炭酸水が美容効果あるって知ってましたか?

今回は、炭酸水に秘めた美容効果について詳しく解説していくとともに、炭酸水がいかに美容に大切な成分を含んでいるのかを分かりやすくまとめてみました。是非ともお肌のトラブルなどでお困りの方は参考にしていただけたら幸いです。おすすめ商品も合わせてご紹介してますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

⒈炭酸水が美容に効くのか?

⒈1美容効果のある炭酸水とは?

ご紹介する炭酸水とは、ブドウ糖や砂糖が入っていない糖分ゼロの水と二酸化炭素のみで作られている炭酸飲料のことです。糖分もカフェインもゼロなので、ダイエット中でも夜でも気にせず飲むことが出来るのであらゆる世代の方にお勧めです。

⒈2炭酸水を飲むと体の中でどんな事が起こるの?

私たちの体は、日々の生活の中で疲れを溜めこみます。疲れは、睡眠やストレス解消によって取り除くことが出来ますが、仕事や家事に追われている、不規則な生活を送っているなど休息することが難しい方はなかなか解消出来ませんよね。そんな時には栄養ドリンクを飲んでいる方も居るかもしれませんが、実は炭酸水を飲むことで疲労回復効果が期待できるのです。

疲労の原因は、体内に溜めこまれた乳酸です。炭酸水は、この乳酸を退治してくれるので、疲労そのものを取り除いてくれるのです。疲れやすい方は、疲れた時や疲れを溜めこむ前に、炭酸水を定期的に摂取することをお勧めします。

⒈3肌にどのような効果があるのか?

炭酸水の効果は、疲労回復だけではありません。便秘を解消して肌の調子を整える効果があります。炭酸水が体内へ入ると胃に流れ込みます。胃は、炭酸の作用によって刺激を受け腸内運動が活発になります。腸内運動は、便秘やガスの排出を促しますので、便秘や吹き出物に悩んでいる方にお勧めです。

便通を良くする薬に頼るよりも、炭酸飲料を飲んだ方が体には優しく作用しますし、どれだけ飲んでもカロリーはゼロです。また、炭酸は血中にも作用し、新陳代謝を上げる効果があります。代謝アップは、体温を高めて血流を促進するので、血液循環の停滞による肩コリや首コリの解消やダイエット効果も期待出来ます。

⒈4ダイエットに炭酸水が効くのか?

炭酸飲料は、飲むだけで満腹感を得ることが出来るので、お勧めの摂取時間は食事中です。体内に入った炭酸水は、満腹感を与えるだけではなく、食事のカロリー消費も促します。糖分が無い為、味に慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、その場合はレモン汁やハーブなどで香り付けすることで飲みやすくなるでしょう。

⒉おすすめの美肌効果炭酸水

⒉1セブンイレブン プレミアム炭酸水

セブンイレブンの炭酸水は雑味がなく爽快なのど越しが特徴で、プレーンタイプのものでも飲みやすい炭酸水になっています。ほんのりグレープフルーツやほんのりレモンと言ったフレーバータイプのものもあるので、炭酸水を初めて飲むという方にもおすすめです。また、近年では同シリーズから「そのまま飲める炭酸水 プラス」という難消化性デキストリンが入ったトクホ飲料も登場したのだとか。

⒉2ローソンセレクト 炭酸水

セブンイレブンと同様にローソンのプライベートブランドからも炭酸水が販売されています。プレーンタイプに加え、レモンフレーバータイプもあります。種類は少ないものの100円以下とコスパが良いので、洗顔やヘッドスパに炭酸水を使いたいという方にもおすすめです。コスパが良いとたっぷりと使うことができるため、1本ストックしておけば重宝すること間違いなしです。

⒉3ウィルキンソン 炭酸水

コンビニで購入できる炭酸水と聞いて、真っ先にウィルキンソンをイメージした方も多いかと思います。実際にウィルキンソンの炭酸水はほとんどのコンビニで取り扱われているので、メジャーな炭酸水になるでしょう。強めの炭酸なのでダイエットサポートにも抜群で、炭酸が抜けにくいためゆっくり飲みたい方にもおすすめです。また、炭酸の強さを利用して100%のフルーツジュースと割って飲んでいる方も多いのだとか。

ちょっぴり苦味のあるウィルキンソン炭酸水は気分転換にも最適な炭酸水になるでしょう。

⒉4ペリエ

グリーンのおしゃれなボトルが印象的なペリエもコンビニで購入できる炭酸水です。レストランでは食前酒と同じ扱いをされていて、ソフトドリンクよりも高めの値段設定になっていることもあるのだとか。そんなペリエは1度飲んだら他の炭酸水を飲めなくなったという方も多く、ちょっぴり高価でワンランク上の炭酸水になっています。ご褒美やモチベーションアップのためにペリエを飲むのも良いです。

⒊美肌に欠かせないものとは?

