短期間で簡単にダイエットできたら…と夢見る人も多いですが、意外に簡単に短期間で結果を出す方法は、あったりもするんですよ!

今回は、そんなダイエットで悩んでいる方に必見の短期間で効果が出るダイエット方法をご紹介してます。これまで、何度も失敗してきた方には本当におすすめの方法ばかりなので、是非ともご参考にしていただき取り組んでいただけたら幸いです。

⒈短期間でできるダイエット方法

⒈1短期間ダイエットでおすすめの方法は?

短期間でダイエットする方法としておすすめの方法は、置き換えダイエットです。置き換えダイエットは、普段の食事を低カロリーな食品などに置き換える事で、摂取カロリーが低くなりますので、高い確率で痩せると評判で、しかも短期間で効果が現れます。

置き換えダイエットの方法として、3食のうち1食か2食をダイエット食品などの低カロリー食品に置き換えますが、短期間でより効果を出すには、2食置き換えると効果を実感しやすくなります。ダイエット食品は、通販やドラッグストアで購入できるダイエットシェイクや低糖質などの食品があります。また、おからや豆腐などの低カロリー置き換えダイエットに最適です。

ダイエット食品は、カロリーは低いけども、栄養面がしっかりしているので、片寄った食生活にならないのがメリットですが、普通の食事よりも値段が高いのがデメリットです。プロテインシェイクなどは高価なものもあります。そのため、短期間の間に痩せてダイエットを終わらせるのがおすすめです。置き換えダイエットでは、酵素ドリンクも人気が高いです。

⒈2食事を変えて短期間ダイエットするなら?

食事を食べながら短期間でダイエットするなら、普段と違う食事にしなければいけませんが、食事をガラリと変えるわけではなく、少し工夫してみましょう。例えば、ご飯をお粥に変更したり揚げ物のメニューを煮物に変え、できるだけカロリー摂取を控えます。

1日の摂取カロリーの平均は、1800Kcalから2200Kcalとされていますが、男女により摂取カロリーも違い体型によっても異なり、運動量にもより左右されます。今は、検索すればネットで自分の平均摂取カロリーが出せるので、ご自身の一日の摂取カロリーがどれくらいなのか把握しておく事が第一です。食事を変えて短期間ダイエットをする場合は、普段の摂取カロリーを200Kcalから400Kcal減らすだけでも十分に効果はあります。

あとは、食事はゆっくりと噛んで食べるようにしましょう。よく噛んで食べれば、アゴを動かすので満腹感が得やすくなります。また、一つの方法ですが、ご飯をお粥にすれば、少ないご飯でもいつもの食事と同じぐらい食べている気分になりますのでおすすめです。その他、食事の前にお茶や炭酸水を飲んで空腹感を減らすのも大丈夫です。

食事を変えて短期間ダイエットの場合は、極端に摂取カロリーを減らしているわけではありませんので、ダイエット効果はそれほど高くありません。

⒈3食事制限をするなら?

食事制限は、短期間ダイエットには効果的で、早くて数日でも痩せれるので「友人と海に行く約束をしたけど、ここ最近食べ過ぎて太ってしまったから、すぐに痩せないといけない‥」など、急に必要とするダイエットでも有効なダイエット方法です。食事制限を取り入れて行っている方は、短期間で痩せたいという方が多く1週間で3kg~5kgほど痩せていたり1ヶ月で7kgから10kg痩せたという人もいました。

しかし、食事制限のダイエットは停滞期というのがあり行い始めは体重が落ちやすいものの1ヶ月後、2ヶ月後は変化を感じられない事がある為今すぐにでも痩せたいという方が向いているダイエットです。

短期間ダイエットの食事制限は色々な方法がありますが、より大きなダイエット効果を得たいなら、毎日、朝一食のみという方法が早く痩せることができますが、始めて行う方は非常に辛いダイエット方法になりますので、朝だけだと空腹に耐えれないという方は18時以降の食事を控えるという方法もあります。

⒉ダイエットで大事な事とは?

