気になるシミやソバカスに効果的に効くクリームがあったんです!

今回は、そんな美白効果を求めている方に是非ともおすすめしたいクリームや、美白に効果的な食べものについて詳しくまとめてみました。今まで、肌のトラブルに困っていた方は、是非とも参考にしていただきたい内容になってます。

⒈シミができる原因とは?

⒈1シミができる仕組み

シミとは、皮膚内で続けられるメラニンという色素が沈着したものです。メラニンとは、体内部を紫外線から守る働きをします。通常メラニン色素はターンオーバー(新陳代謝)の働きで、28日間で剥がれ落ちて元の肌色に戻りますが、そのターンオーバーがうまくいかずに、シミとなります。また、さまざまな理由からターンオーバーが正常なサイクルを保てず、乱れてしまうと、肌細胞そのものの質が悪くなってしまいます。

シミと同時にシワや乾燥、くすみなどの肌トラブルが起こりやすいのは、肌細胞そのものにまで紫外線などのダメージが影響しているためです。28日のサイクルよりも短い周期で作られた肌細胞は、弱く乾燥しやすく、さらにダメージを受けやすくなります。逆に、剥がれ落ちるはずの肌が28日以上たってしまうと、表面は硬くなり黒ずんでしまいます。

⒈2シミができる原因

日焼けによるシミ

多くのシミは、日光性黒子、老人性色素班と呼ばれる、紫外線が原因でできるものです。シミは紫外線を受けてメラニンが活性化し、色素沈着を起こしてできます。淡褐色から濃褐色の色素班で、顔以外にも手、背中、腕など露出部に多く目立ちます。特に中年以降に多く見られます。

乾燥肌によるシミ

角質層肌が乾燥して潤いがなくなると、角質層が硬くなり、古い細胞が肌の表面にとどまりやすくなります。更に角質が乱れることで、角質と角質の間に隙間ができて、肌の水分が蒸発して、肌の乾燥が進むという悪循環になります。肌が乾燥してコラーゲンなどが不足すると、肌細胞の生成も停滞してしまうため、メラニン色素が肌に残りやすくなり、シミができる原因となってしまいます。

ニキビによるシミ

色素沈着炎症が強く、ニキビが跡になって残ってしまったものを放置してしまうと、紫外線などの影響でシミができ、どんどん濃くなってしまいます。最初は、赤みを持ったシミができ、その後に色素沈着して黒ずんできます。ニキビが化膿してしまった場合は炎症が肌の部分にまで達するので、シミだけではなく肌が凸凹してしまうこともあります。

間違ったスキンケアによるシミ

化粧水化粧水や乳液などを付けるとき、肌に浸透させようとして、こすったり、強くパッティングをする人がいますが、これらは肌の刺激になってしまいます。また、肌をこすって角質層などが傷つくと乾燥肌が進んで、メラニン色素が沈着しやすくなってしまいます。肌は、刺激を受ければ受けるほど、シミやニキビなどのトラブルに繋がります。

乱れた食生活によるシミ

乱れた食生活食生活の乱れによる、血行不良は新陳代謝を悪くし、ターンオーバーの周期を乱してしまい、色素沈着によるシミの原因となります。また、栄養バランスに偏りがあると、シミ対策に必要な栄養素が不足してしまいます。

ストレスによるシミ

ストレス強いストレスを受けることでホルモンバランスが崩れ、その結果、色素細胞の活動が活発になりシミを増やすと言われています。また、ストレスが溜まることで体内に身体を錆びさせる活性酸素の量も増えてしまうため、肌の老化を促進させシミができやすくなる環境を作ってしまいます。

睡眠不足によるシミ

寝てる男性就寝中も代謝は行われており、睡眠不足が続くことで就寝中の代謝がおろそかになってしまいます。また、ホルモンの中でも細胞の生成を促す、成長ホルモンは夜の10時~2時にもっとも盛んに分泌されます。そのため、この時間に睡眠をとっていることが、肌細胞の生成にはとても大切です。肌細胞の生成が停滞してターンオーバーが遅くなると、角質やメラニン色素が肌に残ったまま、剥がれにくくなるため色素が沈着してシミができやすくなります。

タバコによるシミ

煙草タバコを吸うことで、5年、10年と徐々に肌トラブルが現れます。シミの原因であるメラニンを抑えてくれるビタミンCは、タバコを吸うことでビタミンCが減っていき、メラニンが増えていくのです。

また、タバコに含まれている「ニコチン」が新陳代謝を衰えさせて、メラニンを外に出すことができず、そのまま付着してシミを作ってしまいます。また、ニコチンは肌を乾燥させたり、老化の原因になり、これがシミに繋がります。タバコは健康だけでなく、美容にも悪影響になるのです。

⒉シミに効果的なクリームをご紹介!