⒊1アスタキサンチンのアンチエイジング効果とは?

アスタキサンチンは、老化に大きなかかわりのある活性酸素のひとつである、一重項酸素に対して顕著な抗酸化作用を示します。一重項酸素は、過剰な紫外線を浴びた皮膚の細胞に発生する活性酸素です。

シミやくすみの原因となるメラニンの分泌を過剰にしたり、コラーゲンやエラスチンといった肌の張りを保つ物質に作用して肌を老化させ、シワやたるみを招いたりするといわれています。そこで、アスタキサンチンは、特に皮膚のアンチエイジングに効果があるとされているのです。

⒊2アスタキサンチンによる眼精疲労回復効果は?

アスタキサンチンには眼精疲労の回復にも効果があるという研究結果が、複数報告されています。人間がものを見る際には、眼球のまわりの毛様体筋という筋肉を使って水晶体の厚みを調節し、対象にピントを合わせます。目を酷使することでこの毛様体筋が疲労し、調節機能がきちんと働かなくなった状態が眼精疲労です。アスタキサンチンには血流をよくする働きがあります。

血流が改善されると、毛様体筋の疲労物質がすばやく押し流され、新鮮な酸素や栄養素が行き届き、ピント調節機能が回復するわけです。これが、アスタキサンチンが目の健康にも役立つメカニズムです。

⒊3そのほかアスタキサンチンの効果とは?

アスタキサンチンが目に効く理由は、もうひとつあります。目や脳には、血液網膜関門、血液脳関門という不要な物質を通さないフィルターのようなシステムがあるため、β-カロテンやビタミンC、ビタミンEなどの多くの抗酸化物質もはじかれて、目や脳に到達しません。ところが、アスタキサンチンはこの関門を通過できるので、目や脳に届いてダイレクトにその抗酸化作用を発揮できるのです。

また、アスタキサンチンには、筋肉の疲労や痛みを軽減する効果や、運動中の脂質利用を高める効果があると認められています。つまり疲労を軽減しながら、より効率的に脂肪を燃焼させる運動ができるのです。メタボリックシンドロームの予防や改善を目的とした運動を行う際にも、アスタキサンチンのサポートは効果的だと言えるでしょう。

⒋食事から作る美肌

⒋1食べ物でスキンケア!美肌を作る方法

美肌作りには、スキンケアが最も重要のように思えますが、実は、食べ物や内臓が肌に大きく影響することもあります。その理由をみていきます。

内臓の不調は肌に表れる

中国漢方の理論では、「肌は内臓の鏡」と言われているほど、内臓と肌は密接な関係にあります。心や、肝臓、胃腸など身体の内側が整うことで美肌も作られていくと言われています。

女性の場合、心の乱れはホルモンのバランスに大きく左右されています。ダイエットで食事を制限したり、日々の忙しさによるストレスからホルモンバランスが乱れることがあります。

自分でリラックス方法を探したり、睡眠時間や休息を確保したりするのと同時に、ダイエット中でも、食事の取り方に気をつけていくことで、肌荒れが解消され、美肌を作る効果が期待できるでしょう。

肝臓の解毒パワーで美肌を作る

また、肝臓には、身体に取り入れた食べ物の解毒作用や、体内にある余分なものの排出を促す働きがあると言われています。肝臓の機能が落ちることにより、身体に取り入れてしまった毒素が体内に溜まり排出されず、肌にも不調が表れると言われています。いくら対策をしても増えるシミやくすみ、シワのトラブルは、もしかしたら肝臓の機能の低下が原因かもしれません。

肝臓の機能を保つためには、1日3食の食事を取ることや、よく噛んでゆっくり食べること、バランスの良い食事にすることです。特に、タンパク質は、肝臓に送られる脂肪と結びつき、エネルギーへと変換される作用があるため、ダイエット中などでも、意識をしてしっかり摂取するようにしましょう。

