あなたは、肥満と糖尿病との関係をご存知でしょうか。

 

肥満といえば、ダイエットには欠かせないキーワードの1つですよね。

 

しかしこの肥満というのは、私たちの健康を阻害するのにとても大きく関わってくるのです!

 

実際に近年では肥満について多くの方が研究していますが、やはりダイエットをする上で肥満については理解しておく必要があります。

 

そこで今回は、肥満と糖尿病との関係についてお話ししていきたいと思います。

 

肥満について

ではまず初めに、肥満というのが一体何なのかということについてお話ししていきたいと思います。

 

最近よく耳にするこの肥満というのは、一体何なのでしょうか。

 

肥満とは

 

肥満というのは、一言で言ってしまえば酷く太ってしまった状態のことを指します。

 

最近耳にするこの肥満ですが、その理由として最近では肥満になる方というのが多くなってきているからです。

 

太っているというのも、酷く太った状態のことを指すのでこれはあまり良いとは言えませんよね。

 

肥満になってしまうと…

 

ではそんな肥満ですが、実際にこのように肥満になってしまうとどのようなことが引き起こされるのでしょうか。

 

肥満になってしまうとどのようなことが引き起こされるのかについては、私たちの命に関わるような病気につながってしまうことが挙げられます。

 

特に糖尿病は、肥満が引き起こされることでなりやすくなると言われています。

 

肥満は防ぐことができるけども…

 

とは言え、そんな病気につながってしまう肥満ですがこれは防ぐことが可能です。

 

それもそのはず、肥満というのは酷く太った状態のことを指すので言い換えれば食べ過ぎなどが原因で引き起こされるからです。

 

なので肥満は過食などを行わなければ防ぐことができるのです!

 

しかし、残念なことに私たち日本人というのはこの肥満に対する抵抗力が低いのです。

 

これについても糖尿病が大きく関わってくるのですが、私たち日本人は他の外国人と比べて血糖値を下げる働きをもつインスリンの分泌量がとても低いのです。

 

なので結果的に血糖値を下げるといっても限界がきてしまい、それが糖尿病につながるということです。

 

「じゃあ肥満を防ぐことができないの?」

 

おそらく、このような疑問を持った方もいるかと思います。

 

これについては、心配ありません!

 

きちんと肥満は防ぐことができます!

 

しかし、私たち日本人は他の外国人と比べると比較的肥満になりやすいということなのです。

 

このように、日本人が決まってなりやすいとされている肥満は近年でとても多くの方に引き起こされています。

 

なので他人事ではなく、私たちにも引き起こされる可能性があるということなのです!

 

サルコペニア肥満について

ここまでは、近年話題となっている肥満というのが一体どのようなものなのか、また肥満が引き起こされる原因などについてお話ししました。

 

しかし実はこの肥満というのには、ある種類のものが存在しています。

 

それは、サルコペニア肥満と呼ばれるものです。

 

こちらの肥満は、私たちの中で言われている一般的な肥満とはまた少し違った特徴を持っている肥満とも言われています。

 

では、このサルコペニア肥満というのは一体何なのでしょうか。

 

サルコペニア肥満とは

 

サルコペニア肥満というのは、肥満の中でも特に高齢者の方によく引き起こされる肥満となってます。

 

しかし必ずしも高齢者だけに引き起こされるというものではありません。

 

というのも早ければ、このサルコペニア肥満は40代の方にも引き起こされる可能性があるからです。

 

そんなサルコペニア肥満は、一般的に言われている肥満とはまた違う特徴を持っています。

 

というのも、一般の肥満の場合は過食などによって酷く太った状態のことであるということをお話ししました。

 

しかしサルコペニア肥満の場合、これは加齢に伴って筋肉の量が減少してしまうことで体の機能自体が低下してしまう状態のことを指すからです。

 

サルコペニア肥満の危険な点としては、一定の筋肉量まで低下してしまうと1日中寝たきりになったり骨折を引き起こしやすくなるなど、普段の生活にも支障をきたしてしまうということです。

 

サルコペニア肥満と糖尿病との関係

 

