最近ダイエッターの中でとても話題になっている「ルイボス」というものを皆さんは、ご存知でしょうか?

今回は、そんなルイボスと言われているダイエットに大変効果的なものについて徹底リーサチしてわかりやすくまとめてみました。また、記事の後半には、ダイエットをする際に知ってほしいことについてもまとめてますので、是非とも参考にしていただければと思います。

⒈ルイボスとは?

⒈1ルイボスについて

最近何かと話題でよく聞くルイボス。とはいえ、名前は知っててもその中身については知らない…という方も多いのでは?ここではそんなルイボスについてを紹介しています。

ルイボスとは、産地である南アフリカ共和国で使われているアフリカーンス語で「赤い藪」という意味があり、針葉樹のような細かな葉を発酵乾燥したものがルイボスティーで、茶葉の色が赤身を帯びています。ルイボスは正式な学名を「アスパラサスリネアリス(Aspalathus linearis)」といいます。マメ科の植物なので正確にはお茶ではありませんが、南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈一帯でしか栽培できない貴重な植物です。

セダルバーグ山脈一帯は気温差が大きい上に乾燥した気候です。ルイボスはそのような厳しい環境の中、大地に深く根を張り、土中から吸い上げたミネラルなどの物質を葉に豊富に蓄えているのです。ルイボスは、先住民族の間では以前から健康に良いお茶として飲まれていましたが、やがて南アフリカに来たオランダやイギリス移民を通して、ヨーロッパ諸国に広まっていきました。

日本には1980年代に登場し、美容や健康によいお茶として過去何度かブームになっています。

⒈2頷ける特徴

ルイボスの特徴として、ミネラルが豊富なだけでなく、脂肪の酸化を抑える抗酸化作用や、活性酸素を除去するSODの働きを持つフラボノイド類を含んでいること、ノンカフェインで低タンニンであることがあげられます。

ルイボスは、ダイエット中のミネラルや水分補給に適した飲み物です。また、便秘解消にもよいと言われています。カフェインが含まれていませんので、赤ちゃんからお年寄りまで、また妊娠中・授乳中の女性にも安心してお飲みいただくことができます。

⒉ルイボスティーの効果効能について

⒉1美容と老化

ルイボスティーを飲んでいる方で美容目的で飲まれている方は多いと思います。ルイボスティー、ルイボス茶は美容茶の代名詞とも言われるくらい有名になってきました。ルイボスティーの抗酸化効果は皮膚や頭皮の新陳代謝を正常にし、キレイな肌や頭髪を創りあげます。紫外線を多く浴びると肌のシミや肌の代謝を悪くし、しわの原因にもなります。

しかし、ルイボスティーの効能は紫外線を浴びた時に肌のダメージをしっかりと減らしサポートしてくれます。とにかく直射日光を多く浴びてしまった時はすぐにルイボスティーがぶ飲み!ルイボスティーの効能は効果抜群です!毎日ルイボスティーを飲むことは、毎日浴びる紫外線対策とも言える最高の美容茶です。

また年齢とともに毎日体内に溜まっていく余分な活性酸素は体の見た目や体の中身も老化させていきます。ルイボスティーを続けることで抗酸化効果の効能が見た目も中身も若々しく保ってくれるのも魅力です。また、老化の原因とされている「活性酸素」を除去するSODパワーを持っているのも有名な話で、このSODがルイボスティーの最大の武器でもあります。

このルイボスティーのSODパワーは老化を防ぐといわれています。ルイボスティーを飲むことで体内の余分な活性酸素を除去して、「顔のしわ」「顔のシミ」「白髪」「内臓の老化」「老化による病気」を防いでくれるのです。もちろん薬ではないので効くわけではありませんが、そんな効果効能があります。特にわかりやすいのが「白髪」です。

