやすくさせるのです。また交感神経を活性化させることによって中性脂肪の燃焼に効果を発揮する「UCP」というたんぱく質を発現させられます。

香りは生活の中に取り入れやすいので、寝る前やお風呂上がりなどに、自律神経を整える香りを嗅ぐと効果的ですね。

肌にも効果的なの?

女性には嬉しい話ですが、香りはダイエットだけでなく美肌に対しても効果があると言われています。香りの中には、女性ホルモンの分泌を促進する効果があるものもあります。

女性ホルモンが乱れてしまうと生理不順や生理痛、月経前症候群など辛い症状が出てしまうことがあります。これを香りの効果で女性ホルモンを整えることで辛い女性特有の症状を緩和し、さらにお肌の張りを回復させてくれるのですね。

こういった美肌効果や女性特有の症状の改善が期待できるのであれば特に女性は香りを活用しない手はありませんよね。それでは、どういった香りがダイエットや美肌などに効果があるのでしょうか。

【効果ヤバ過ぎ】現役歯科医からクレーム殺到!!自宅でできるスウェーデン生まれのコスパ最強本格ホワイトニング【PR】

ダイエットにおすすめの香りとは?

オリーブオイルで満腹感UP!

オリーブオイルの香りにはお腹を満たしてくれる作用があるそうで、食べすぎ防止になります。オリーブオイルを摂ることでもコレステロールの減少や中性脂肪の予防など、ダイエット効果も得られるそうです。ダイエット中の食事では積極的にオリーブオイルを取り入れて、味だけでなく香りまで堪能しましょう。

柑橘系で血流が良くなる

オレンジやレモンなど柑橘系の香りには、リモネンという成分が含まれています。リモネンはリンパの循環を良くしてくれるので、むくみにくい体質につながるそうです。また、血流を改善する働きもあるとされており、体の代謝が高まって痩せやすくなります。ほかにも便秘解消などに役立ち、ぽっこりお腹解消にもつながることも。

グレープフルーツで脂肪燃焼

爽やかなグレープフルーツの香りは、交感神経を活性化する働きがあるそうです。交感神経が活発になると、UCPという中性脂肪の燃焼に働きかけてくれるたんぱく質が生成されるのだとか。つまり、グレープフルーツの香りは脂肪燃焼に役立つということですね。

フェンネルで女性の体を癒やす

フェンネルはハーブの一種で、甘くスパイシーでフローラルな香りが特徴です。女性ホルモンと似た成分が含まれているため、嗅ぐことでホルモンバランスが整い、女性特有の症状を改善する作用があるのだとか。

ホルモンバランスが乱れると食欲が増進したり、体に水分をためこみやすくなったり、ダイエットの効果も減ります。それを防いでくれるので、ダイエットの強い味方になるというわけですね。

また、消化を促進してくれるので、食べすぎたときなどに嗅ぐのもおすすめです。便秘や胃腸トラブルを改善してくれるので、ダイエットで欠かせない食事の面でのサポートに役立ちます。

キンモクセイで食欲抑制

キンモクセイの香りは食欲を抑えてくれるそうです。それは体内にあるオレキシンという成分の分泌が抑えられるから。オレキシンは食欲を増進させる作用があるのです。また、オレキシンはストレスがあると分泌されやすくなり、睡眠を妨げることもあります。睡眠不足だと食欲が増進しやすいなど太りやすくなることがわかっています。キンモクセイの香りで太る要素を排除しましょう。

パチョリでストレス解消

パチョリ(またはパチュリ)には土っぽいスモーキーな香りがあります。鎮静効果があるため、リラックスしてストレス解消になるでしょう。ストレスホルモンが増加すると脂肪も増えますし、ストレス発散のための暴飲暴食することもあります。そんなストレス太りを防ぐためのにパチョリの香りが良いのです。また、利尿作用もあるのでむくみ防止にも。

ペパーミントで空腹とサヨナラ

ペパーミントの香りを嗅ぐと、空腹感が和らぐそうです。というのも、ペパーミントは強い香りなので、意識がそちらに行くことで、空腹だということを脳が忘れるのだとか。スイートマージョラムの香りにも、同じような作用があるそうです。お腹が空いて我慢したいときは、ペパーミントを嗅いでみましょう。

ラベンダーで自律神経を整える

ラベンダーの香りには「酢酸リナリル」という副交感神経を刺激する成分があり、体と心を落ち着かせることができます。つまりリラックス効果があるのです。ストレス解消したい人や、自律神経を整えたい人におすすめ。

生活リズムが崩れていたり、食事のバランスが悪かったり、睡眠不足だと、自律神経が乱れて体が脂肪をためこみやすくなります。自律神経を整えることが、健康的にダイエットするのには大切なのです。

ローズマリーで脂肪を分解

料理などでも使われるローズマリー。香りを嗅ぐと、アドレナリンが誘発されて、脂肪を分解するリパーゼという酵素が活性化するそうです。この香りは集中力UPにもつながるので、仕事中などにもおすすめです。

飲むとどんどん脂肪が…!? どれだけ食べてもカロリーを “0” にするデトックティーって?【PR】

もっと知っておきたい香りのメカニズム

香りがダイエットに効果的な具体的な理由とは?

