みなさん突然ですが、ブラックジンジャーをご存知でしょうか?

最近は、脂肪燃焼で最も注目を集めている食材のひとつです。そもそも脂肪燃焼にはどのような運動や食事が効果的なのでしょうか?
今回は、ブラックジンジャーをはじめとした脂肪燃焼に役立つ情報について詳しくまとめてます。是非ともこれからのダイエット生活に取り入れてほしいものばかりですので、ご一読いただけると幸いです。

⒈ブラックジンジャーとは?

⒈1ブラックジンジャーは生姜ではない!?

「ブラックジンジャー」とは日本では黒ショウガ(黒ウコン)とも呼ばれ、タイで古くから愛用されている健康食だそう。普通のしょうがとの違いは、10種類のフラボノイドなどを含み、強力な抗酸化作用を持っているところ。

ブラックジンジャーとは、普通に見ると、ノーマルなしょうがと変わりがないのですが、切ってみると中が紫色っぽい黒色をしています。日本では沖縄県でわずかに栽培されているそうですが、豊かな土壌と一定の気候のもとでしか栽培できないため、限られた地域でしか生産できず、希少な植物なんだと言われてます。

⒈2ブラックジンジャーの効果

肥満を解消するには、お菓子などに多く含まれている糖質を効率よく消費することが大切です。ブラックジンジャーには糖質の消費を活性化させる作用があり、老化につながる体の糖化を防ぐという効果も期待されています。体も肌もアンチエイジングを目指せるそうです。

ブラックジンジャーはそのエネルギー消費に関わる交感神経の活動を活性化させる働きがあります。そのため脂肪分解の促進、タンパク合成による筋肉量の上昇、エネルギー消費量をアップという効果も期待でき、痩せやすい体を作ってくれます。

他にも、育毛、抗酸化、抗老化、美白、抗炎症など幅広い分野で活性が様々な研究によって認められ、そのポテンシャルの高さに注目が集まっています。多くの人が悩まされる肥満に関しては、特に優れたデータが出ているそうで、これからも重点的に研究が進められる予定です。

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

⒉脂肪燃焼におすすめの方法について

⒉1そもそも脂肪燃焼とは?

体脂肪とは、体につく脂肪のことです。体脂肪は皮膚のすぐ下につく『皮下脂肪』と内臓の周りにつく『内臓脂肪』に分けられます。そして、これらの体脂肪の体重に対する割合が『体脂肪率』です。つまり、体重100㎏で体脂肪率が30%であれば、30キログラムがまるまる脂肪ということになります。

体脂肪が多いとどうなるの?

適度な体脂肪は、むしろ体に良いとされています。年齢によって最適な体脂肪率は変わってきますが、だいたい男性であれば『10%~20%』、女性であれば『20%~35%』程度でしょう。しかしながら、これらの数値を超えていくと軽肥満、そして肥満という風にカテゴリーされていってしまいます。そして、肥満になるとさまざまな悪い影響が発生するようになるのです。

運動がつらくなる

まず、脂肪によって体が重くなるので運動がつらくなります。体力的な面だけでなく、膝や股関節などに負担がかかるので、ケガをしたり骨が変形したりするリスクも高まるでしょう。しかも、運動をすると少しのことでも体が熱くなり、汗をかくようになります。汗を頻繁にかくことになるので体臭が発生しやすくもなるでしょう。

健康面への悪影響

健康面においてもさまざまな病気のリスクを引き上げます。たとえば、ガン。ガンと脂肪率には大きな因果関係があり、肥満の人の方がガンになるリスクが高いとされています。また、肥満の人の多くは炭水化物やお菓子、ジュースなどで糖分を多く取るので、糖尿病のリスクも非常に高くなるでしょう。

ほかにも、心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まることで知られています。内臓脂肪は血液を固まらせる物質『PAI-1』を分泌するため、血液がドロドロになりがちです。さらに、肥満の人は高血圧や脂質異常症などを併発していることがあるので、動脈硬化を起こしやすい体質になっています。動脈硬化を起こしやすい状態で血液がドロドロであれば、当然のことながら血管が詰まるリスクも高まってしまうわけですね。結果として、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。

睡眠時無呼吸症候群のリスクが高まる

睡眠時無呼吸症候群になるリスクも高まるでしょう。睡眠時無呼吸症候群はその名のとおり、睡眠時に無呼吸になってしまう状態のことです。首回りについた脂肪などによって気道が塞がれることによって発生します。