⒉1サエル ホワイトニング クリーム クリアリスト(DECENCIA)

敏感肌・乾燥肌用のスキンケアブランド「DECENCIA(ディセンシア)」の「サエル ホワイトニング クリーム クリアリスト」です。美白有効成分・ビタミンC誘導体配合を配合しており、メラニンの生成を抑えシミやそばかすを防ぐ、できたメラニンを還元しシミを薄くするという2つの効果でシミを対策。また保湿成分・ヒト型ナノセラミドも配合しており、しっとりと優しくハリを与えてくれますよ。美白ケアと保湿ケアが同時にできる実力派アイテムです。

⒉2Qusomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン)

美白効果が高いハイドロキノンを配合したビーグレンの夜用クリーム「QuSome ホワイトクリーム1.9」です。ハイドロキノンのほか、ビタミンC誘導体を配合し、シミの原因を作らせない、できてしまったシミへアプローチ、メラニンが肌表面にシミとして現れるのを阻止という作用で、透明感のある肌へと導きます。

肌へのやさしさを考えてハイドロキノン配合率は1.9%。独自技術によって少ない配合量でも、より高い美白効果をもたらしてくれるアイテムです。

⒉3美白クリーム(アスタリフト)【医薬部外品】

富士フイルムの美白ライン・アスタリフトホワイトの「美白クリーム」です。美白有効成分であるアルブチンを配合し、しみやそばかすを防いで透明感のあるみずみずしい肌へと導いてくれますよ。またアスタキサンチンやコラーゲンなどの保湿成分も配合されているため美白だけでなく乾燥肌にお悩みの方にもおすすめです。

⒊美白効果におすすめのクリームとは?

⒊1カネボウ サラ ホワイトニングボディミルクN(サラの香り)

さらりとした軽いテクスチャで多めに使用してもべたべたせず、夏のボディケアにぴったりのアイテム。美白有効成分である、ビタミンCが配合されています。清潔感たっぷりのサラの香りも心地よく魅力的。香り重視の方や、シャンプーと香りをそろえたいという方に、特に適しているのではないでしょうか。

⒊2セクシーガール ホワイトニングボディクリーム ローズブーケ

ローズブーケの女の子らしい香りが魅力的なボディクリーム。比較的香りが残ってくれるので、軽めのフレグランス代わりにも良さそうです。有効成分としてはプラセンタが配合されています。また尿素配合でしっかりお肌を保湿してくれる効果も。こってり硬めのテクスチャなので、乾燥肌の方にも良いと思います。

⒊3エステニー 薬用ボディホワイトナー

美白有効成分である高純度アルブチンが配合されたボディクリーム。こちらはボディ全体に使うというよりは、ひじやひざ・ワキなど、黒ずみが気になる部分にポイント的に使用するタイプのアイテムです。5種類の植物由来成分や、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分も配合されており、お肌のキメを整えてくれる効果が期待できます。

⒊4べっぴんボディ マジックホワイトエッセンス

美白効果や保湿効果・エイジングケア効果で知られるプラセンタが配合されており、メラニン生成の抑制が期待できます。伸びが良くさらっとした使用感なので、日焼けしてしまったあとのお肌のケアにもおすすめ。

またお肌に負担をかけにくい無添加処方なので、敏感肌の方でも使いやすいのではないでしょうか。ヒアルロン酸やアロエエキスなどの保湿成分もしっかりと配合されていますよ。さっぱり使えるのにきちんと保湿できるというのは魅力的ですよね。

⒋美白効果がある食べ物について

⒋1ビタミンC

ビタミンCは、シミやそばかすを作るメラニンのもと「チロシナーゼ」の働きを阻害するはたらきがあります。

ビタミンCを含む食べもの
アセロラ・キウイフルーツ・ゆず・柿・パプリカ・パセリ・ゴーヤ など

ただしビタミンCは熱に弱く、水に流れやすい性格があるので、野菜などは茹でない方がベターです。また、ビタミンCは体に溜め込むことができないため、数回に分けて摂取することで吸収率もアップします。また、柑橘類は夜に食べるようにしましょう。朝などに口にしたあとに紫外線を浴びることで、シミや色素沈着を引き起こしてしまう場合があります。レモン・オレンジ・グレープフルーツなどには要注意ですね!

