年齢を重ねるとどうしても気になるのが、シミですよね!

今回は、そのシミ対策としておすすめできる化粧品やそのほかの方法について詳しく解説していきます。そもそもシミができる原因とは何なのか?
そのあたりについても詳しく説明していきますので、是非ともきになる方はご一読くださいませ。

⒈そもそもなぜシミができるのか?

⒈1しみができるメカニズムとは?

しみを予防するなら、まずしみがなぜできるのかから、理解することが大切です。結果には、必ず原因があります。しみができるメカニズムを理解することで、しみ予防への知識が深まります。まず、私たちの肌は、紫外線にしばらく当たり続けると、肌が黒くなります。紫外線から細胞を守るためです。

肌が紫外線を感じると「メラノサイト」という細胞が動き始め、黒い色素を作り出します。その黒い色素がカーテンのような役目を果たし、紫外線を入らせないようにするのです。肌が黒くなっても、紫外線を避ける生活に戻れば、肌の色は元に戻ります。新陳代謝のおかげです。「新陳代謝」とは、およそ28日周期で、新しい皮膚が古い皮膚と入れ替わるサイクルのことをいいます。

一時的に日焼けをしても、新陳代謝によって角質の入れ替わりがあるため、数日後には元の肌色に戻ることができるのです。では、しみはなぜできるのでしょうか。しみは、新陳代謝の異常によって起こるものです。原因はさまざまです。紫外線、睡眠不足、ストレス、生理不順、ホルモンバランスの異常などです。

これらの影響を受けると、新陳代謝の周期が、遅くなったり乱れたりするのです。その結果、本来なら新陳代謝によって落ちるはずのメラニン色素が、肌の奥に残ったままになります。あるいは、メラニン色素の異常によって、色素を出し続けたままになります。しばらく色素が残ると、沈着してしまい、しみに変わるのです。

例えて言えば、白い洋服に、うっかりコーヒーをこぼした状態です。こぼしても、すぐティッシュで拭けば、あとを残さずきれいに汚れが取れます。しかし、時間を置いてから取ろうとすると、なかなか取れなくなります。それと同じような現象が、しみなのです。しみができてから、いかに早く対処するかが、消えるか残るかの分かれ道です。

⒈2シミの原因

ご存じの通り、シミはメラニンが過剰に生成されることによって発生します。メラニンはメラノサイトによって作られますが、皮膚にはこのメラノサイトに対し、「メラニンを作りなさい」と命令する物質が存在します。このメラノサイト刺激物質を活性化させるのは、以下のようなものです。

①紫外線(UVB)

紫外線にはUVAとUVBがありますが、波長の短いUVBは直接的に皮膚の細胞を攻撃してDNAを傷つけます。紫外線が入ってくると、細胞を守るために、メラノサイトを刺激してメラニン色素を作り出す物質が活性化します。通常は、紫外線を浴びなくなるとメラニン色素は作られなくなり、皮膚の新陳代謝により元の肌色にもどります。しかし、皮膚細胞のDNAに変異が起こると、メラノサイトが活性化したままの状態となってしまい、シミが発生します。

②活性酸素

活性酸素が発生すると、活性酸素を取り除くために「メラノサイト刺激ホルモン」が分泌されます。活性酸素が発生するとメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンが作られます。活性酸素を発生させる要因は以下のように色々あります。

・紫外線(UVA)
・ストレス
・喫煙
・飲酒

・電磁波
・排気ガス等、有害物質を含む空気
・食品添加物
・便秘

・激しい運動
・睡眠不足

③炎症

ニキビ跡や肝斑などが炎症によるシミの代表的なものです。皮膚に炎症が発生すると、炎症によるダメージを回復するために、新しい細胞を作ろうとする働きが活発化します。そうするとメラノサイトも一緒に活性化してしまい、メラニン色素の産生が促進されて色素沈着が起こります。皮膚に炎症を起こさせる要因には以下のようなものがあります。