肥満が糖尿病と深い関わりがあるということを先ほどお話ししましたが、実際にサルコペニア肥満にと糖尿病には何か深い関係があるのでしょうか。

 

これについては、やはり一般的に言われている肥満とはまた違った関係がありました。

 

というのも、サルコペニア肥満は一般の方に比べて糖尿病患者の方が3倍以上も引き起こされる確率が上がってしまうからです。

 

またサルコペニア肥満も一般の肥満と同様に、やはり死亡するリスクも高くなってしまうという点もあります。

 

このサルコペニア肥満も近年で注目されてきている肥満なので、より注意深く防いでいきたいものです。

 

サルコペニア肥満を防ぐにはどうすれば良いの?

では、そんな私たちの健康に支障を与えてしまうサルコペニア肥満は、どうやって防げば良いのでしょうか。

 

ここでは、サルコペニア肥満を防ぐ方法について紹介していきます。

 

サルコペニア肥満を防ぐには食生活の改善から

 

まず1つ目にあげられるサルコペニア肥満を防ぐ方法としては、食生活を改善させることが挙げられます。

 

食生活というと、過食はもちろんお菓子やインスタント食品などをできるだけ食べないようにすることは大前提ですよね。

 

しかしサルコペニア肥満を防ぐには、私たちの筋肉に直接関わりのある栄養素を摂取する必要があります。

 

なので、質の高いタンパク質を摂ることで筋肉をつけるということが重要になってくるのです。

 

筋肉を作る源は、タンパク質です。

 

つまりタンパク質を摂れば、筋肉をつけることもできるようになるということなのです。

 

なので過食をせずにお菓子やインスタント食品の食べる頻度を減らすだけでなく、質の高いタンパク質を摂取することがサルコペニア肥満を防ぐ方法の1つであるということです。

 

運動をしよう

 

そして2つ目に挙げられるのが、運動をするということです。

 

サルコペニア肥満は、年齢に伴って引き起こされる筋肉の減少から起こります。

 

となると、やはり運動はサルコペニア肥満を防ぐのに必須条件となってきますよね。

 

かと言って、ウエイトトレーニングなどといった強度の高い運動をする必要はありません!

 

一番おすすめなのはランニングやスクワットです。

 

これらの運動は、全身の筋肉を動かすことができるだけでなく血行を良くして健康を促進させるのにもつながります。

 

特にスクワットの場合、家でも簡単に実践できますよね。

 

またスクワットは脚の筋肉をつけることができるので、日常生活に必要な座る・立つ・歩くといった動きにはとても効果的とされています。

 

なのでサルコペニア肥満を防ぐ方法としてスクワットがとてもおすすめになってきます。

 

サルコペニア肥満を改善させるにはスクワットが効果的

そんなスクワットは、サルコペニア肥満を防ぐだけでなく改善させるのにも効果的とされています。

 

というのも、スクワットは先ほどにもお話ししたように家でも簡単に実践できるからです。

 

なので、もしサルコペニア肥満になったらスクワットを実践するようにしましょう。

 

スクワットのやり方

 

スクワットのやり方は2つあります。

 

まず1つは立った状態で行うスクワットです。

 

立った状態で行うスクワットは、両足を肩幅くらいまで広げるところから始まります。

 

両足を肩幅くらいまで広げたら、そのまま真っ直ぐに腰を落としていきます。

 

この時に、だいたい腰が立った状態の膝まで下がるように意識しましょう。

 

そして腰を落としたら、また真っ直ぐに一番初めの姿勢に戻していきます。

 

これが一般的なスクワットの方法です。

 

そして次に、2つ目のスクワットを紹介します。

 

このスクワットは、椅子を用意して椅子に座るところから始めていきます。

 

まずは椅子に座り、そこから脚の筋肉を意識しながら真っ直ぐに立っていきます。

 

そして真っ直ぐ立ったら、そのまま同じ動作で椅子に座ります。

 

このスクワットも1つ目に紹介したスクワットと同様、両足を肩幅くらいまで広げることがポイントです。

 

スクワットの効果はサルコペニア肥満を防ぐだけではない!

