年を重ねるごとに気になるのが【シミ】ではないでしょうか?化粧を落として鏡を見てみると「あれ?こんなところにもシミが!」なんてことが多くなってくると思います。
そんなシミをどうにかしてでも消したいという方におすすめなのが、シミ対策用のクリームです。

今回はそんな気になるシミを消すことができるシミ対策クリームについてご紹介します。またシミの種類やシミになる原因も一緒にご紹介させていただきます。さらに今人気のシミ対策クリームを3商品ご紹介しますので、是非参考にしてみてください!
気になるシミはシミ対策クリームで解決しましょう!

 

 

シミ対策クリームでシミが解消する?

年を重ねることで気になるのがシミだと思います。特に顔にできたシミはどうにかして消したいと思うはず。しかし年齢には勝てないと諦めてしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

近年シミをレーザーで消す方もいらっしゃいますが、どんどんシミが現れてしまいお金が追いつかない。もう仕方ないと思ってしまうのも分かります。しかしまだそこで諦めてはもったいない!

シミはシミ対策クリームで解消することができるのです!シミ対策クリームだけでシミが消えるの?と思う方もいらっしゃると思いますが、シミ対策クリームはとても優れているのです。

今回はそんな気になるシミのできる原因から、シミ対策クリームについて、そして現在人気のシミ対策クリーム3商品を一挙にご紹介します。

気になるシミもシミ対策クリームを塗って解消してみませんか?薄い化粧でも出かけられる日がやってきますよ!

シミになる原因とは?

どうしてシミはできるの?

女性の悩みの種でもあるシミですが、最近では男性でも3人に1人はシミで悩まれています。そんなシミはどうしてできるのかご存知でしょうか?

シミは皮膚内でメラニンという色素が沈着してできたものです。基本的にはターンオーバーと呼ばれる新陳代謝で剥がれ落ちるメラニン色素が、うまく行かずに残ってしまったが原因でシミとなってしまうのです。

そんなシミには多くの原因が関係しています。確認してみましょう。

シミの原因は8つ!

シミは8つの原因でできると考えられています。まずみなさんもご存知の日焼けです。日焼けをすることで、紫外線を受けメラニンが活性化することで色素が沈着してしまいます。

乾燥肌でもシミになることがあります。肌に潤いがなくなり、角質層が硬くなったことで古い細胞が止まってしまうことでシミになってしまいます。またニキビ・火傷などの炎症の跡が紫外線などの影響でシミになることがあります。

乱れた食生活が原因で血行不良になり新陳代謝が悪くなることでシミになることもあります。栄養バランスが偏るとシミ対策に必要な栄養素が不足してしまいます。またストレス睡眠不足でもホルモンバランスの崩れが原因でシミになります。

化粧水や乳液を肌に染み込ませるために、擦ったり叩いたりすることで肌の角質層が傷ついて、そこにメラニン色素が沈着してシミになることもあります。

男性の方に多く見られるシミの原因はタバコが多いと考えられています。メラニンを抑える効果があるビタミンCをタバコは減らしてしまいます。そしてニコチンが新陳代謝を衰えさせるので、シミになってしまう原因になっているのです。

 

シミには種類がある

シミには薄茶色のものや濃褐色のものなど大きく分けて4種類あります。そのシミには特徴はもちろん、主な原因も違っています。確認してみましょう。

日光黒子(にっこうこくし)

まずシミの中で一番多いのが日光黒子です。こちらは淡褐色から濃褐色の色素斑の特徴があり、顔だけでなく手や背中など露出する部分に見られることが多いシミです。

呼び名は日光性黒子や老人性色素斑とも呼ばれることがある日光黒子は、主に紫外線が原因ででき、中年以降に多く見られるシミとなっています。

雀卵斑(じゃくらんはん)

雀卵斑は聞き慣れないと思いますが、ソバカスと言えばピンとくるのではないでしょうか?とても小さい丸い斑点のような茶褐色の小さな斑点が特徴の雀卵斑は、鼻の周り、頬などに多く見られるシミです。

この雀卵斑は3歳ごろから見られ、思春期に多く見られるシミで、遺伝性が強いシミでもあります。

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

炎症後色素沈着は主にニキビや火傷などによる肌の炎症が治った後にできるシミのことを指します。年齢や性別、部位は関係がないのも特徴です。また時間が経つにつれて薄くなっていくシミでもあります。

肝斑(かんぱん)

肝斑はホルモンバランスを崩すことでできるシミです。妊娠や経口避妊薬などが原因で女性ホルモンが崩れた時に現れる女性の多く見られるシミです。

薄い褐色で頬骨に左右対象にできてしまうシミで、レーザー治療や紫外線でも悪化すると考えれられているシミでもあります。30〜40歳代に多く見られるシミで、反対に高齢者にはあまり見られないシミです。

シミ対策クリームについて知ろう!