白髪が多い場合は通常だと染めるしか若返ることはできません。しかし、ルイボスティーを飲み続けることで「白髪が黒髪に戻った!」というお話をよく聞きます。

「若白髪が多い妊活中の女性がルイボスティーを飲んでいたら、白髪がなくなった!」
「加齢臭対策のためにルイボスティーを飲んだら白髪もなくなった!」

こんな話はよく聞く話です。ぜひ試していただきたい。

⒉2女性・妊活・妊振 効果

女性の場合で美容の次に飲まれているのが妊活効果でしょうか。女性は年齢とともに妊娠する確率が下がっていきます。しかし、ルイボスティーの効能が注目されて今ではほとんどの妊活女性がルイボスティーを飲んでいます。

ルイボスティーの効能は子宮をフカフカにすると言われていますが、細かく説明すると女性の妊娠のためのホルモンバランスや、老化した生殖器の正常化などルイボスティーのいろいろな栄養素などによってバランスを整えます。またストレスなどによる頭髪の抜け毛やシミやシワなどもルイボスティーの効能で助けてくれるんです。

妊活についても、どうしても妊娠できない女性場合は治療を受けなければいけませんが、まず子どもがほしいと思ったならルイボスティーの効能は本当にオススメです。冷え性にもルイボスティーは効果ありますので、冷たいルイボスはさけ温かいルイボスティーをオススメします。

⒉3tie2活性化 毛細血管

最近では血行不良、冷え性、ゴースト血管など血管年齢などに不安を感じている方も多いと思います。しかし、品質の高い濃いルイボスティーは血管やリンパ管を作る「TIE2」を元気にして、新しい血管を作り体全体の老化現象を減らしていく効果・効能があります。病気の方、体質の改善をした方、美容目的で若くいたい方。ルイボスティーは必須の定番茶です。

⒊ルイボスのおすすめサプリメントのご紹介!

⒊1エルバランシアのオーガニックルイボスティー

妊活情報誌にも多数取り上げられている人気のエルバランシアのルイボスティー。いつでも休止・解約OKの定期コースを利用すれば50%オフの1,475円でお試しできます。

くせもなくスッキリ飲みやすいオーガニックの高品質ルイボスティーは妊活中のママや妊婦さんからも評価が高くオススメ。体に合わなかった場合は30日間の全額返金保証がついているのも嬉しいポイントです。

⒊2ノバテック

クセのない定番ルイボスティーの「クラシック」、体ぽかぽかリピート率No1の「エクストラ」、エイジングケア成分配合の「プレミアショート」を3つ同時にお試しできる、大人気のお試しセットがオススメです。初めての人限定で30%オフの1,820円(税込・送料無料)です。飲み比べしてから決めたいという人に大人気なノバテックのルイボスティーはどれも高品質でとても美味しいです。

⒊3ティーライフ

お1人様3セットまで970円で大人気のティーライフプレミアムオーガニックルイボスティーがお試しできるキャンペーンを実施中です。しかも送料無料&30日間の返金保証付きはお得すぎるくらいです。ママたちの口コミで評価も非常に高くて、体が喜ぶ成分を豊富に含んでいます。ティーライフのルイボスティーは非常に有効成分が濃く出る上、クセがほとんどないのでアレンジメニューにも向いています。

⒊4RTRoomのルイボスティー

スタンダード、オリジナル、グリーンルイボス、オリエンタルミントティーの4種類のルイボスティーをお試しできるお得なセットです。お1人様1点限りで1,750円(税込・送料無料)です。ルイボスティー専門店が販売しているので、当然最高品質で妊活中でも安心して飲めます。4種類のお試しセットは飽きずに色々な味を楽しめるので、飲み慣れていない人にもオススメです。