⒉1環境とメンタル管理について

ダイエットはメンタルで決まる

ダイエットを成功させる上で必要な知識は色々あります。体重の測り方や、脂肪燃焼のメカニズム、消費カロリーの計算など。しかし、それらは理論であり、実行する本人が行動に移せなければ意味がありません。

ストレスを無くす事が最善

太ってしまう人のほとんどが何らかのストレスを抱えていて、そのストレスを解消するための代替行為として食べ過ぎになっていることが多いのです。なので、食べ過ぎを止めるためには、その根本的な原因となっているストレスを取り除くことが重要です。

環境による影響も重要です

子育てや職場環境、食事環境など、環境が原因となって太ってしまう人も多くいます。ダイエットはまず環境づくりから入ることが本来は必要なことです。例えば、職場でお菓子が配られて食べないといけない、子供の残したご飯を食べてしまう、家族が買ってくるお菓子が常に部屋に置いてある…など、ダイエットを進める上で、まず環境の改善から取り組むことが重要になることもあります。

⒉2心のエネルギーの管理力

ダイエットの開始、つまり生活習慣を変えるということは、心にとって新たなストレスとなります。人間は心の余裕のない時に大きな余裕のエネルギーを使う行動はできません。

心に余裕のない状態でダイエットはできない
多くの人が仕事や家事育児で心の余裕があまり無い状態です。その僅かな余裕の範囲内でできる事をしないと、パンクして大きなストレスや反動となって返って来ます。

ダイエット失敗で食欲爆発する理由
ダイエットを続けていたがある日、糸が切れたように食欲が爆発する人がいます。単にそのダイエットを諦めて止めてしまうだけならいいのですが、今までの不満をぶつけるかのように過食に走ってしまう場合、心の余裕を失うような過度なダイエットのストレスが反動となって返って来ているのです。

自分が好きになれるような方法
そのダイエットを続けることは他人の目から見ても羨ましく、自分自身でも健康に良いことをしている、頑張っている自分が好きになれるような方法なら、ストレスを感じずにすむだけでなく、より努力を後押しする活力を産んでくれます。断食や極端な食事制限、偏食や薬に頼るような方法で、自分が好きになれますか?

⒊ダイエット時の食事について

⒊1カロリーに注意する

食べ過ぎていたら他になにをしたって絶対に痩せません。ですからまずはやはりカロリーに気をつけることは大事ですよね。太るか痩せるかということは消費カロリーと消費カロリーのバランスなのです。消費が大きければ痩せる。摂取が大きければ太る。ダイエットの理屈の原則は単純にカロリー収支の算数なのです。

ですから自分が1日に食べている食事が、おおよそ何キロカロリーくらいなのか、全く見当もつかないということでは雲をつかむような話になってしまいます。1度カロリー計算をしてみましょう。

カロリー計算は面倒くさい

そういうイメージがあるかもしれませんが、なにも毎食必ずカロリー計算をして献立を決めましょうなんてことではありません。例えば自分の食事のおおよその摂取カロリーを知るために、3日間だけやってみるとか、カロリーの本やサイトを見てみて、自分の食事量がどのくらいのカロリーなの調べてみるとか、そういったことでかまいません。

最近ではスマートフォンで写真を撮るだけでカロリー計算できるアプリなんかもありますしね。一度カロリー計算をしてみることをお勧めします。ダイエットの時には基礎代謝程度まで食事のカロリーを抑えることを目標にするのがいいです。基礎代謝も個人差がありますが、女性は 1200kcal程度、男性は 1700kcal程度、そのくらいに抑えるのがいいです。

⒊2一汁三菜の食事

でも、カロリーが低ければ必ず脂肪が落ちるかといったらそうではありません。食事の内容や食べ方などによって変わってくるのです。算数のように単純にいかないのがダイエットなのです。例えばカロリーはしっかり落としているんだけど、野菜を食べる量が少なくてビタミンやミネラルが不足していたとします。脂肪を燃やすためにはビタミンの力が必要なんです。それが不足していたら効果的に脂肪は燃えないのです。

あるいは肉や魚を減らしすぎてタンパク質が不足してしまったら筋肉が落ちやすくなります。体重が落ちたと思っていてもそれは脂肪ではなく実は筋肉が落ちていたなんてこともあるのです。

また、頑張りすぎて極端に食事を減らしたりすると、身体が飢餓モードになってしまって基礎代謝がガクンと落ち、かえって脂肪が燃えにくくなってしまうなんてこともあるのです。栄養バランスを整える必要もあるのです。

ちょうど先週までダイエット教室では、「六大栄養素の話し」をしていました。普段から摂り過ぎの傾向なのは「糖質」と「脂質」です。ダイエットの時には「タンパク質」の不足には気をつけないといけないです。不足がちな栄養素は「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」です。