⒋2セラミド

セラミドには肌を紫外線や雑菌などの外部刺激から守る役割があります。また、メラニンの生成を抑えてくれます。保湿作用もあるため、乾燥肌でお悩みの方にもオススメです。

セラミドを含む食べ物
こんにゃく芋・大豆・小麦・黒豆・大豆・ブロッコリー・牛乳など

1日に必要なセラミド量は0.6〜1.2mgと言われています。これは、生芋こんにゃくであれば、100g程度で補うことができますよ!

⒋3リコピン

リコピンには肌の抵抗力をサポートするはたらきがあります。そのため、酸化などによる肌のダメージを軽減し、美白効果をもたらしてくれます。それだけでなく、シワをケア・予防してくれるので、美容維持の強い味方となってくれますよ。

リコピンを含む食べ物
ミニトマト・トマト・スイカ・ピンクグレープフルーツ・柿・人参など

1日に必要なリコピン量は15mg以上と言われています。これは、Lサイズのトマトであれば2個、ミニトマトであれば15〜17個にあたります。

⒋4L-システイン

L-システインは代謝をサポートし、シミの原因となるメラニンの生成を抑制、さらに角質に沈着したメラニンの排出を助けてくれます。しかしL-システインは食品の中には存在しません。必須脂肪酸「メチオニン」を摂取することで、体内で合成されます。つまり、メチオニンを含む食べ物を意識して摂取することが大切です。

メチオニンを含む食べ物
マグロ・鶏肉・豚肉・牛肉・牛乳・チーズ・納豆・豆腐・しらす干しなど

メチオニンの摂取量の目安は、体重1kgあたり15mgです。例えば、体重40kgの場合は600mg、50kgの場合は750mgになります。摂りすぎには十分注意してください。

⒋5ビタミンE

ビタミンEには肌のターンオーバーをサポートするはたらきがあります。そのため色素沈着してしまった細胞が排出しやすくなり、シミの目立たない肌に近づけてくれます。また血液の循環をサポートしてくれるため、肌の色ツヤを美しく導いてくれますよ。

ビタミンEを含む食べ物
ナッツ類・アボカド・ほうれん草・かぼちゃ・うなぎの蒲焼・いくらなど

1日のビタミンEの摂取目安量は、女性は6.5mg・男性は7mgです。欠乏症も過剰摂取も体に良くないので、気をつけましょう。

⒋6β-カロチン

β-カロチンには抵抗力をサポートするはたらきがあり、メラニンの沈着を抑えたり、肌の炎症をケアしたりしてくれます。それだけでなく、必要に応じて体内でビタミンAに変換されます。ビタミン Aには皮膚の新陳代謝を高める役割があるので、シミやシワの防止につながります。

β-カロチンを含む食べ物
にんじん・しそ・モロヘイヤ・パセリ・ほうれん草・かぼちゃ・にらなど

β-カロチンの適切な摂取量については、まだよく分かっていません。現時点では欠乏症や過剰症に関する報告はありませんが、適切な量を摂取することが一番です!

⒋7エラグ酸

エラグ酸には、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。さらに抵抗力サポートのはたらきもあるため、紫外線やストレスが原因の肌荒れやエイジングを防いでくれます。

エラグ酸を含む食べ物
ザクロ・いちご・ブルーベリー・ラズベリー・アサイー・ナッツ類など

エラグ酸はたくさん摂取しても問題ないと言われています。また、ビタミンCと一緒に摂取することでより良い働きが期待できますよ。

⒌まとめ

美白効果を狙うならしっかりとした普段の食事から見直さなければなりません。今回ご紹介した、食べものを是非とも普段の食生活に取り組んで、理想の肌に近づけるようにしていきましょう。また、ご紹介したクリームはあくまで補助的なものであり、それだけでシミやソバカスが治るとは限りませんので気をつけてくださいね。

 

 

関連商品


美・マジックホワイリッチ

 

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です