⒋ダイエットでサプリメントを使用する時に気をつけて欲しいこと

⒋1利用する際の注意点

サプリメントを利用する際の注意点や副作用について、以下に説明していきます。

ビタミン、ミネラルの過剰摂取からの副作用

サプリメントの中には日頃不足しがちなビタミンやミネラルをしっかりと補給できるタイプのものもあります。その際にはビタミンやミネラルの過剰摂取に注意したいのです。通常野菜や果物を食べていると補えるビタミンやミネラルですが、私たちの体で生成することはできないので、食事から摂取していくしかありません。積極的に摂取したい栄養素にはなるのですが、過剰摂取をすると副作用の心配が出てきます。

例えば、ビタミンAを過剰摂取した場合には頭痛や嘔吐、食欲不振や脱毛といった副作用が生じることがあるのです。また、ビタミンDについては全身の倦怠感、嘔吐や食欲不振、腎臓障害などのリスクが出てきます。カルシウムも過剰摂取した場合には腎臓結石や尿路結石の危険性が高まり、食欲不振といった症状が出ることもあります。その他には、マグネシウムの過剰摂取で低血圧や亜鉛の過剰摂取で貧血や発熱といったことも可能性としては挙げられます。

サプリメントの表示をよく見て購入する

サプリメントはいろんな商品があるのでみなさん自分なりに基準を持って選んでいると思いますが、成分の表示については特によく見てから購入しましょう。ビタミンやミネラル以外の栄養素や添加物は入っていないか、トクホマークがついているかついていないのかといった点も考慮しながら選んでいくと、より質の高い効果を実感できるサプリメントと出会うことができます。

サプリメントの表示を見ずに適当に選んでいると、さまざまな添加物が入っていて体に悪影響となることもあるので注意が必要なのです。とはいえ、表示を見るだけで商品の良し悪しを完全に把握することが難しいのがサプリメントでもあります。そこで当サイトは利用者の実際の声を集計しおすすめ商品をランキング形式にして紹介しています。

たくさんのサプリメントを併用しない

サプリメントは健康食品なので、いくつかの種類を飲み合わせても用量をしっかり守れば問題ないと言われています。しかし、あまりにたくさんのサプリメントを毎日摂取するのはおすすめできません。実際にサプリメントの過剰摂取によって、病気になるケースも出ています。

たとえば、サプリメントによってビタミンCを一日に1000ミリグラムも摂取している男性は、前立腺がんの確率が2倍に、閉経後の女性が一日に1000ミリグラムのビタミンEを摂取すると早死する確率が3倍になるとも言われています。

また、その他にもカルシウムを過剰摂取している男性は心臓疾患になりやすい、ビタミンCの摂り過ぎは結石になりやすくなるといった結果も出ています。このように、サプリメントを掛け持ちしてたくさん飲むことで栄養素の過剰摂取につながり、健康からどんどん遠ざかっていってしまう事態に陥るのです。また、たくさんのサプリメントを併用するだけでなく、薬とサプリメントの併用も危険なので注意しましょう。

適量を毎日続けるのがサプリメントの理想的な使用方法となっており、大量に飲むのは体に害を与えることになるのです。

⒋2利用する時に注意して欲しい点

サプリメントは過剰摂取には注意しないと逆効果を招いてしまうのですが、健康的な人が飲むのと体調がいつもと違う状態の人が飲むのとでも違いが出てきます。そこで、こんな人はサプリメントの利用には注意してもらいたいのです。

妊娠中、授乳中の女性

妊娠中や授乳中は今まで普通にしていたことができなくなってきます。特に食事においては赤ちゃんへと伝わっていくので注意が必要です。そこで、葉酸のサプリメントは妊娠中におすすめと言われていますが、ビタミンAの過剰摂取には注意しましょう。ビタミンAを摂りすぎると奇形児が生まれる確率が上がると言われているのです。

妊娠中の女性にとっては恐ろしいことなので、サプリメントを利用する際にはビタミンAの摂り過ぎにならないようにしましょう。無事出産を終えて授乳している期間であっても母乳から赤ちゃんに栄養が流れていくので、お母さんがサプリメントばかり飲んでいると赤ちゃんにも影響が及びます。妊娠中、授乳中の女性はサプリメントの使用はかなり厳選したものを飲むようにしましょう。

