今巷で流行りの「プロテインダイエット」を皆さんは、ご存知でしょうか?

今回は、痩せたいけども運動はあまりしたくないし、食事制限もあまりしたくない!という方必見の内容となってます。プロテインダイエットは、効率的に身体に筋肉をつけることで、新陳代謝を上げて痩せやすくする方法です。是非とも取り入れてほしいダイエット方法なので試してみてください。

⒈ソイプロテインとは?

⒈1ソイプロテインについて

ソイプロテインの原料は、その名の通り大豆のタンパク質部分だけを粉末にしたものです。タンパク質の比率を高め水分や糖質、脂肪を減らし植物性タンパク質を効果的に摂取できるようになっています。価格が比較的安いことも特徴の一つです。

⒈2ソイプロテインのメリット・デメリット

ソイプロテインはカゼインプロテインと同じく消化吸収速度がゆっくりのため、満腹感が持続しやすいです。加えて、大豆に含まれるイソフラボンの効果で皮膚や骨の強化、血流改善が期待できます。

一方で、溶かしたときに粉っぽくなってしまい、他のプロテインと比べて飲みづらくなることもあるようです。少量のぬるま湯で溶いてダマにならないようにしてから水を加えるなど、飲みやすくする工夫が必要です。最近では、溶けやすく改良された商品も多く発売されています。

こんな方におすすめ
満腹感が持続しやすいためダイエットをしている方にはもちろん、健康維持をしたい方にもおすすめです。女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っているので、肌の張りを保つ効果や、女性らしい体のラインをキープしたい方にもおすすめです。

⒉ソイプロテインを飲むタイミングと飲み方について

⒉1ソイプロテインを飲む最適なタイミングとは?

ソイプロテインを飲む最適なタイミングは、起床時、間食、トレーニング前、トレーニング後、就寝前です。最初に言っておきますが、上記の全てのタイミングでソイプロテインを飲みましょう、と言っているわけではありません。食事からタンパク質が摂れるのであれば、そちらを優先していきましょう。

それでは話を戻しましょう。ソイプロテインはホエイプロテインと違い、消化吸収に時間がかかりますが、プロテイン自体は粉状のサプリメントなので、タンパク質を含む固形の食べ物を食べるよりも消化するのに胃腸に負担はかけにくい、と言えます。ですので、先ほど紹介した4つのタイミングでソイプロテインを飲むことをおすすめしています。

起床時であれば、前日の食事からタンパク質を摂っていない状態なので、体内になるべく早くタンパク質を送る、という意味でもソイプロテインを飲むのは有効だと思います。また、食事と食事の間が数時間空いてしまう間食事のタイミングでは、消化吸収の時間のかかるソイプロテインを飲むのは筋肥大や筋肉量の維持などにも効果を発揮します。

何故なら体内(血液中)に常にタンパク質(アミノ酸)がある状態の方が筋肉もつきやすいし維持もしやすいからです。あと、トレーニングの30分や1時間前にソイプロテインを飲んだ場合、消化吸収遅いソイプロテインはちょっと胃腸に負担をかけやすくなるので、おすすめしにくいです。しかし、トレーニングの2時間以上前に飲むのであればソイプロテインを飲むタイミングとしては良いと思います。

最後にトレーニング後のプロテインですが、一般的にはホエイプロテインを飲みましょう、と言われています。しかし、ホエイプロテインとソイプロテインを飲んだ場合の違い(筋肉のついた量など)などは幾つかデータは出ているもののハッキリとした証明はありません。また、それを証明できたとしてもホエイプロテインとソイプロテインを飲んだ違いの差が目に見えるほど大きくつくわけではありません。

なので、ソイプロテインしか飲んでいない場合は、トレーニング後にしっかりソイプロテインを飲んで筋肉をつけていきましょう。(もちろん、ダイエットにも有効です)それに最近流行っているボディービルの1つ下にあたるフィジークというかっこいい体を競う大会でソイプロテインしか飲まずに体を作り上げて優勝している選手もいるくらいですから筋肉がつきにくい、なんてことはありえません。是非参考にしてください。

