短期間で劇的に痩せたいけども、そもそもそんな方法はあるの?

そんな方のために、今回は短期間で効果的に痩せる事ができるダイエット方法についてご紹介してます。痩せたいけども、どうすればいいのかわからない。また、痩せるためにはどのような食事を取ればいいのかわからない。といった方も是非とも参考にしてもらいたい内容です。

⒈リバウンドはなぜ起こるのか?

⒈1リバンドする原因とは?

リバンドが起こる原因には、ホメオスタシス(恒常性)という働きが関与しています。人間の体は、一定の状態を保つ働きが備わっており、気温が高いと汗を出して熱を放出します。また、体温が低下し寒さを感じると、体を震わせて熱を発生させ、体温が下がるのを防ぎます。このようなホメオスタシスによる機能は、体温に限らず、体重や血糖値などにも関わっています。

急な体重の減少や、摂取量を極力抑えた食事制限により摂取エネルギーが減少すると、体は危機的な状態であると判断し、ホメオスタシスの働きでエネルギー消費が抑制されます。体重低下にも歯止めがかかり、それ以上体重が減少することはなく、摂取エネルギーを過剰に蓄積しようとする。これを停滞期と呼びます。

ダイエットを中止して元の食生活に戻るようになっても、体はエネルギーの過剰蓄積を止めず、エネルギーの消費を抑制してしまい、再び太ることになります。また、運動をせず、食事制限だけを行ったダイエットの場合では、体内からたんぱく質が不足する可能性がある。タンパク質は筋肉を構成する作用があるため、筋肉量が減り、基礎代謝の低下が起こります。

基礎代謝とは、何もしていない安静時でも消費されるエネルギーのことです。ダイエットにおいて基礎代謝の働きは大きいため、低下するとダイエットも成功しないと言われています。

⒈2リバウンドを防ぐ方法はあるの?

リバウンドを防ぐためには、適度な運動が重要です。体重を急激に落とさないためにも、過剰な食事制限はせず、適度に食事量を抑え、筋肉を落とさないように心がけます。また、運動は脂肪燃焼効果が期待できる有酸素運動も良いが、基礎代謝や筋力をアップさせてくれる無酸素運動も適度に取り入れた方が良いです。

⒉ダイエットで大事な事

⒉1必ず3食食べる事

食べなきゃ痩せるのは誰でもわかっていますが、ここにも大きな間違いがあるのです。何でもかんでも「太るから」といって。食べない事はダイエットには逆効果です。ずっと食べないでいられるなら、それでも良いのでしょうが、生きるため、そして健康でいるためには食事は重要な手段です。無理なダイエットをして健康害してしまったら、元も子もありません。

ダイエットを成功された方の例を見てみてもお分かりになるかと思いますが、みなさんは食事を抜くということはあまりしません。基本原則として朝・昼・晩の3食をキチンと食べています。ではなぜ、3食食べてダイエットに成功できているのでしょうか?何が重要なのでしょうか?

⒉2食事内容について

3食食べながらダイエットすることがもっとも成功に近いダイエット法です。食べると痩せるという言葉は対義語のようなイメージがありますが、そうともいえないのです。ポイントは、どれだけ食べるか?ではなく、何を食べるか?なのです。カロリーが少ないからといって、こんにゃくばかり食べていても、続きませんし、おそらく体力がガクッと落ちるでしょう。第一、ダイエットが続かないでしょう。

低カロリー&低糖の食事をすることで、一日のカロリー摂取量をセーブでき、成功へ近づきます。

⒉3食べ合わせが重要

カロリーばかり気にしていると、ダイエットが思うように進まないことがあります。その原因は「糖質」。よく耳にするのが「炭水化物抜きダイエット」が続かないという失敗例。日本人は白米が大好きです。生まれてから、毎日のように食べているのに全然飽きることがない。これってとても不思議なことですよね?