また、解毒作用とは、食べ物の添加物を解毒する作用のことです。肝臓に負担をかけすぎないようにするためにも、添加物を多く含む食べ物はなるべく控えた方がいいでしょう。

腸内環境を整えて効率よく栄養吸収

腸には、食べ物の栄養素を吸収する働きがあります。腸で吸収された栄養素が身体中に行き渡ることで、身体の健康や肌の健康が保たれていると言われています。腸が不調になり便秘になることで、排出されるはずの毒素やガスが腸内に溜まります。腸内に溜まったガスは、血中に吸収されて肌のトラブルを引き起こすと言われています。

思春期ではないのに、ニキビなどの肌荒れが気になるという方は、腸内環境が悪いことが原因かもしれません。腸内の環境を整えるためには、食物繊維の多く含む野菜を取ることや、乳酸菌を含む食べ物を摂るようにすることが大切です。また、日々の水分補給もしっかり行うようにするといいでしょう。

腸や肝臓の不調を起こさないための1つの対策として、腸や肝臓の上にある胃にも負担を掛けないように食事を取ることです。消化に良い食べ物を、よく噛んで食べることを心がけましょう。

肌は細胞により構成されている

私たちの身体や肌は、細胞により作られています。細胞は、代謝が行われることで常に新しいものに生まれ変わり健康な状態が保たれます。そのため、身体の代謝を促すような食事を摂り、細胞を作りだすようなタンパク質、野菜、フルーツなどの食べ物もバランスよく日々の食事で摂取することで、美肌作りに繋がるでしょう。

⒋2美肌に必要な食べ物の栄養素・効果

美肌は、どのような栄養素を取ることにより、作ることができるでしょうか。美肌を作るためには欠かすことのできない代表的な栄養素と、栄養素により期待できる効果も様々なのでご紹介していきます。

タンパク質

肌に良いイメージのあるコラーゲンですが、実は、コラーゲンはタンパク質の一種なのです。私たちの身体を構成するタンパク質の中で、コラーゲンは3分の1を占めていると言われています。

コラーゲンは、肌のハリや潤いを保つ効果があると言われています。タンパク質をきちんと摂取することにより、丈夫な身体や肌が構成されるだけでなく、コラーゲンも作られ肌のたるみやシワも予防することができるでしょう。

ビタミンC

摂取したタンパク質からコラーゲンを合成するために欠かすことのできない栄養素がビタミンCです。身体の中でコラーゲンが作られる際に必要な酵素の働きを、ビタミンCがサポートしていると言われています。

また、ビタミンCは、肌の中でメラニン色素が沈着することを防ぐ働きもあります。メラニンが沈着することにより、シミやソバカスが発生します。ビタミンCの摂取は、肌の潤いを保つだけでなく、くすみのない美しい肌に導きます。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚を作る細胞に大きく関わっており、機能の維持のためにも働くとされています。不足することにより、保湿をする力が弱くなり、肌がかさかさになる恐れもあります。また、肌荒れや老化防止にも効果が期待できるため、潤った美肌を保つためには欠かすことのできない栄養素です。

ビタミンB

ビタミンBは、タンパク質、脂質の代謝をし、エネルギーを作り出すときに働くと言われています。エネルギーや細胞の新陳代謝を促進することで、美肌を作り、保つことに効果があると言われています。ビタミンBが不足することで、代謝が上手に行われずニキビなどの肌トラブルに繋がることもあります。

ヒアルロン酸

スキンケアグッズでもヒアルロン酸配合のものなどあり、ヒアルロン酸は肌に良いイメージのある栄養素ですよね。ヒアルロン酸は、肌の保湿力を保ち、肌に潤いと弾力を与える効果があると言われています。

コラーゲンなどのタンパク質類が、肌の内部を支えています。そこにある隙間をヒアルロン酸が埋めることで、肌の水分や弾力を保つ役割をしているそう。ヒアルロン酸を摂取することで、より潤いのある美肌を作ることができるでしょう。美肌をつくる代表的な栄養素をご紹介しましたが、他の栄養素にも美肌効果に期待ができるものはまだまだあります。是非ご自身でも調べてみてくださいね。

⒌まとめ

今では、多くの方が炭酸水を実践して飲んでいるのです。そんな大きな美容効果また健康効果を持っている炭酸水を是非ともあなたも一度、試してみてください。きっと体内が改善されて綺麗になることでしょう。最後に、この記事が少しでも読者のご参考になりましたら幸いです。

関連商品


リシャッフル

新ブーム到来!?芸能人も愛用している炭酸美容ミスト

2,980円

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です