でもね、じゃあ実際になにを食べたら栄養バランスが整うのか?それを考えながら食事をするのは知識も必要ですしけっこう大変です。ですからなるべく栄養バランスが整いやすい食事の習慣を身につけてしまうのがいいです。

そこでおすすめするのが 「一汁三菜」の食事です。一汁三菜とは温泉の旅館の朝ごはんのように御飯と味噌汁と複数のおかずが並んでいるスタイルのことを思い浮かべていただけたらいいですね。

【主食】
エネルギー源となる糖質が補給できます。白米やパンや麺類ということになるでしょうが、出来れば胚芽米や玄米、雑穀米などを増やすと更にいいです。

【汁物】
やっぱ味噌汁がいいですね。ごはんとのアミノ酸バランスがよいです。その都度いろんな具を入れるようにしましょう。ただし、塩分のとり過ぎにならないように注意しましょう。

【主菜】
タンパク質と脂質が補給できます。なるべく大豆製品など植物性のタンパク質を増やすよう心がけましょう。動物性のタンパク質は魚類を主にして、肉料理は少し控えめにして、なるべく脂分の少ないモモやヒレ肉などの赤身の部位にするのがいいでしょう。

【副菜】
ビタミン、ミネラル、食物繊維が補給できます。副菜は大事ですよ。野菜や海藻、きのこや小魚などの魚介類を使った献立を工夫しましょう。いわゆる昔ながらの「おふくろの味」が身体の健康を守ってくれるのです。

【副々菜】
酢の物やつけもの酵素食品や発酵食品を意識するといいでしょう。

⒊3単品の食事はバランスが悪くなる

ダイエット時は食事の量を減らすわけですし、あまり料理に力を入れないで済ましがちです。だからつい麺類やパスタ、丼ものやカレーライスなどの、単品の献立になってしまう人が多いです。なんとなくそのほうが痩せられそうな気がしちゃうんですが、でも逆なのです。なるべくなら上に書いたよう、一汁三菜の食事を心がけるのがいいですね。

単品の食事は栄養のバランスが悪いです。栄養バランスが悪い食事は腹持ちも良くないです。

⒋おすすめのダイエットアイテム!

⒋1ダイエットスリッパ

いまや大型量販店でも直接買うことができるようになった「ダイエットスリッパ」。一度は試してみたいけど、効き目があるのか心配!そんな声が多く聞かれます。

確かに、かかとが無い状態のスリッパを履いただけで、痩せられるなんてことが本当にあるのでしょうか?心配ご無用!こちらのダイエットグッズ、色々な効果が見られるそうですよ。

ダイエットスリッパを履くことによるダイエット効果は、ウエストのくびれと美脚効果だそう。かかとが無いスリッパを履くと、背筋に50%、腹筋に50%とバランス良く負荷がかかるので、筋肉がバランス良く付くのが利点。

真っ直ぐに立たないとよろけてしまうため、自然と姿勢も良くなります。姿勢が良くなると、肩甲骨周りの褐色脂肪細胞が刺激され、溜め込んでいた脂肪も燃焼しやすくなるそうです。

⒋2金魚運動マッサージ機

この「金魚運動マッサージ機」も、気になるんだけどなかなか買うまではいかないダイエットグッズですよね。足の疲れを取るには良さそうだけど、ダイエット効果まで期待できるの?と思っている人も多いようです。

金魚運動マッサージ機の利点は、寝転びながら体を動かせるという点です。ダイエットのためには何かしなくちゃいけないけど、動きたくないというのんびり屋さんにはピッタリのダイエットグッズかも。金魚運動マッサージ機を使った運動が、本当に脂肪を燃焼させるのかという実験では、脂肪代謝率がアップしたことが立証されています。

⒌まとめ

簡単にダイエットができることが皆さんにもお分かりいただけたかと思いますが、基本的にダイエットを行うにあたり、規則正しい生活習慣やバランスの良い食事また、適度な運動さえしていれば太ることもないので、しっかりと普段の生活から気をつけて行くように心がけてみてくださいね。

関連商品


Blucky

黒い成分で統一されたダイエットサプリ

2,980円

 

【最新トレンド速報】2018年2月、美容・ダイエットetc人気記事ランキング!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です