気になる脂肪を吸引するまでしなくても簡単に痩せることができたんです!

乳酸菌には、すごい効果が期待されるということで今また注目を集めています。今回は、そんな乳酸菌を使って脂肪を減らす効果があることを徹底的に解説するとともに、脂肪吸引のメリットやデメリットについても詳しく解説していきます。

一度でも、脂肪吸引を考えたことがある方は乳酸菌ダイエットをお試しください。きっとあなたもその効果に驚くと思います。

⒈乳酸菌ダイエットとは?

⒈1乳酸菌ダイエットについて

ここで言う乳酸菌ダイエットとは基本的に、意識して乳酸菌を含む食品・飲料・サプリメント等から乳酸菌を摂取して、体質を変えながらダイエット(痩せる)ことにつなげていこうというものです。

乳酸菌といえば、「健康になれる」「おなかの調子をととのえる」というようなイメージがあり、乳酸菌で痩せる!というイメージはあまりないのではないでしょうか。

しかし、この意識して乳酸菌を摂取する乳酸菌ダイエットをメインにしたことで、「ぽっちゃり」なイメージのある芸能人の熊田曜子さんが劇的に痩せていました…なんと、-12kg!他にも、乳酸菌ダイエットを意識したら体調がよくなった・本当に痩せた!というようなクチコミも多いようです。

⒈2そもそも乳酸菌とは何なのか?

「乳酸菌」とひとことに言いますが、実は乳酸菌という名前の菌そのものはいないということはご存知でしたか?
乳酸菌とは、実はブドウ糖(糖質)から乳酸を作り出す能力を持つ細菌の総称のことで、個別の菌にはそれぞれ名前が付けられているんですよ。現在確認されている乳酸菌はなんと、600種類もあるんだとか。

乳酸菌にも色々な形があり、丸い形のものをコッカス、棒状のものをバチルス、螺旋状のものをビブリオを呼んだりもします。さらにその名前も、「属」「種」「株」という感じで名前がつけられます。想像しやすいようにいうと、日本人の山田さんがいたとすれば、「属…人間の」「種…日本人」「株…山田」という感じですね。

みなさんCMなどで聞いたこともあるかもしれない乳酸菌の名前「L.カゼイシロタ株」は「ラクトバチルス属のカゼイ種、シロタ株」の乳酸菌であるということです。また、同じ乳酸菌の仲間でも性質はバラバラです。

たとえば、酸素があると生きられないものや、酸素があっても生きられるもの、熱に強いものや花粉症に効果があるものなどなど…同じ乳酸菌でも、性質や効果には色々と違いがあるんですね。ちなみに上ででてきたL.カゼイシロタ株は酸素があっても増殖することができ、酸にも強いというような特徴があります。

⒈3乳酸菌の発酵パワー!

乳酸菌はブドウ糖から乳酸を作り出す細菌だとさっき説明しましたが、その際食品に含まれる糖質を分解して「発酵」を引き起こします。この、乳酸菌の「食品を発酵させる能力」がとても重要になってくるんです。

乳酸菌による「発酵食品」には、ご存知ヨーグルトや、ぬか漬け・キムチなどがありますがこれらの食品は腐りにくく長期保存できます。これは食品が発酵したことにより酸性化し、腐敗や食中毒を引き起こす菌の繁殖が防がれたという事です。これは、同じく菌によって起こるいわゆる「腐敗」とは違います。同じ菌類でも発酵させる菌と腐敗させる菌がいるわけです。

「発酵」しているものは食べられますが、腐敗しているものを食べると食中毒になったり、病気になってしまいます。同じ「菌類」が起こす変化なのに「発酵」と「腐敗」は全く違うという事です。実は、食べ物の栄養を吸収する大切な臓器である腸の中でも発酵と腐敗が起こっているんです。

そして私たちの腸内にも発酵させる菌と腐敗させる菌がすんでいて、一方が優勢になると腸内の食べカスが発酵や腐敗を起こし、それがカラダにいろいろな影響を与えるんです。

⒉乳酸菌ダイエットの方法とは?

⒉1乳酸菌ダイエットのやり方は?

乳酸菌ダイエットは、その名の通り乳酸菌を積極的に摂取する事でダイエット効果を得る方法なので、どれだけ効率よく乳酸菌を摂取出来るかがポイントです。

オススメなのは「サプリメント」を用いる方法です。なぜかと言えば、サプリメントには多くの量の乳酸菌が凝縮されているからです。

腸内の環境を改善してダイエット効果を発揮させるために必要な乳酸菌は1日に5000億から1兆個と言われているのですが、この量を普通のヨーグルトで補おうとすると、かなりの数を食べないといけなくなり、結果カロリーオーバーになってしまいます。

その点、サプリメントであれば、ほぼノンカロリーで、乳酸菌を集中的に摂取できるんですね。しかも乳製品に対してアレルギーのある方でも、サプリメントならアレルギー反応が出る事はありません。

なので、乳酸菌サプリを食後に摂ると言う方法がベストだと思います。食後だと胃酸が弱まっているので、乳酸菌を生きたまま腸に届ける事ができ、より大きなダイエット効果が期待できます。

2.2乳酸菌おすすめサプリメントは?