⒉2プロテインを飲む時の3つの注意点

水で割って飲むこと

増量の時は、牛乳やスポーツドリンク、果汁ジュースで割ることで摂取カロリーが上がるので良い飲み方になるのですが、減量ではこれをやると太る確率が高くなるので、なるべく水で飲んでいくことをおすすめします。

また、筋トレ後だけは例外でプロテインと糖質を一緒に摂ったほうがタンパク質が筋合成をしやすくなるので、果汁ジュースなどで割って飲んでいっても良いと思います。その代わり、摂取する量を少なめにしたほうが良いでしょう。あくまでも減量のために飲むのですから。(人にもよりますが、200mlくらいが目安)

胃腸の調子が悪い時には無理に飲まない

いくらプロテインを飲むタイミング(時間)が来たとしても、その時に胃腸の調子が悪くて膨満感があったり、食欲が無かったりしたら、無理にプロテインは飲まないほうが良いでしょう。余計に代謝を落としてしまい、太りやすくなる可能性があるので、そういう時は、無理に摂らずに水分だけはこまめに摂るようにしましょう。

最初から食事の代わりとして飲まない

これも大事なのですが、プロテインを肉や魚などを食べる代わりに主食として飲むのは止めましょう。あくまでもプロテインは、減量するために必要な分のタンパク質が摂れない時に補助として摂取するサプリメントです。決して、タンパク質を摂取する為の主食として摂るものではありませんので、そこは勘違いしないようにしていきましょう。

プロテイン自体がただの粉末でなので、腹持ちが良くないから空腹になりやすく、主食としては向いていない、というのもありますけど。これは、女性でよくやりがちな行為だと思うので、もしあなたが女性であれば、気をつけて欲しいところです。

⒊プロテインでダイエットできるのか?

⒊1プロテインダイエットとは?

プロティンダイエットとは、タンパク質ダイエットというように訳せます。プロティンと聞くと、筋肉を作るトレーニングを想像してしまいますが、実はダイエットにもいいんです。なぜなら、プロティンであるたくぱく質は体を作る元となるからです。プロティンを取ることで筋肉ができ、筋肉は脂肪よりも消費カロリーが高いのです。

だから、脂肪を筋肉に変えることで痩せやすい体になります。これを目的としたのがプロティンダイエットです様々なダイエット方法の中でも注目されています。でも、脂肪が筋肉になったらムキムキの体になってしまうのでは?と思いませんか?プロティンを摂取したからと言って、筋肉はそこまでつきません。適度に運動すれば、筋肉はそこそこついて体は引き締まります。

プロティンダイエットは、痩せるのと体を引き締めるのを同時に行うダイエットなんです。だから、プロティンダイエットは健康的に痩せれるダイエット方法なんです。成功すれば、理想的な体を手にいれる事ができます。健康的に痩せて、さらに痩せたいという人向きのダイエットです。

プロテインダイエットの方法とは?

プロティンダイエットの方法は、2種類あります。一つは、プロティンを食べ物から摂取する方法です。これは、タンパク質を多く含む食べ物を積極的に食べる事です。肉や魚はタンパク質を多くふくみますが、余分な脂質を多く摂取してしまう可能性があります。

そのため、豆腐や大豆などの植物性タンパク質を摂取するようにしましょう。もう一つのプロティンダイエットの方法は、プロティンダイエットとつくダイエット食品から摂取する事です。

ジュースのようなものもありますし、リゾットタイプもあります。プロティンダイエットで成功するには、どちらかというとダイエット食品を利用した方がいいとは思います。その方が効率的だからです。植物性のプロティンを食べ物からとろうとすると、どうしても脂肪などの他の栄養素まで摂取してしまいます。それは、料理で味つけする過程でしょうがない事です。だからプロティンダイエットは、ダイエット食品でやるのがいいです。

⒊2効果的な飲み方は?

プロティンダイエットの効果は、一言でいうと引き締まって痩せる事です。プロティンはタンパク質なので、筋肉の元となります。なので、プロティンを飲んで運動すると筋肉ができやすくなり、さらに代謝もアップします。プロティンダイエットの効果は引き締まって痩せるのです。

プロティンダイエットで痩せた人は運動を欠かさずしています。運動をしないと引き締まった体にはなりません。プロティンダイエットは、ダイエット食品をとるだけで痩せますが、引き締まったから体を作るには運動が不可欠です。プロティンダイエットは楽なダイエットではないのです。

効果的な飲み方は?

