皆さんが普段から食事ている炭水化物ですが、消化器官では酵素の力によって分解されています。

今回は、そんな酵素の驚くべき力とダイエット時の食事の仕方等について詳しく解説していきたいと思います。また、最後の方ではおすすめの酵素サプリメントをご紹介してますので、ぜひともご活用いただければと思います。

⒈そもそも炭水化物とは?

⒈1炭水化物と糖質の違いについて

ダイエット中には脂質と糖質はなるべく控えめにしたいものです。脂質とはつまり油のことですが、糖質とは甘いものや砂糖のことでしょうか?でもご飯やパンなどの炭水化物も糖質に分類されたり…。その辺りについてはよく分かりにくいということで、とりあえず「太りそうな栄養素」ということで一括りにされてしまいそうです。糖質と炭水化物とはどう違うのでしょうか。

市販の食品などに栄養成分を表示する場合は、健康増進法により次の5項目が必須とされています。

・熱量(カロリー)
・たんぱく質
・脂質
・炭水化物
・ナトリウム

この中の4.「炭水化物」は、「糖質」と表示することも可能です。但し、その場合は食物繊維の表示も同時に必要となります。つまり、炭水化物とは糖質+食物繊維で構成されているのです。栄養成分表示のある食品の糖質量については、炭水化物の欄を参考にすれば良いでしょう。そして糖質は「糖類」「多糖類」などに細分化されています。

糖類とは、単糖類と二糖類の総称のこと。単糖類は果物に多く含まれる果糖や、ブドウ糖などを指し、二糖類には砂糖や、牛乳に含まれる乳糖などがあります。多糖類は複数の単糖類が繋がったもので、でんぷんやオリゴ糖などがあります。多糖類は体内で分解されてから吸収されるため、糖類よりは吸収がゆっくりになります。

これら糖質が多く含まれている食品としては、食べて甘いと感じる砂糖や果物のほか、穀類である米、パン、麺類や芋類が上げられます。外食でよく見かける「ラーメン+チャーハン」や「うどん+小さな丼やご飯」は、糖質の高いもの同士の組み合わせということになります。糖質は1gあたり4kcalですので、炭水化物のセットメニューはカロリーもその分高くなります。

丼や麺類などメインが炭水化物の場合、もう1皿つけるなら野菜を使ったものにしましょう。その際も糖質の高い芋類を使ったポテトサラダなどではなく、コールスローや煮物、おひたし、レタスやトマトのサラダなどでバランスを取るように心がけたいものです。

⒈2血糖値を上げない糖質とは?

糖質は「糖」という言葉がつくため、数多くあるすべての糖質が血糖値を上昇させるイメージがありますが必ずしもそうではありません。糖質の1種である「糖アルコール」は消化吸収されにくく、血糖上昇が少ない糖質です。糖アルコールにも様々な種類があり、ガムでお馴染みのキシリトールやお菓子に使われるマルチトールなどが有名です。

これらは小腸ではほとんど吸収されずに大腸で吸収されます。そのため、血糖やカロリーにほとんど影響を与えません。また、エリスリトールは他の糖アルコールと吸収経路異なり血糖値に全く影響を及ぼしません。

⒈3糖質制限ダイエットは本当に安全?

糖質の摂取を抑えるダイエット法がテレビや雑誌などのメディアで紹介されていますが、医学的に正しく検証されているデータは多くありません。確かに糖質を抑えることで血糖値が改善する、体重が減少するとの報告はありますが、短くて数週間、長くても数年の短期間であり、10年、20年単位での長期的かつ正しく検証された報告はまだありません。

そうしたことからも、やたらに糖質をカットしてしまうことは体に害を及ぼさないとは言い切れません。様々なダイエット法が次から次へと現れ、情報の取捨選択が難しいですが、健康を損ねずにやせるには、やはり運動と低脂肪を心がけた一汁三菜の食事が間違いありません。

⒉酵素の働きについて

⒉1酵素の効果と働き

酵素といっても人間の体内(臓器・消化器官・筋肉・肺など)だけで約3,000種類以上が確認されています。そしてそれらの酵素、実はそれぞれ1つの仕事しかしない事が分かっています。