シミによって効果が違う

残念ながらシミ対策クリームはシミ全てに万能に効くわけではございません。シミによって効果が変わってくるので、シミ対策クリームで効果が期待できるシミを確認してみましょう。

シミ対策クリームで効果が期待できるシミ

・日光黒子(老人性色素斑)
・炎症性色素沈着
・肝斑

シミ対策クリームでは効果が期待できないシミ

・雀卵斑(ソバカス)
・脂漏性角化症
・花弁状色素斑

上記で説明した雀卵斑やイボ状のシミである脂漏性角化症、背中や肩・胸元にできる花弁状色素斑には残念ながら効果は期待できません。これらのシミで悩まれている方は一度皮膚科や美容皮膚科などの専門家に相談しましょう。

シミを予防したい時に使うシミ対策クリーム

シミ対策クリームには主に2種類あります。シミ予防したい時用とシミを薄くする時用があり、それぞれ配合されている成分が変わってきます。確認してみましょう。

シミを予防したい時に使うシミ対策クリームには

・アルブチン(α-アルブチン)
・トラネキサム酸(m-トラネキサム酸)
・ビタミンC誘導体(パルミチン酸、アスコルビリン3Na(APPS)、テトラへキシデカン酸、アスコルビルなど)

が配合されているクリームを選びましょう。まだ若いからと何も対策していないとすぐにシミはポツポツと現れてしまいます。そうならないために、若いうちから予防をしておくことをおすすめします。

シミを薄くしたいという時に使うシミ対策クリーム

今あるシミを薄くしたいとおいう時に使うシミ対策クリームには

・エナジーシグナルAMP
・ビタミンC誘導体(パルミチン酸、アスコルビリン3Na(APPS)、テトラへキシデカン酸、アスコルビルなど)

が配合されているクリームを選びましょう。シミ予防でも登場したビタミンC誘導体はどちらの効果も兼ね揃えた素晴らしい成分です。

 

シミの漂白作用として注目のハイドロキノンとは?

シミの漂白作用として注目されるハイドロキノンです。このハイドロキノンはなんとシミ対策効果に期待できるビタミンCの10〜100倍ほどの効果が期待できます。そのためハイドロキノンは別名.肌の漂白剤と呼ばれています。

そんなハイドロキノンは濃度が高い成分なので、敏感肌の方や間違った使用を行うことで肌トラブルにつながってしまうことがあります。

このハイドロキノンは皮膚科でクリームとして処方してもらうことができます。保険診療適用外のため自費治療ではあるものの、5gで2,000円前後となっています。効果が期待できない安いシミ対策クリームを購入するより、多少お値段が高くても処方してもらった方がお得かもしれません。

またハイドロキノンは濃度が低いものの市販でも購入することができます。市販のものであれば3パーセント未満なので、服白湯の心配もないとされています。まずは市販のものから試してみるのもありかもしれませんね!

今人気のシミ対策クリーム3商品ご紹介!

今人気のシミ対策クリームを使ってみよう!

シミ対策クリームを使ってみたいと考えた方は今人気のシミ対策クリームを使ってみましょう!今注目されているハイドロキノンが配合されいてるクリームから、敏感肌・乾燥肌の方向けのクリーム、プチプラのクリームまで3商品ご紹介します。

スノーFFFクリーム

まずご紹介したい人気のシミ対策クリームはスノーFFFクリームです。こちらのクリームは美白効果が高いとされているハイドロキノン以上の効果があるといわれているグラブリジンが配合されたクリームです。

またハイドロキノンだけでなくビタミンC誘導体も配合されていることから、シミ予防にも効果が期待できるとされています。

スノーFFFクリームが気になった方は炭酸ミストセットをおすすめします。炭酸ミスト「リシャッフル」と同時購入することで、通常価格13,780円(税別)から42%OFFの7,980円(税別)で購入することができるんです!

試してみることで、理想の肌を手に入れることができるかもしれません。

スノーFFFクリームの公式HPはこちら

サエル ホワイトニング クリーム クリアリスト

敏感肌や乾燥肌の方はシミが気になったとしても肌に合うシミ対策クリームがなかなか見当たらないのではないでしょうか?

そんな悩ましい敏感肌や乾燥肌用を専門に作っている会社があります。それがDECENCIA(ディセンシア)。そこの会社が販売しているサエル ホワイトニング クリーム クリアリストは本当に多くの方から熱い支持を受けている実績のある商品となっています。

こちらのクリームは敏感肌や乾燥肌の方に嬉しい保湿成分・ヒト型ナノセラミドが配合されているので、しっとりと保湿ケアができます。もちろん美白有効成分であるビタミンC誘導体が配合されているので、美白効果もバッチリ!

もっちりとした伸びが気持ちいいと評価されていて、透明感のある肌を出すことが出来ると人気の高いクリームとなっています。

 

サエル ホワイトニング クリーム クリアリストの公式HPはこちら

ケシミンクリームc

一度は耳にしたことがある小林製薬から販売されているケシミンクリームcもおすすめです。こちらの商品はテレビCMでもおなじみの商品なので、存在は知っているという方も多いはず。

テレビCMで放送されている商品は少し効果が期待できないと考える方も多いようですが、ケシミンクリームcはしっかりとした効果が期待できるシミ対策クリームです。

こちらの商品にもビタミンC誘導体が配合されており、角質層の奥まで浸透してくれます。シミはもちろん、予防がむずかしいソバカスにも効果が期待できるというから驚きです。

またシミ予防だけでなく保湿効果も期待でき、ドラッグストアなどの実店舗での購入ができるというのも特徴です。

ケシミンクリームcの公式HPはこちら

 

まとめ

もう諦めていたシミもシミ対策クリームで解消することができると知った今、みなさんもシミ対策クリームを使ってみたいと感じたのではないでしょうか?

シミができてしまったことに後悔しているよりも、解消するためにシミ対策クリームを使いましょう!

今回ご紹介した商品は本当に人気の高い商品です。シミ対策クリームとして非常に効果に期待ができるクリームなので、是非一度試してみませんか?

シミ対策クリームを使ってシミを解消すれば、鏡を見た時についニヤッとしてしまうはず!もうシミはシミ対策クリームで解消しましょう!

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です