肌の悩みと言われると、あなたはまず何を思い浮かべますでしょうか。

 

近年では紫外線に対する肌への問題が重要視されていますが、実は多くの方が意外と悩みを抱えている”肌トラブル”。

 

肌トラブルにはニキビやシワなどありますが、その中でもシミは紫外線とも深い関係にあるとして近年話題になっています。

 

そこで今回は、そんな肌トラブルの1つである「シミ」を対策するにはどのような方法が効果的なのかについてお話ししていきます!

 

シミができる原因って?

それではまず初めに、そもそもシミはどのようにできるのかについてお話ししていきたいと思います。

 

シミと言っても、実はこれには大きく4つの種類があることをあなたはご存知でしたでしょうか。

 

そこで、ここではそんな4つもの種類に分けられるシミの原因を紹介しますね。

 

日光黒子

 

まず1つ目に挙げられるのが、日光黒子と呼ばれるシミです。

 

この日光黒子は一体どのようなシミなのかというと、これは顔だけでなく手や背中、そして前腕や上背中などといった普段から露出する部分に多く引き起こされるシミです。

 

4つの種類に分けられているシミの中でもこの日光黒子は一番数多くの方に引き起こされているのですよ!

 

日光黒子が引き起こされる主な原因は紫外線で、これは特に中年以降の年代の方に増えるとされています。

 

雀卵斑

 

続いて2つ目に挙げられるのが、雀卵斑と呼ばれるシミです。

 

雀卵斑は難しい漢字ですが、読み方は(じゃくらんはん)と呼びます。

 

この雀卵斑というのは、一般で言う“そばかす”にあたります。

 

そばかすは直径およそ数ミリ以下の大きさの斑点が顔の頰や鼻周りに引き起こされるもので、色が茶褐色になっています。

 

もしかすると、これまでにあなたもこの雀卵斑を目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

そばかすは一体どのようにして引き起こされるのかというと、これは主に遺伝的なもので引き起こされると言われているのですよ!

 

雀卵斑が引き起こされるのは主に3歳頃で、特に思春期になると目立つとされています。

 

炎症後色素沈着

 

そして3つ目に挙げられるのが、炎症後色素沈着と呼ばれるものです。

 

おそらく、長い名前だと思った方もいるでしょう。

 

しかしこれはその名の通り、炎症の後に色素が沈着するといったもののことを指します。

 

炎症後色素沈着は一体どのようなものなのかというと、これはニキビや化粧品かぶれ、そしてやけどなどの肌に対する炎症が治った後に引き起こされる褐色のシミとなっています。

 

炎症後色素沈着に関しては年齢や性別などに関係なく引き起こされるので、原因であるニキビや化粧品かぶれ、またやけどなどに注意することが対策となりますね。

 

「ニキビなどの後に引き起こされるシミって治らないの?」

 

このように思った方もいるでしょう。

 

しかしこれは時間とともに徐々に薄くなっていくものが多いので、先ほど紹介したような日光黒子や雀卵斑ほど深刻に捉えるものではないと考えて良いでしょう。

 

肝斑

 

4つ目に挙げられるのが、肝斑と呼ばれるものです。

 

肝斑というのは一体どのようなシミなのかというと、これは主に女性の方によく引き起こされるシミのことで、女性ホルモンが関わって引き起こされると言われています。

 

この肝斑の特徴としては、妊娠や経口避妊薬を使用するとシミの悪化を促進させてしまうということです。

 

なので、これは先ほどから紹介している3つのシミである日光黒子や雀卵斑、そして炎症後色素沈着とは違い症状が悪化することがあるというのです。

 

また肝斑は紫外線とも関わりがあり、紫外線を過度に浴びることで悪化することもあります。

 

その他、シミを治そうとレーザー治療をするとこれもまた悪化の原因になってしまうのが厄介な点ですね。

 

ではこの肝斑というのは一体どのようなシミなのかというと、これは薄い褐色のものが大きく頬に剃って左右対称に引き起こされるシミとなっています。

 

日光黒子などが年齢によって引き起こされるものであるのとは反対に、肝斑は高齢者にほとんど見られないシミであるのも特徴の1つですね。

 

このように、実際に私たちが普段から耳にするシミには4つの種類があるということがわかります。

 

シミを予防したい!