香りは、鼻腔内の粘膜【嗅上皮(きゅうじょうひ)】にある嗅細胞で受容され、電気的信号(インパルス)に変換されて脳へと伝わります。

香りの嗅覚刺激は、脳の中でも大脳辺縁系という記憶・情動などをつかさどる領域や、自律神経系、食欲、性欲、呼吸などを支配している視床下部などに伝わるため、快・不快の感情、食欲、内分泌機能などに影響をもたらします。

ワッフルなどの焼ける甘く香ばしい匂いが漂ってくると、思わず食べたくなったりすることがあるでしょう。香りの嗅覚刺激は、インパルスとなってダイレクトに視床下部、大脳辺縁系などに伝わるため、自律神経機能や感情に影響が表れるのです。

また、自律神経系(交感神経・副交感神経)は、循環、呼吸、体温調節、消化機能などを制御しています。脂肪の貯蔵庫である白色脂肪組織では、交感神経活動が活性化すると、中性脂肪がグリセロールと脂肪酸に加水分解され脂肪分解が起こります。

熱産生を行う褐色脂肪組織では、交感神経活動の活性化によりエネルギー消費が促されます。つまり、香りによって、脂肪分解や代謝の促進、食べ過ぎを抑えるなどの効果が期待できます。そのため、これらの自律神経系の活性化を、香りによるダイエット効果が期待できるのです。

【ズボラ女子必見!】ダイエットが続かない人でもスーパーフードスムージーで痩せると話題に!?【PR】

おすすめのアロマキャンドル商品のご紹介!

GLASSHOUSE(グラスハウス) アロマキャンドル

オーストラリア生まれのフレグランスブランド「グラスハウス」は、大人の女性にぴったりな上品で華やかな香りと、インテリアにもなるスタイリッシュなガラスのパッケージが魅力。

2つの芯でロウを溶かすので、一般的なアロマキャンドルに比べて香りを早く、そして広くお部屋に届けることができます。さらに、ガラス蓋で火を消せるため、キャンドルの炎を消した後の焦げ臭さを解消できるのも人気の秘密です。

食品グレードの安全性の高いパラフィンでできているので、赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭にもおすすめです。お菓子のような甘い香りのモンティゴベイのほか、カカドゥやマンハッタンの香りが売れ筋。

PARKS(パークス) アロマテラピーキャンドル

高級ナチュラルキャンドルメーカーとして名高い「PARKS(パークス)」。天然のエッセンシャルオイルを贅沢に使用したアロマキャンドルは、思わず深呼吸したくなるような奥行きのあるやさしい香りが他にはない魅力です。火を灯さなくてもふわりと素敵な香りが漂い、寝室のフレグランスとしてもおすすめです。

天然由来成分で作られているので、素材にこだわりたい本物志向の人や、人工的な芳香剤が苦手な人におすすめです。アロマテラピーでも人気のラベンダーやローズなど、バラエティー豊かな香りのラインアップで、好きな香りがきっと見つかります。

P.F.Candle Co.

ロサンゼルス発の「P.F.Candle Co.」は、日本でもジワジワと人気上昇中のナチュラル・キャンドルブランド。アメリカ産のソイワックスと良質なフレグランスオイルを使用し、LAのスタジオにてほぼ手作業にて作られています。男女問わず好まれる調和のとれた香りと、薬瓶のようなシンプルなパッケージデザインが素敵。

ベストセラーの香りは、明るくフルーティーな甘さが印象的なスウィート・グレープフルーツや、森のような香りを思わせるアンバー&モスなど。男性には、ウッディ系のチークウッド&タバコやスプルースが人気です。春夏には、爽やかな香りのネロリ&ユーカリもおすすめです。私はスウィート・グレープフルーツを愛用中。甘い香りに疲れも癒されます。

DIPTYQUE(ディプティック) フレグランスキャンドル

アロマキャンドルブームの火付け役である「DIPTYQUE(ディプティック)」。ディップティックならではの奥深く芳醇な香りで、モデルや芸能人にもファンが多い人気ブランドです。モノトーンでシンプルながらも洗練されたラベルが特徴。

最も人気のある香りは「ベス」。カシスの葉とバラの花束をイメージした甘すぎず程よく爽やかな香りです。置いておくだけでもふわっと良い香りがお部屋に漂いますよ。燃焼時間が長いのも魅力。

マリエオーガニクス

ハワイ・カウアイ島の大自然から生まれたオーガニックスパブランド「マリエオーガニクス」。天然の大豆ワックスに、繊細な香りと水分を蓄えたハワイの植物を贅沢に使用したアロマキャンドルは、どれも南国の自然をイメージした上品でやさしい香りが印象的。お部屋にいながら、まるでハワイの美しく雄大な自然に身を包まれているようなリゾート気分や幸福感を味わえます。

プルメリアやピカケなど、ハワイを代表するお花の香りが人気。ハワイ好きの人への贈り物にも喜ばれます。旅行や持ち運びに便利な、缶入りのトラベルサイズもあり。

資金源はビットコイン!?莫大な費用をかけ、肥満研究所で開発された痩身錠ビットシェイパーで強制減量できると話題【PR】

まとめ

キャンドルの香りで痩せれるとは、皆さんも驚きだったのではないでしょうか?ですが、勘違いしないでほしいところはダイエットにはしっかりとした生活習慣とバランスの良い食事また適時適切な運動が不可欠です。あくまでも、アロマキャンドルなどは補助的なものとして認識しておいてくださいね。

世界の重肥満者30万人も体験!?【世界初!?】脳に働きかける話題のカプセルが日本に初上陸!!【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です