麺やパンを毎日食べているときっと飽きるという人が多いかと思います。しかし、白米は飽きるということがない。それはあなたの脳があなたへ「白米」を摂取しなさいと指令が出ているのです。白米の糖質は非常に高く150g(お茶碗一杯程度)あたり約55g程度、糖質があるといわれています。白米だけではありません。主食といわれている、パンや麺類でも、糖質は高いといえます。

だたこれらを食べてはダメということではなく、食べる量とタイミングを考えるということがポイントとなり、またカロリーばかりに意識がむいてしまうとよくありません。白米の食べる量は極力するなくする、そして食べるタイミングは一番最後にする。食べ順ダイエットでも紹介されています。また、盲点なのは野菜や果物です。

野菜や果物はヘルシーだよいって、たくさん食べていると太ることもあります。野菜でいえば芋は糖質が多くふくまれていて、果物にも多く含まれています。糖質は血糖値を急激にあげます。急激に上がると脂肪として蓄積されますので、食べる順番を考えながら食べましょう。

⒉4運動して筋力をつける!

痩せる為には、運動も欠かせません。運動で脂肪を燃焼させる意味もありますが、それよりももっと重要な筋力アップをさせる目的があります。基礎代謝という言葉がありますが、私達は毎日たくさんのエネルギーを使って動いています。運動をしている時ではなく、脳、臓器、筋肉など、これからが日々動いているのはエネルギーを使っているからです。呼吸するだけでも肺が動きます。心臓も常に動いています。

基礎代謝は全エネルギーのうちに約70%といわれています。運動で消費されるのは約30%程度。この基礎代謝をあげるには、筋肉量をアップさせることが重要です。筋肉は脂肪を燃やしてエネルギーに変換します。筋肉が少ないと脂肪の燃焼も少なく痩せにくい体といえます。基礎代謝があがれば、普段何もしなくても、太りにくい体になります。

年齢を重ねて、「急に太りやすくなってきた」という方は、この基礎代謝の低下が主な原因です。筋力が落ちて基礎代謝が落ちているのに、食べる量は変わらない、このような経験ありませんか?年齢にあわせた食事内容にするか?それとも基礎代謝アップのために、筋肉量を増やすかしていかないと、太る一途をたどってしまいます。

⒊短期ダイエットでおすすめの方法について

⒊1目標設定の方法について

ダイエットの基本は摂取カロリーを消費カロリーよりも減らすことです。でも、食べてはいけないと思うほど食べたくなるからダイエットが続かないんですよね。たった1週間、もしくは2週間と期限を決めてやってみてはいかがでしょうか。体重を○kg減らそう!と思うと思うように減らなかった場合に挫折しやすくなります。そうではなくて、いつまで○○をする、とやる事柄を決めてみるのです。

寝る前のアイスクリームは食べない、スナック菓子は食べない、毎日スクワットをするなど、何ヶ月も続くと思うと難しいことも、たった1〜2週間ならできるのではないでしょうか。

⒊2食事制限は必須

短期間で減量するためには食事制限は必須です。動くために必要な栄養は摂りながら、余分なカロリーは徹底して減らしていきましょう。

摂取カロリーを抑えること

短期間で痩せるためには摂取カロリーを抑えることは必須です。1日1000~1200kcalに抑えるようにしましょう。1食あたりにすると400kcal以下ということになりますね。朝はまだしも、昼と夜は結構大変そうです。昼は会社の人と食べる機会などもあり、自分の都合で選べない場合もありますね。その場合は夕食を軽くするなどの工夫が必要です。

例えば、朝は、シリアル+ヨーグルト+フルーツ、野菜スープ+雑穀米のおにぎり、野菜スープ+チーズトーストなど、野菜やフルーツを摂りつつ、エネルギーに変わりやすい主食もプラス。

夜は、鶏ムネ肉、豚ヒレ肉など脂身の少ないたんぱく質を蒸すなどして油を使わずに食べる、蒸し野菜のポン酢がけ、焼き魚、こんにゃくステーキ、野菜たっぷりの雑炊、シーフードリゾットなど、脂質を低く、かつたんぱく質や食物繊維は摂れるような食事内容を心がけて下さい。たんぱく質はかみ応えもあるので満腹感を感じやすい食材です。食べ物の選び方次第で、2週間くらいで数kg落とすことは可能でしょう。