ここまでは、私たちがよく耳にするシミには4つの種類があり、これらはそれぞれ原因や症状が違うということをお話ししました。

 

しかし、これらのようなシミは原因が違えど予防をすることは可能です。

 

そこで、ここからはそんな「シミを予防したい!」と悩んでいるあなたのために、シミを予防するにはどのようにすれば良いかについて紹介していきます。

 

一体、シミを予防する方法にはどのような方法が挙げられるのでしょうか。

 

一年中紫外線対策をする

 

まず1つ目に挙げられる予防法は、一年中紫外線対策をするということです。

 

あなたは、紫外線が夏だけでなく冬にも放出されていることをご存知でしたでしょうか。

 

紫外線といえば夏というイメージがありますが、実はこの紫外線というのは冬にも放出されているのですよ!

 

しかし冬に放出される紫外線は夏ほど強力なものではありませんが、それでもやはり紫外線が放出されているだけでも肌の天敵になりますよね。

 

なので、一年中を通して紫外線の対策をすることが重要になってくるのです。

 

紫外線対策法としては、紫外線を予防するクリームを塗るのが効果的でしょう。

 

スキンケアで予防

 

そして2つ目に挙げられるのが、スキンケアをすることによる予防法です。

 

あなたは、これまでにスキンケアをする際に洗い残しなどをしたことがありませんか?

 

実は、この洗い残しというのはニキビやかぶれなどの肌荒れを引き起こす原因になります。

 

そうすると、先ほどに紹介した炎症後色素沈着などにつながってしまいますよね。

 

なので、まずは洗い残しをしないように心がけることが大切となります。

 

そしてその他スキンケアでシミを防ぐ方法としては、サンスクリーン剤を塗ることが挙げられます。

 

また常に肌を保湿しておくことも、シミを防ぐのにはとても大事となってきます。

 

肌は非常にデリケートなので、洗顔をする際も優しく行いましょうね!

 

食事でシミを予防しよう

 

3つ目に挙げられるのが、食事によるシミ予防法です。

 

これはどのようにして予防するのかというと、食事をする際にシミの元になるメラミン色素が作られるのを抑えるビタミンCや抗酸化作用のあるビタミンEを多く摂取することです。

 

ビタミンCは、主にブロッコリーやキウイ、パセリや柑橘類に多く含まれています。

 

そしてビタミンEに関しては、主にナッツ類や胚珠米、そしてアボカドやうなぎなどから摂取することができます。

 

しかし食事でシミを予防する際の注意点としては、ビタミンの摂取だけでなくきちんとバランスのとれた食事をすることです。

 

このように、シミを予防する方法はたくさんあります。

 

遺伝的なものもありますが、ほとんどの場合シミが引き起こる原因は日々の生活習慣です。

 

毎日肌を大事にして、シミを防ぎましょうね!

 

もしシミができてしまったら?

とはいっても、もうすでにシミができてしまっている方もきっといるはずでしょう。

 

やはりシミは1日でも早く治したいですよね。

 

そこで、ここではもしシミができてしまった場合どうすれば良いかについてお話ししていきます。

 

クリームを使用しよう

 

シミを対策する方法としては、クリームを使うのが効果的です。

 

というのも、シミによってはレーザー治療をするとさらに悪化してしまうことがあるからです。

 

では一体どのようなクリームを使えば良いのかというと、これには“ハイドロキノン”がとてもオススメです。

 

ハイドロキノンって?

 

ではこのハイドロキノンというのは一体どのようなクリームなのかというと、ハイドロキノンはシミを薄くするという、いわゆるシミの漂白作用を持っています。

 

実はこのハイドロキノンというのはビタミンCの100倍もの効果があると言われており、近年ではこのハイドロキノンを使用してシミを薄めることに成功した方も多いのですよ!