例えば、“アミラーゼ”という酵素は、デンプン(炭水化物)を分解(消化)しブドウ糖にしますが、その他の事は一切しません。アミラーゼがたんぱく質や脂肪を分解することはできないんです。体内にはさまざまな酵素が存在し、各々がそれぞれの仕事(消化)をし、消化された食べ物は栄養素として体内に吸収され、老廃物(有害物質・脂肪など)は酵素で分解され、便、尿、汗によって排泄されます。

決して腸が消化しているわけではありませんが、よく噛んで食べることで消化を助けてくれます。小腸から吸収された栄養素は血液を通じて身体全体に運ばれ、それぞれの器官(臓器・筋肉・骨)でそれぞれの酵素の働きによって、私たちの生命活動の原動力となるのです。このように体内の酵素が十分あり、それぞれの酵素が仕事(消化)をしてくれれば人間は健康で生きていく事が出来ます。

しかし酵素が不足すれば消化不良となり、未消化の食べ物が体内(腸内)に留まり、腸内環境が悪化します。腸内環境の悪化はさまざまな病気や症状の引き金になります。

日常的に便秘、下痢、便、おならがクサイという方は腸内環境が悪化している証拠なので注意が必要です。また未消化の老廃物(脂肪・コレステロールなど)が血液に流入すると、血液が汚れ、赤血球同士がくっつき、ドロドロ状態となり、さまざまな病気や症状の原因となってしまうのです。酵素が体内に十分あれば食べた物がきっちり消化され、健康的に生活する事が出来ます。

逆に酵素が体内になければ人間は身体を動かすことも、話す事も、そして呼吸すらできない、つまりは生きていけないんですね。子供の頃にケガをした場合、「そんなのツバ(唾液)をつければ治るよ」と言われた事はありませんか?

これはウソのようですが正しく、唾液の中には“リゾチーム”という酵素が含まれており、このリゾチームには「殺菌・消炎・凝血」作用があるので、汚いように思われるかもしれませんが、ケガをした時にツバをつける行為は理にかなっているんですね(ツバをつける場合は水で洗ってからにしましょう)。動物などもよく親が子供を、そして自分自身の身体をよく舐めていますが、本能的に唾液には素晴らしい働きがある事を知っているんですね。

⒉2酵素と宿便の関係

便秘でない人でも腸内には排泄しきれていない宿便が常時3〜5kgほどあるといわれていますが、宿便でなくても酵素が不足すれば消化しきれていない食べカスなどが腸内に留まっていると考えられています(専門家によっては宿便なんてものは存在しないといわれていますが)。

この宿便(未消化の物)は悪玉菌のエサになるので腸内環境を悪化させます。腸内環境の悪化はさまざまな病気の引き金になるので、酵素(食物酵素)を十分摂って、食べた物をきっちりと消化させる事が健康に生きていくためには非常に大切なのが分かります。

⒊ダイエットに必要な基本知識

⒊1ダイエットとは?

ダイエットとは本来、太っている人が食事療法や運動によって体重を落とすことのみを指すのではなく、痩せすぎの人が食事療法により食べる量を増やして、太ることで適正体重に戻す食事療法も「ダイエット」と言います。

しかし、食事の欧米化に伴い圧倒的に前者のケースの方が多いため、現実的には「減量」を意味する言葉になっています。ダイエットについて。現在はお金を払えばいくらでも美味しい食べ物が手に入る空前の飽食時代へと突入しています。ダイエットを全く経験したことがないという人は、かなり少数派なのではないでしょうか?

誰から見ても痩せる必要のないようなスリムな人でも、ほんのちょっとした体のコンプレックスからダイエットを続けていたりすることもあるようです。特にテレビや雑誌には、毎日と言っていいほどダイエットに関する番組や記事が特集されていますから、ダイエットに対する関心の高さがうかがえることでしょう。

以前まではダイエット=若い女性というイメージがありましたが、最近の流行として20代・30代のみならず、それ以上の年齢層に向けであったり、男性のスポーツジムブームにあるようにダイエット熱も高まりつつあります。

ダイエットは世代を越えた共通の関心事であるということができそうです。ダイエットは見た目を意識するとともに、生活習慣病などを予防するという観点からも健康を意識して取り組んでいる人が多いようです。

日本をはじめ先進国においては肥満に悩む人、ダイエットに興味を持つ人が多く存在します。雑誌やテレビ等のマスメディアやネットで様々なダイエット法が紹介されていますが、その多くがあまりにも間違いだらけで危険だという事をご存知でしょうか?