乳酸菌量が大量なサプリメントといえば、「ブラックカーボンイレイサー」というサプリメントがおすすめです。
なんと2種類の乳酸菌を大量配合!

①有胞子乳酸菌


熱で死滅しない「生きたまま腸に届く」乳酸菌です。
有胞子乳酸菌は乳酸を生成。胃酸や胆汁の刺激を受け活発化し、悪玉菌を退治してくれます。

②イーエフパワー

イーエフパワーはなんと「ヒト由来の乳酸菌」。
胃酸による菌数減少が少なく
1粒あたり150億個の乳酸菌が腸に届きます。

この2つの乳酸菌に加え、「炭」による腸内環境改善効果も期待できるサプリメントで、近年注目を浴びています。
そんなブラックカーボンイレイサー、今なら5000円offで入手できるようです。
気になる方は是非お試しください。

 

 

⒉3深田恭子もやっていた乳酸菌ダイエット!

深田恭子さん、女性から見ても羨ましくなるプロポーションですよね。スリムなのに、女性らしいなめらかな身体の曲線が魅力的です。

しかしそんな深田恭子さん、実は太りやすい体質で、その上食べるのが大好きと言う事でこれまでもいくつものダイエットにチャレンジしてはリバウンドする、と言う経験をされているそうなんです。そんな深田恭子さんが実践した乳酸菌ダイエットですが、彼女は「キムチ」を食事に積極的に取り入れていたそうです。

キムチには、実は植物性乳酸菌が多く含まれているのですが、この植物性乳酸菌はほとんど失活することなくしっかりと腸内まで生きたまま届くんです。深田恭子さんは、毎食必ずキムチを取り入れ、豆腐にキムチをかけたものを夕食として食べていたと言われています。

豆腐と一緒に食べれば、辛みも和らぎますし、ボリュームが出て食べ応えがあるので、満足感も得られますね!また、豆腐には「植物エストロゲン」の異名を持つ大豆イソフラボンが多く含まれているので、美肌効果、アンチエイジング効果も同時に得る事が出来るんですね。

⒊カルピスの乳酸菌で痩せることはできるのか?

⒊1体脂肪の低減作用がある

カラダカルピスに含有される乳酸菌は、乳酸菌ラクトバチルス・アミロボラスCP1563株という乳酸菌で、第33回日本肥満学会にて「乳酸菌の摂取による体脂肪の低減作用を確認した」と発表されました。

カラダカルピスは、甘さ控えめでスッキリとした味で少し酸味を感じるようですが、もちろんカロリーゼロです。カルピスと言えば子供たちが大好きな飲み物というイメージですが、カラダカルピスのメインターゲットは40代男性ということなんですね。

カラダカルピスの含まれる乳酸菌CP1563株の効果

乳酸菌CP1563株は、脂肪の燃焼を促す体内物質を活性化させる成分と持つとされています。乳酸菌研究により脂肪燃焼を促す力があることが認められたんですね。やや肥満から肥満の人200人に、乳酸菌CP1563株を含む飲料を1日1本12週間飲み続けた結果、体脂肪が減少することが明らかになりました。

shutterstock_350009129

乳酸菌ラクトバチルス・アミロボラスCP1563株の効果

・血中HDL-コレステロール(善玉コレストロール)が上昇する
・血中LDL-コレステロール(悪玉コレステロール)の低下する
・中性脂肪が低下し体脂肪低減が確認された
・血糖値・尿酸値の改善

アサヒ飲料の研究所では、脂質代謝に関わる因子に着目して活性化を最大限引き出せる乳酸菌を、アサヒ飲料がもつ膨大な数の乳酸菌のライブラリーから選抜し、誕生したのが乳酸菌CP1563株なんですね。

さらに乳酸菌を配合する方法にも拘りがあり、乳酸菌の効果を最大限に引き出すために破砕する独自の方法によって、乳酸菌の中にある成分をより効率的に取り入れることができるそうです。

⒋カラダカルピスの効果とは?

⒋1カラダカルピスは普通のカルピスとどう違うのか?