・日焼け
・摩擦
・刺激の強い化粧品
・虫刺され

・やけどや外傷
・湿疹やかぶれ
・ニキビ
・女性ホルモンの乱れ

外傷やニキビのように、はっきりとした炎症でなく、見た目には分からない程度の炎症でも、長期的に続くことでシミの原因になります。

⒈3美白・シミ対策サプリメントの選び方

上述の通り、シミの主な原因は以下の3つです。

・紫外線
・活性酸素
・炎症

サプリメントで美白・シミ対策をするには、上記3つの原因別に対処することが必要です。

⒉シミ対策におすすめの方法

⒉1顔のシミ対策法

しみができてしまいますと、どうしても老化してしまっている印象を与えられしまいます。どうしても濃ければ濃くなるほど、隠すのも大変になってしまうと同時に、ファンデーションも厚く塗ってしまいがちになりますので、見た目としても不自然な感じになってしまいます。またすっぴんとの差が激しいということで、自分の肌に自信が持てなくなってしまうということもあります。

⒉2しみそばかすを消す美容液

美容液にもしみ、そばかすを消すまでいかなくとも新しいものを作らせないという効果があるものが出てきています。レチノイン酸とハイドロキノンというのは、美容皮膚科などではよく処方されるものなのですが、これを使うことにより漂白効果もありますのでしみがどんどん薄くなってきたりします。

しかし、クリニックで処方されるものは濃度が高いものになりますので、ドラッグストアでその成分が配合されているものがあったとしても大分効果が異なります。薬事法なども絡んできますので、そこまで濃いものは置いていないのです。ですから、ホワイトニング効果がある美容液であっても、それは新しいしみを作らせないというために使う方がメリットがあるかもしれません。どちらにしても、新しいしみを作らないというのは大事です。

⒉3評判の顔のシミ消しクリーム

シミができてしまうと気になる場所といえばやはり顔です。顔は常に露出しているという事もあり、人目に触れてしまう事がありますし、時にはかなり目立ってしまう位に濃くなってしまう事もありますので、悩みになる事もあるものです。そういった時にはしっかりと対策を行う事が大切になりますが、対策方法の一つとしてシミ消し効果のあるクリームの活用が挙げられます。

クリームはシミ消し効果に期待できるだけではなく、保湿効果にも期待する事ができますので、乾燥対策にも打って付けのアイテムとなっています。その為、スキンケアの一環として活用したいところですが、ただ巷には数多くのスキンケアコスメがありますので、どのメーカーのどの商品が良いのかで迷ってしまう事も少なくありません。

折角購入するからには効果を実感できた方が嬉しいものですが、そんな時には口コミをチェックして評判を確認してみるのも良いのではないでしょうか。評判を確認する事によって効果が高いと言われている商品も簡単に見付ける事ができますし、また、商品のホームページ情報だけでは知る事ができないマイナスポイントも見付かる事もあります。その為、クリーム選びの際には参考にしてみると良いでしょう。

⒊シミ対策におすすめの化粧品

⒊1ビーグレン ホワイトケアトライアルセット

医学認定を受けている美白専用スキンケアライン「ビーグレン」

美容雑誌やSNSt等で人気を博しています。その人気の理由は、独自開発した成分浸透技術を搭載しているので、自宅ケアでエステマシンや美容皮膚科のマシンと同等の効果を得る事が出来る所にあります。

その浸透力は、シミやニキビ跡の原因となる角質層の奥底にあるメラニンまで美白成分を浸透させる事が出来るため、即効性が高い事で「トライアルの7日間で十分白くなった」という口コミが多く寄せられています。

・クレイウォッシュ
・ローション
・美白美容液
・美白クリーム
・保湿クリーム

全部で5つ、たっぷり7日分がついたトライアルセットが販売されています。

⒊2アンプルール 高浸透ローション

新安定型ハイドロキノンと言われる即効性の高い美白成分を含んだアンプルールの高浸透ローション。ひときわクリアな透明感、シミやニキビ跡のない肌を作るのに適しています。なので「ニキビ跡が気になる」「だんだんシミが出てきた」など、ホワイトニングケアが必要な人にピッタリ。

その高い美白効果だけでなく、保湿力にも優れているため、乾燥から起こる肌トラブル、大人ニキビや小じわ、化粧乗り悪化を予防します。透明感と肌ツヤが出せる化粧品として女性誌でも注目されています。

⒊3 リシャッフル

CYBERJAPANDANCERSのメンバーも使用しているオールインワン炭酸ミストスプレー。

美白効果はもちろん保湿効果もあり、シミがどんどん薄くなると評判。オールインワンなので忙しい方芸能人にもおススメと、口コミでじわじわと広がっている商品です。

 

⒋シミができないようにするには?