プロティンダイエットの飲み方は、置き換えダイエットがあります。置き換えダイエットとは、3食のうち1食か2食をプロティンダイエット食品に置き換えるダイエットです。そうする事で、1日の摂取カロリーを減らしてプロティンを摂取する量を増やします。そして、痩せていきながら筋肉をつけていくんです。

プロティンダイエットの飲み方は、食事の代わりに飲むんです。プロティンダイエットで大事なのは、プロティンダイエットをしながら運動する事です。プロティンは筋肉を作る元ではありますが、筋肉は運動しないと作られません。なので、プロティンダイエットと運動を組み合わせてダイエットしましょう。そうすれば、引き締まった理想的な体を手にいれれます。

そして、私のおすすめは少しずつ数回に分けてダイエット食品を食べる事です。プロティンダイエットのダイエット食品は、腹持ちがあまり良くないものが多いです。そのため、お腹が空かないようにするには数回に分けて食べるといいです。

⒊3価格帯はどれくらい?

プロティンダイエットの価格帯は、私が調べたところ大体1食200円~300円です。ウイダーウエイトダウンプロテインは1食100円~150円です。プロティンダイエットは1食で買うようなものではなく、一ヶ月単位の30食分などのように、まとめて一パックになっている場合がほとんどです。

なので、一パックで9000円ぐらいが相場になります。一食単位で売らないのは、ダイエットなのである程度は続けないと意味がないという事です。一食300円ぐらいならば、学食並みの安さです。なので、夜ご飯を学食にしたと思えば安いダイエット食品だと思います。プロティンダイエットの価格帯は、300円ぐらいですが、あまり安いと中身が心配です。

ダイエット効果を期待するならば、平均値のものを買うといいです。それよりも安いと、ダイエット食品の栄養が偏っていたり、味が悪かったりします。また、化学物質をたくさん含んでいるのも考えられます。だから、プロダイエット食品は平均の価格帯の方がいいです。また、大手のメーカーならば品質に信用ができます。

⒋おすすめのプロテイン!

⒋1マイプロテイン(MYPROTEIN)

ヨーロッパで一番売れているプロテインです。2017年現在、圧倒的な安さを誇ります。一杯当たりの値段が50円以下と、2位以下を大きく引き離しています。ビタミン、ミネラルは未配合ですが、タンパク質含有量が84%と非常に高く、BCAA 4.5g、グルタミン 3.6gが添加されており、品質も申し分ありません。さらに驚きなのが、そのフレーバーの多さです。

ピーチティー味、チーズケーキ味、ナポリタン味など、53種類も用意されています。味も、海外プロテイン特有の甘ったるさがなく、泡立ちも少ないため美味しいです。ちなみにナポリタン味は、イチゴチョコのような味でした。意外だったので調べたところ、イギリス発祥の3色アイス(バニラ+ストロベリー+チョコ)を、ナポリタンと呼ぶそうです。スパゲティのナポリタンではないので、ご注意ください。

⒋2ウェイトダウンショット

ダイエットのために生まれた、日本製のプロテインです。

ソイプロテインだけではなくコラーゲンも配合。

チアシードも入っており腹持ちが良いのも大きな特徴です。

しかも1食300円台!

それなのに甘いココア味で満足感も抜群♪

リピート率も高いので是非試してみてはいかがでしょう?

ウェイトダウンショットの公式サイトはこちら

⒌まとめ

最近流行りのプロテインダイエットも効果的に運動を取り入れてやらないと、効果がありません。ただ飲んで痩せるわけではないので、しっかりと適度な運動も取り入れてダイエットを行ってくださいね。また、食事もしっかりとバランス良く摂るように心がけてください。

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

キャンドルブッシュが脂肪を排出!?TVでも紹介されたスリムボディをゲットできるダイエットサプリ「スラミーゴ」とは?

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です