カラダカルピスの特徴は、機能性表示食品と言うのが特徴です。これは、カラダカルピスを作っている「アサヒ飲料」がカラダカルピスの乳酸菌が体脂肪を減らすことを科学的に確認しました。と言うことになります。この機能性表示食品には、似たようなのに特定保健用食品、いわゆるトクホがあります。

⒋2機能性表示食品と、トクホの違いについて

ここで知っとかないといけないのが、カテキン緑茶で一大ブームを起こした。トクホです。このトクホとの違いを簡単に説明します。

特定保健用食品(トクホ) 健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの 吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性 については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

それに対して今回のカラダカルピスは『機能性表示食品』です

機能性表示食品
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

引用元:http://www.caa.go.jp

この機能性食品とトクホの違いは、簡単に言うと国のお墨付きがあるか、ないか?ということです。ただ、この国のお墨付きをもらうのに、長いと2年かかり費用も数千万かかったりします。しかし、機能性表示食品だと費用が数百万ぐらいで、期間も60日ぐらいになります。

⒌脂肪吸引のメリット・デメリット

⒌1脂肪吸引のメリットについて

まずは脂肪吸引を受けることによって得られるメリットを見てみましょう。

部分痩せができる

通常のダイエットでは体全体の脂肪が燃焼されるため、部分痩せをするのはなかなか難しいです。しかし、脂肪吸引は痩せたいと思った部分の「脂肪細胞の数を減らす」ので、痩せたい部分をピンポイントで整えることができます。

食事制限や運動をする必要がない

ダイエットに付きもののつらい行動、長期にわたる食事制限や運動などをすることなく、痩せたい部分の脂肪を減らすことができます。

リバウンドが起こりにくい

ダイエットの場合は、大きくなった脂肪細胞を小さくして脂肪全体の容量を減らすようアプローチするため、エネルギー摂取が増えれば脂肪細胞もまた大きくなります。これが、いわゆるリバウンドというものです。それに対して脂肪吸引は、脂肪細胞の数そのものを減らすため、脂肪細胞が少なくなった部分はリバウンドしにくくなるというわけです。

痩せにくい部分をサイズダウンすることができる

二の腕や頬など、通常のダイエットでは脂肪を落とすのが難しい部分でも、脂肪吸引なら簡単にサイズダウンすることができます。

⒌2脂肪吸引のデメリットについて

次に、気になるデメリットを確認しましょう。

高額な費用がかかる

脂肪吸引には健康保険が使えないため、多くの場合、一度の施術に20万以上の高い費用がかかります。また、方法や施術部位によっては一度で終わらず、数回に分けた施術になることもあります。よって、一度の施術費用はそれほど高くなくても、トータルで見るとかなり高額になるケースもあります。

痛みがある

方法によって痛みの程度は異なりますが、脂肪吸引が体にある程度の負担をかける施術であることは確かです。麻酔や痛み止めを使いますが、それでもまったく痛みがないということはほとんどなく、術後もしばらくは痛みを我慢しなければなりません。

回復するまでに時間がかかる場合がある

脂肪吸引では、ダウンタイム(痛みや腫れが引いて通常通りになるまでの期間)が長くなる場合があります。期間は吸引方法によって異なりますが、多くの脂肪を吸引した場合や出血量が多かった場合は、特に時間がかかります。

術者の技術によっては、美しくない仕上がりになる可能性がある

術者の技術力によっては、吸引した後の皮膚が凸凹になるなど、美しくない仕上がりになる場合があります。同じ脂肪吸引の方法だったとしても、術者によってでき栄えがかなり変わり、医療事故という最悪のケースも報告されています。そのため、ドクター選びはとても重要です。

吸引した部位以外には、脂肪がつく可能性がある

脂肪吸引は脂肪細胞の数を減らす手術であるため、通常のダイエットよりはリバウンドしにくい痩身法です。しかし、カロリー過多の食事や運動不足の生活を続けると、吸引した部位以外の脂肪細胞が膨らみ、再び肥満体型になる可能性もあります。

体重はあまり減らない

脂肪自体にはあまり重量がないため、脂肪を吸引したからといって劇的に体重が減るということはありません。気になる部分の余分な脂肪がなくなるので引き締まった印象にはなりますが、体重計の数値にはほとんど変動がないのが通常です。もちろん、大量に取った場合は体重も減りますが、体重が変わるほどの脂肪吸引には高いリスクがともなうため、あまりおすすめされていません。

内臓脂肪の多いメタボリックシンドロームは改善されない

肥満のなかには内臓に脂肪がつくメタボリックシンドロームがありますが、脂肪吸引では内臓脂肪を取ることができないため、これを改善することはできません。

⒍まとめ

まさか、乳酸菌でダイエットできるなんて驚きではなかったでしょうか?

脂肪吸引のメリット・デメリットを見てもらったらわかりますが、圧倒的にデメリットの方が多いですよね。一方、乳酸菌ダイエットの方はお手軽にはじめることもでき、効果も期待できることがわかります。この機会に是非とも乳酸菌ダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか?

最後に、この記事が少しでも読者のご参考になれば幸いです。

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】


オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です