睡眠時無呼吸症候群になると慢性的な睡眠不足となるため、体の防衛本能によって唐突に失神してしまうことが珍しくありません。座っている状態なら良いのですが、立って歩いていたり車やバイクを運転していたりするときに失神したら大変なことですよね。実際、睡眠時無呼吸症候群が原因による事故は、毎年発生しています。

脂肪燃焼しよう

体にエネルギーが足りないと、人間は蓄えられた脂肪を熱(エネルギー)に変えて体に供給します。この現象のことを、一般的に『脂肪燃焼』と呼ぶのです。脂肪がエネルギーに変わるわけですから、脂肪燃焼をすればするほどに脂肪は減り、痩せていきます。

メカニズム

脂肪燃焼のメカニズムは主に以下のとおりです。

・体がエネルギーが必要な状態になる。
・「脂肪を分解してエネルギーを供給せよ」と脳が指令を出す。
・脂肪動員ホルモン(アデポネチックホルモン)が分泌される。
・脂肪分解酵素のリパーゼが活性化する。脂肪がグリセロール(グリセリン)と遊離脂肪酸に分解され、血液中に放出される。
・エネルギーとして使われ、燃焼する。

⒉2脂肪燃焼の方法について

インシュリンについて

インシュリンは血糖値が上昇すると膵臓(すいぞう)から分泌される物質です。インシュリンは食事によって取り込まれた糖を優先的に運動エネルギーへと供給し、消費されなかった糖を体脂肪として蓄える働きを持っています。つまり、インシュリンが過剰に分泌されていると、体脂肪の消費優先度が下がるということですね。せっかく運動をしても効率が下がってしまいます。

うまくダイエットするためには、このインシュリンの過剰分泌を防ぐことが大切なのです。

どうすればインシュリンの分泌を抑えられるの?

1番大切なことは、食事の取り方に気をつけることです。1度にいっぱい食べてしまうと、反動で過剰にインシュリンが分泌されてしまいます。これが、1日1食が太るとされる根拠ですね。ですから、ダイエット中でも、少量を3食に分けてゆっくりと食べるようにしましょう。

また、食べる順番についても注意点があります。最初にご飯などの炭水化物(糖分)を口にするとインシュリンが過剰に分泌されがちです。ですから、まずは野菜などから口に入れるようにしましょう。

⒉3脂肪燃焼と運動について

すでに触れたように、脂肪燃焼を目的とするのであれば、絶対的に有酸素運動が効果的です。では、無酸素運動がダイエットには全く効果がないのかというと、そんなことはありません。無酸素運動を効果的に取り入れることで、有酸素運動の効果を飛躍てきにアップさせることができます。キーワードは『アフターバーン』。

アフターバーンとは、高強度の無酸素運動を行った後に脂肪が燃焼し続ける現象のことです。アフターバーン中は非常に脂肪が燃焼しやすくなっています。ただ座っているだけでも普段の何倍も脂肪が燃焼され続けるほどです。つまり、このアフターバーン中に有酸素運動をすることで、ダイエットの効率を飛躍的に上昇させることができます。

ただし、アフターバーンを引き起こすにはしっかりと体を追い込まなければいけません。エクササイズ程度の無酸素運動ではあまり意味がないのです。たとえば、筋肉トレーニングをするのであれば、限界まで筋肉を疲労させる必要があります。

そのため、アフターバーンを利用したダイエットは決して手軽ではありません。しかし、とても効率的なのも事実です。ダイエットになれてきた方や、もともと体力に自信のある方などはぜひ試してみてくださいね。

脂肪燃焼に必要な運動時間とは?

昔よくいわれていた説として『脂肪燃焼は有酸素運動を始めてから20分後に始まるので、20分以上続けないと意味がない』というものが一般的でした。しかしながら、最近の研究で脂肪の燃焼は運動直後から始まることが分かっています。そのため、有酸素運動に限らず、運動時間の短い無酸素運動でも脂肪が燃焼するわけですね。

そのため、運動時間はいくらでも構いません。時間があるときに、時間が許すだけ行えば、その分だけ脂肪は燃焼されるでしょう。ただし、消費カロリーの計算は1時間当たりで計測されていますので、分かりやすいように合計で1時間以上の運動を行うのがおすすめです。

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

⒊脂肪燃焼に役立つ食事の仕方

⒊1ビタミンで脂肪燃焼!代謝を補助してヤセる

カラダの代謝を高めるビタミンで、特に摂ってもらいたいのはビタミンB郡。ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸です。脂肪燃焼だけでなく、肌や粘膜の代謝も促進させる栄養素でもあります。