とにかく食欲を抑えること

摂取カロリーを抑えたいので、何よりも食欲を抑えることが必要になってきますね。食欲さえ感じなければ、食事の量を減らすことも辛くないのですから。そのためには、ガムを噛む、炭酸水を飲む、すぐ食べられるお菓子などをおかないなど、食べない工夫をしましょう。また、食事の順序は「ベジファースト」。食物繊維が豊富なたっぷりの野菜から食べることで、お腹がふくれて食べ過ぎを抑えられます。

⒊3生活習慣を見直す

食事のカロリーを見直すと同時に、痩せやすい身体を作るための生活習慣を身につけることも大切です。何年にも渡って脂肪のつきやすい身体になってきたということは、生活自体が「太りやすい要素」が一杯になっている可能性があります。

便秘を解消して腸をすっきりさせる

便秘がちな人は、腸の中に溜まった便を出すだけでも体重が1kgくらいストンと落ちます。かといって、下剤を多用するのはよくありません。1日の摂取カロリーを考慮した上で、乳製品や発酵食品を多めに摂ることを心がけて下さい。おすすめなのは乳酸菌などを摂って腸内環境を整えつつ、腸のマッサージをすることです。おへその周辺、大腸の当たりを少し強めに上から押します。

右の下腹部をスタート地点として、時計回りに押して下さい。5~10分くらい続けていると、腸が動き出してお腹がぽこぽこいってきます。寝る前に横になってやるといいですよ。

むくみをとって代謝を上げる

痩せにくいのは身体の巡りが悪く、基礎代謝が低下しているからです。1週間でもいいですから、お風呂にしっかりつかり体温を上げる、寝る前にふくらはぎのリンパマッサージをして全身の巡りを良くする、ということを、毎日やってみて下さい。身体の巡りをよくして老廃物を排出すると、むくみも改善されて全身がスッキリ!代謝アップして痩せやすい身体を作ります。食事制限や運動などの成果が出やすくなりますよ。

⒋痩せたい方におすすめしたい食事

⒋1健康的にダイエットする方法について

ダイエットでは、食事量を減らす、何よりも運動が大切、筋肉量が増えれば基礎代謝が向上する、など様々な方法や理論があり、結局のところどんなダイエット方法がいいのかと思う人もいるのではないでしょうか。色々なダイエット方法を試しても、効果の出る人もいれば、全く効果のない人もいます。

この原因として挙げられるのが、自分に合ったダイエット方法を選択していないという点が挙げられます。自分に合ったダイエット方法とは、生活スタイルに適しているダイエット方法ということです。例えば、仕事によってしっかりと体を動かしている人なら、運動をすることよりも、ストレッチをしたり、食事の摂取カロリーに注目する方が効果的です。

事務仕事で普段運動を全くしていないという人なら運動をすることが効果的なダイエットとなります。このように、自分の生活スタイルを思い出し、自分にとって何が最も効果的なのかを考えてダイエット方法を選ぶことが、健康的なダイエットにつながります。

また、ダイエットで、最も効果的で短期間に結果が出るのが食事制限ダイエットです。しかし、食事制限といっても、過度な制限をしてしまうと体に悪影響を及ぼします。体をしっかりと使うような生活をしている人は、体を動かさない人と比べ多くの摂取カロリーは必要になり、体を動かすために必要なカロリーを摂取していないと体調を崩してしまうのは当然です。このような人の場合には、食事ではバランスが重要です。

お腹が空いたからといって、ご飯などの炭水化物を大量に摂取していたのでは当然ですが太ってしまいます。肉や魚、野菜などもしっかりと摂取してバランスの良い食事を心がけるだけでも、特別なダイエットをしなくても効果があります。体を動かさないような生活をしている人の場合には、食事制限から始めるのではなく、毎日の生活の中のどこかで運動をすることが大切です。有酸素運動がおすすめです。

今までの食事量を保ちながら運動をするだけで、ダイエット効果を実感することができます。このように、健康的にダイエットをするには、今自分に何が足りていないかを考え、その部分を補うことが大切です。

⒌まとめ

簡単なダイエット方法には、必ずと言っていいほど「食事」と「運動」が大切になってきます。これに関しては、もうダイエットの基本ですよね。しっかりと、理想の体に近づけるように継続して諦めずに続けて行ってくださいね。

関連商品


ブラックインフェクション

デブ脳から痩せ脳に変換を促す
まったく新しいアプローチのサプリ

2,980円

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です