 

なので、ハイドロキノンを使用するのがオススメです。

 

ハイドロキノンを使用した方からの評価

それではここで、ハイドロキノンを使用した方からの評価を紹介します。

 

実際にこのハイドロキノンを使用した方は、一体どのような評価をしたのでしょうか。

 

ハイドロキノンについての評価(高評価)

 

ビーグレンのホワイトクリーム1.9を使って約2ヶ月、もうすぐ1本使い切るかな~という所です。
今まで美白美容液を使ってもいまいち効果がわからなかったんですが、このビーグレンのクリームは1か月で肌のくすみが取れたのか透明感が出てハリも感じました。
で、2ヶ月経って肝斑?色素沈着?が薄くなりました。
大きいシミはまだ変化は無いですが、小さいシミは少し薄くなってるように感じます。
薄くなったからか沢山あったシミの数が減っている気がするんですよね。

 

三十路を越えた辺りから、頬にあるシミが気になりはじめたので購入。
昔にちゃんと日焼け止めを使っていなかったツケが最近ポツポツと…
前提として、トランサミン+シナールの内服とクレ・ド・ポーの美白美容液も使って徹底的にやりこんでます。
まだ使いはじめて1ヶ月になりますが、シミは気持ち薄くなったような?
全くなくなった訳ではないですが、期待大です。

 

まだ、使い始めて数日なので、シミへの効果はわかりませんが、
意外と保湿力があって、刺激も感じません。

夜はビーグレンの化粧水→cセラム→これ でお手入れ終了。

朝は使えないので、化粧水→Cセラム→他社クリーム(今はテ゛ィオールカプチュール)で
そのあとメイクしておりますが、

メイク後のお肌が明るく感じてます。
数日使用で、まさか、、、と 目の錯覚課と思ったんですが、本当にクスミ抜けしてる。

これからの変化が楽しみです。

 

ハイドロキノンについての評価(低評価)

 

Tゾーンなど脂っぽいところは毛穴が引き締まって、テカリにくくなり、良いです!
でも頬や目の周りなど乾燥しやすい部分は全く潤いが感じられず、特に目の周りはツッパリます。
美白はよくわからなかったのですが、シミが今までより目立つようになったので、顔全体が白くなり、一時的にシミが目立つようになったのかな?と思います。
ずっと使い続けると、そのうち薄くなっていくのかなぁ??
化粧水だけでなく美容液・クリームなど、シリーズで使うとまた違うのかも??
美白に効果があったとしても、目の周りのツッパリが日に日にヒドくなったので、購入はないです。
残念・・・。

 

お試しセットを購入。コスメブロガーさんがオススメしてましたが…
お試しセットなので効果はわからないですけど、直感で「良さそう」という感じはないです。単品だとお値段もかなりお高いし、ラインで揃えたら高いので現品購入はしません。
継続すれば効果はあると思いますが、ちょっと高いので…
使った感じも別に普通でした(;_;)ガッツリです
ラインで使っても特に保湿性も低いのでライン使いしたあと、美容液オイルを塗りました!がっかりです。

 

シミを薄くしたくて(できれば、消したくて)ネットで購入しました。値段が値段なので、1本お試しにと、購入しましたが…期待ハズレでした。やっぱり、1本では効果が見られないのかなぁ~。

頬のシミにピンポイントで塗り塗り。朝は日焼け止めを使いますが、夜はたっぷりの保湿とコレでケアしてました。

肌の漂白剤とも言われる、ハイドロキノン。4%も配合されているなら…という期待がありました。病院で処方という面倒なやり方ではなく、ネットで簡単に購入できる方を選びました。

まさかこちらでクチコミがあるとは思わなかったので、こちらを見てから検討すれば良かったかな?と思ってます。

 

まとめ

今回は、シミについてお話ししました。

 

シミというのは女性の方にとっては特に大きな悩みになるほど、目立つ肌荒れの1つですよね。

 

そんなシミには4つの種類があり、それぞれ主な原因や症状が違うことがわかりました。

 

しかし、シミというのは遺伝的なもの以外であれば普段からきちんと肌を大事にすれば未然に防ぐことができます。

 

まずは紫外線を予防し、日頃のスキンケアを欠かさないようにすることが大切です。

 

そして万が一シミができてしまった場合は、ハイドロキノンなどのクリームで対策を取るのが良いでしょう。

 

シミは肌荒れの1つとして、数多くの方が悩んでいます。

 

今日からあなたも、シミを防いで美肌を手に入れましょう!

関連商品


スノーFFFクリーム

2,500円~

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です