 

このようにスクワットはとても簡単に実践できる運動であることがわかりましたが、実はこのスクワットをすることで得られる効果はサルコペニア肥満を防いだり改善させるだけではなかったのです。

 

というのも、スクワットはダイエッtにも非常に効果的だからです。

 

スクワットをすると、体を動かすので脂肪燃焼効果を得ることができるようになります。

 

また体のシェイプアップにもつながり、全体的に引き締まった体を手に言いれることができるようになるのです。

 

なので、サルコペニア肥満に対してだけでなくダイエットをするという面でこのスクワットは非常に便利であるということです。

 

スクワットについての口コミ

ではここで、スクワットを実践した方がどのような効果を得ることができたのかについてお話ししていきます。

 

実際にスクワットを実践した方は、どのような効果を得ることができたのでしょうか。

 

スクワットについての口コミ(高評価)

 

スクワット再開して、最近はフリパラも同時にやってますが、かなり効いててお腹回りがくびれ、お尻は上がり、かなりいい感じなのでさらにヤル気もでてます!このまま理想目指して頑張ろう!
また報告します。回数はスクワット40~70回、フリパラ30秒を5回くらいのペースです。

 

まずはこちらの方からの評価です。

 

この方は実際にスクワットを実践してお腹周りのくびれができたり、お尻が上がったりといった効果を実感することができました。

 

スクワットに体をシェイプアップさせる効果があるというのは、大きなメリットですね!

 

反動を使って楽してしまわないようにゆっくり時間をかけて、つま先を外に向け、腰を引き床と並行になるまで降ろす。その時に膝が内側にならないよう注意する。
これを心掛けて丁寧にスクワットしています!
そのおかげで今ではかなりヒップアップして後ろ姿がかっこよくなってきました!

 

こちらの方も同様に、お尻が上がったなどの効果を実感していますね。

 

3日やって1日休みで昨日4回目!
毎回60回~70回を分けてやる感じです。
ウエストとか太ももはまだですが、心なしかおしりが上がったような気がします!!お尻効果はやい!!

 

スクワットを実践した方は、ほとんどがヒップアップ効果を得ることができたという評価をしています。

 

なので、体のシェイプアップやヒップアップにはとても効果的であることがわかりますね。

 

では次に、スクワットをしたのになかなか効果が得られなかったという方の口コミも見ていきましょう。

 

スクワットについての口コミ(低評価)

 

正直お尻には全く効果が出てません。。
セルライトだらけの胴長短足ですが身長はそこそこあります。
むかしから下半身デブで胸がほんとにかわいそうなぐらいなく、太っても胸だけガリガリです。

 

こちらの方は、スクワットをしたのにもかかわらずあまり効果が得られなかったという方からの口コミです。

 

やはり個人差があるものなのでしょうか。

 

しかし、もしかするとスクワットの方法を工夫すれば効果が実感できるのかもしれません。

 

私は1日50回していて1ヶ月ぐらい続いています。
でもお菓子とかを普通に食べてたから効果があまり
ありませんでした・・・。

 

やはり、スクワットをするだけでお菓子などを食べ過ぎてしまうとダイエット効果を得られないだけでなく肥満の原因にもつながってしまいます。

 

なので、食事管理はとても大切になってきますね。

 

このように、実際にスクワットを実践した方のほとんどはその効果を得ることができましたが、一部の方はあまり効果を得られなかったという方もいます。

 

しかしスクワットにおいて大切なのは、フォームです。

 

もしかすると、スクワットであまり効果を得られなかった方はフォームを改善させることができれば効果を発揮することができるかもしれません。

 

まとめ

今回は、肥満と糖尿病との関係からサルコペニア肥満についてお話ししました。

 

肥満は時に私たちの命をも奪ってしまうもので、とても危険であることがわかりましたね。

 

しかしサルコペニア肥満の場合、きちんと運動をしていればこのような肥満を防ぐことができます。

 

なので、「少し肥満になりかけだな」と感じている方だけでなく今後の健康のためにも、スクワットなどといった運動をすることが大切になってきます。

関連商品


ミルクスラッティ

2,980円

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

 


オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です