ビタミンB1:穀物類、種実類に豊富

カラダの運動機能に深く関わり、糖質の代謝を促す酵素の補助として利用されます。これが欠乏してしまうと、筋肉痛になりやすくなったり、糖質がエネルギーにならずに疲れやすくなってしまうことがあります。運動に影響を及ぼすだけでなく食欲もなくなってしまうので、積極的に摂っておきましょう。おもに、小麦、豚肉、ごまなどに含まれます。

上の食べ物よりも含まれる量は少なくなってしまいますが、ドライトマト、切り干し大根、落花生などの野菜類やタラなどの魚介にもあります。運動前にしっかり食べておきたいですね。

ビタミンB2:主に肉類に豊富

脂質やタンパク質、糖質の代謝を助けていきます。B2には皮膚や粘膜を健康にしてくれる成分でもあり、お肌にも大切なビタミンになっています。肉類や魚介類のほとんどに含まれているものです。

サケ、豚・牛レバー、のり、トウガラシ、アーモンドなどに含まれ、アーモンドなど手軽に食べられる食べ物があるのが嬉しいですね。肉類は調理したりすると脂質が増えてカロリーが気になりやすいものですが、運動エネルギーに必要なタンパク質を摂れるので、あまり嫌がらずに摂っておきたい食べ物です。

⒊2脂肪を辛さで燃やす!カプサイシン

トウガラシの辛み成分。トウガラシの入った食事で脂肪燃焼させましょう。ただ、このカプサイシンは「燃やす」というよりも、取り入れた脂肪の分解を助けていく成分です。そのため、カプサイシンの力を有効活用するときは、有酸素運動などカラダをたくさん動かしてエネルギーを使う運動が必須。交感神経を刺激してアドレナリンの分泌を促進、血行を良くしていくので、運動前の摂取がベストです。

また、汗の分泌も活発になるため、デトックス効果も高い成分でもあります。

⒋脂肪燃焼の効果が期待されるもの

⒋1唐辛子

唐辛子には、辛味成分である「カプサイシン」という成分が含まれています。唐辛子など辛いものを食べると体が熱くなるのは、このカプサイシンには脂肪を燃焼してくれる働きがあるためであり、効率良く脂肪を排出してくれます。

辛ければ辛いほど脂肪燃焼効果が高まると思われがちで、唐辛子を入れ過ぎてしまう方も多いのですが、入れ過ぎると胃腸に負担をかけてしまい、下痢をしてしまう原因になります。下痢をすると、反対に太りやすい体を招くことになってしまうので、注意するようにしましょう。

⒋2生姜

生姜を食べると体が温まるというのは有名な話ですよね。生姜に含まれる「ショウガオール」や「ジンゲロン」という成分によって体が温められると、体の働きが活発になり、代謝がアップするので、脂肪が燃焼されると言われています。

生姜は比較的様々な料理や食べ物との相性が良いのに加え、チューブ状のおろし生姜がコンビニやスーパーに販売されているので手軽に実践できるのでおすすめです。生姜もカプサイシン同様に、胃腸に負担をかけやすく、食べ過ぎてしまうと下痢などの原因となり、太りやすくなる原因になるので注意するようにしましょう。

⒋3アボカド

アボカドは高カロリーで脂肪分が豊富に含まれているため、脂肪燃焼効果があることはあまり知られていないのですが、実は高い脂肪燃焼効果を期待することができるのです。アボカドの脂肪分は中性脂肪になりにくいと言われている「オレイン酸」で、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。

血液がサラサラになると、血行が良くなり、血液によって体の隅々まで栄養が届けられるようになるので、体の働きが活発になり、代謝がアップし、脂肪が燃えやすくなると言われています。

⒋4チョコレート

チョコレートというと、糖分が豊富に含まれているため、高カロリーでダイエットの大敵と思われがちです。確かにチョコレートは高カロリーなので食べ過ぎると太る原因になるのですが、適量摂取してあげることで、「ポリフェノール」という成分の働きによって、血液がサラサラになり、血液循環が良くなるので、代謝がアップし、脂肪が燃焼されやすくなると言われています。

ミルクチョコレートは砂糖が多く使用されているので、ビターチョコを選ぶとより高い脂肪燃焼効果を期待することができます。

⒌まとめ

ブラックジンジャーが効果的に脂肪燃焼してくれるのがお分かりいただけたでしょうか。脂肪燃焼の方法としては、他にもご紹介した通り多くの方法が存在します。また、脂肪燃焼に効果的な食材も多くありますので、是非とも普段の食事に少しでもいいので加てみてくださいね。

最後にこの記事が少しでも読者の参考になりましたら幸いです。

関連商品


blucky

予約販売受付中。黒の痩身サプリメント

2,980円

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です