アレルギー体質の人

現在アレルギー体質で食材の中で食べられないものがあるという人も増えてきています。特に小麦や乳製品のアレルギーは周りにあふれているさまざまな食品に含まれているので油断はできません。その1つにサプリメントも含まれます。サプリメントの中には小麦などを使用しているものもあるのです。そのため、何かのアレルギーを持っている人はサプリメントを飲む際にもどんなものが含まれているかという確認を忘れないようにしましょう。

⒌ダイエットで本当に大事なこととは?

⒌1姿勢・体の使い方・体の土台作り

突然ですが、あなたは食べないとスルスル痩せていきますか?それとも、全然食べていない時でも痩せないですか?前者の人は、体の使い方が上手です。骨があるべき場所に収まっていたり、筋肉がうまく使えていたりします。骨や筋肉の連携がうまくいっていると、体の本来のパワーが発揮されやすくなります。

すると、いわゆる「代謝が良い」状態になります。代謝が良いと、取り込むカロリーが少ない時に痩せる体になっていきます。 反対に後者の人は、体の使い方があまり上手ではありません。骨格が歪んでいたり、余計な筋肉がついてバランスが悪くなっていたりして、体本来のパワーが発揮されにくくなっています。そうすると代謝が悪くなり、食べていなくてもカロリーを消費しにくい体になっていきます。

⒌2食事改善

ダイエット以外でも、我慢は続かないと思っています。楽しいからやる気になるし、楽しいから 続けられる。ダイエットもそういうものであってほしいと思うんです。だから、食事制限という考え方はこのダイエット講座では登場しません。「好きなものを好きなだけ食べたい!食事制限なんてしたくない!」という人にこそぴったりなダイエット講座なので、安心して読み進めてください。

実はわたしも食事制限なしで10キロ痩せた経験があるので、「本当なの?」と疑っている人も信じてくださいね。

食事の質を重視する

ただ、制限しなくていいとは言っても食事の中身は大事です。食事制限は必要なくても、食事改善は必須だと言えます。なぜなら、食が体を作るからです。車に例えるなら食事はガソリンです。「運動してれば食事はなんでもいい!」という人がいますが、それは間違いです。車を走らせるガソリンが空っぽでは、いくら走らせてもプスプス音を立てて壊れてしまいます。

よって、このダイエット講座では食事改善にも重きを置いています。ただむやみに食事量を減らす必要はありません。「空腹感に耐える方法」と検索するくらいなら、「間食におすすめのおやつは?」と検索してください。ストレスフリーでリバウンド無しのダイエットが目的です。量を減らすことは考えずに、「食事の質を見直すこと」だけ考えてください。

⒌3運動

運動は、やりたい人はやった方が痩せるし、逆にやりたくない人が無理にやったところで痩せません。「どういうこと?」と思った人もいるかもしれませんね。運動に限らず、やりたくないことをやったところで、ストレスが溜まるだけですよね。その時は良くても、後でストレスが爆発したら、それはリバウンドに繋がります。そういう意味で、「やりたくない人はやらない方がいい」とお伝えしました。

体の巡りを良くするという点で運動は非常に効果的ですが、もし嫌ならすっ飛ばしてもいいです。反対に、「昔から運動は好きだったし、気分転換にもなるからやりたい!」というような人にはぜひ行ってほしいです

⒍まとめ

今回ご紹介しました、ルイボスは大変おすすめのものなので是非ともダイエッターの方には、取り入れてもらいたいです。また、最後の方でダイエットの基本的なことについても詳しく触れていますのでこれらも参考にしていただき、今後のダイエットに生かしてくださいね。

 

関連商品


ビスリム

ルイボス・キャンドルブッシュで腸内環境改善を促進するダイエットティー

2,980円

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です