⒋1日焼け対策を行う!

シミを作る原因の主が紫外線となります。紫外線対策は夏だけなく、年中行いましょう。基本的には日焼け止めを使用し、マスク・帽子や日傘なども場合によっては使ってみましょう。最近は男性用の日傘もあるようですので、楽しんでみてはいかがでしょうか。

⒋2保湿をする!

保湿を行う事で、お肌の新陳代謝の正常化、メラニンの過剰生成を抑えます。男性は皮脂の分泌が多い方だと、保湿を怠りがちです。ですが、実はそれが更に皮脂を出させてしまい、シミの出来やすいお肌へとなっているのです。朝晩の洗顔やシャワー後に、化粧水と乳液の使用を行いましょう。

⒋3紫外線を多く当たる予定の前日はパックを!

夏のこの季節は、海やレジャーの予定などが入っていると思います。紫外線を特別多く浴びる前の日には、いつもよりも多めに保湿しておく事をおススメします。保湿していればしているほど、お肌はダメージが受けにくく、シミ予防になるのです。

⒋4紫外線が多い10時~14時の間は出歩かない!

一日の内で紫外線量が多いのは、10時~14時の日中です。ウォーキングやランニングなどのスポーツなどは、出来るだけ朝型や夕方に行うとお肌には負担が少なくて済みます。

⒌シミを予防する食事の仕方とは?

⒌1健康的なからだづくり

健康的なからだをつくるには、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、十分な睡眠が重要です。しかし、これらが乱れた状態を長年続けていると生活習慣病につながります。タニタでは健康的なからだづくりの為に、「肥満の予防と改善」というアプローチでの健康づくりを提唱しています。

肥満とは、「脂肪組織の占める割合が異常に増加した状態」と定義づけられています。特に、内臓脂肪量が多いと、生活習慣病になりやすいという研究結果が報告されています。「肥満の予防と改善」には正しい生活習慣を定着させることが重要です。

ただし、これまでの間違った生活習慣を改善するには、時間を要します。習慣には「逆戻り」という現象があり、「知らず知らずのうちに、元の習慣に戻ってしまう」ということが起こります。このため、「持続可能な範囲で、ゆっくりと時間をかけて改善していくこと」が重要です。

⒌2人にあわせたからだづくり

人によって健康的なからだづくりの方法は異なります。肥満になりダイエットが必要な人やその逆に体重が増えなくて困っている人もいます。その人のからだや状況に合わせた健康づくりが必要となります。

⒌3食事での「心がけ」

①ときどきは食べたものをチェックする

食事の量や内容は、自分でも気付かないうちに偏ってしまうことがあります。必要な量をきちんと食べているか、栄養バランスは乱れていないかなど、ときどきはチェックしましょう。

②旅行や外食が続くときは、前後の食事で調節する

外食は、注意していてもカロリーオーバーや野菜不足になりがち。あらかじめ外食の予定があるときは、前後の食事で調整しましょう。また、旅行など、調整が難しいときは開き直って楽しんでしまいましょう。でも食べ過ぎだけは注意してください。

③食べすぎを招く環境をつくらない

食べすぎを防ぐには、食事環境に目を向けることも大切です。食品を購入することから保管、調理、盛り付け、残り物、後片付けなど、食に関わる一連の行動すべてに目を配りましょう。

⒌まとめ

気になるシミ対策に、今回紹介した方法を是非とも試してみてくださいね。また、その原因についてもしっかりと理解して普段からの食事や運動などの私生活から気をつけてケアをしていくことが大事です。しっかりとケアして何歳になっても理想の肌をキープしていきましょう。

最後に、この記事が読者の参考になれば幸いです。

関連商品


リシャッフル

肌にやさしいシミ用炭酸ミスト

2,980円

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です