一つ面白いデータを紹介します。米国で行われた太った男性の食事量に関するアンケート調査で、たくさん食べている大食漢は肥満者全体の約3割にすぎませんでした。たくさん食べていそうなイメージがありますが…

残りの肥満者の食事量(摂取エネルギー)はふつうの人たちと同等かそれ以下だったのです。太った人の3人に2人は、たくさん食べていないのに太っているというわけです。

なぜと思いますが、この背景には日頃の運動不足が深くかかわっていると考えられます。このような人たちが痩せるためには食事を減らすことよりも、活動量を増やすことが痩せるきっかけとなります。つまりその人によって痩せるダイエット方法は変わってきます。

例えば、短期間で劇的な効果を期待させるような危険なダイエット法を勧めていたり、ダイエットサプリメントを服用し、1ヶ月間に5kg〜6kgも痩せようと試みたり、自身の基礎代謝エネルギーを下回るようなカロリーしか摂らない食品などがあります。

そのようなダイエットはリバウンドを繰り返し、以前より太りやすい体質を作ってしまう事になるのです。最悪のケースでは健康障害を引き起こし、生命の危険にさらされる事もあります。 ダイエットを始めるならせっかくの努力が水の泡になる前に今から紹介する正しいダイエットの基礎知識を身につけてから実行しましょう!

⒋ダイエット時の食事について

⒋1そもそも太る原因とは?

夕食に食事が偏っている

ほとんどの人に当てはまりますが、食事の量が夕食に偏り過ぎています。「いや普通だけど・・」とよく言われますが、太っている人の普通は大体カロリーオーバーです。夜は食べたくも飲みたくもなるのはわかります。しかし身体は夜になると血糖値が高くなり、脂肪を作りやすい状態になっています。

脂肪を作りやすい食事なので、カンタンに太りやすくなってしまいます。また、夕食に偏ってしまうと朝食が食べられなくなり、ダイエットにおいて悪循環が生まれてしまいます。特に「夕食が21時以降になることが多い」という人には、「夕食のみの置き換えダイエット」もおすすめです。夕食が原因の場合はしっかり考えて取り組まなければ痩せにくいです。

朝食を抜いている

「ダイエットのため」といって朝食を抜いていないでしょうか。確かに食事をしなければ痩せそうですが、朝食を抜くと実はダイエットに逆効果です。朝食を抜いてしまうと体温が上昇するまでに時間がかかり、代謝の低い状態が長く続きます。代謝が低い状態はカロリーの消費が少なくなりますので、痩せにくくなってしまいます。「朝は忙しすぎて無理!」とか言われてしまいそうですが、現状の習慣に目を向けるようにしましょう。

⒌酵素の入ったおすすめサプリメント

⒌1まあるい旬生酵素

310種類の植物エキスを、加熱せずに生のまま使用しているのが「旬生酵素」です。すべての原料を旬な時期に収穫し、そのまま3年かけて丁寧に発酵させているので、栄養価が高い生酵素を効率よく摂れます。

・21種の生きた乳酸菌やオリゴ糖
・生姜、高麗人参、山椒の和漢3種

これらも配合されているので、腸内環境や身体のあたためもサポートします。

⒌2「OM-X」オーエムエックス

栄養を壊さず届けるため、製造から出荷まで”生(なま)であること”にとことんこだわった酵素サプリ「OM-X」です。原材料は100%国産の植物のみを厳選して使用。さらに栄養を最大限に引き出すため、通常の6倍もの発酵力を持つ乳酸菌と一緒に3年間熟成発酵させています。腸内環境を整え、体の中からキレイをサポートしてくれますよ。

⒌3「生酵素」からだのレシピ

「生酵素」サプリは、栄養価の高い「生」の野菜や果物を222種類も使用し、熱を加えず長期間じっくりと熟成発酵させ作られています。また、

・ビタミンB1:糖質をエネルギーに変える
・コエンザイムQ10:エイジングケア・抗酸化作用
・L-カルニチン:脂肪を燃焼しエネルギーに変える
・乳酸菌:善玉菌を育てる

など女性に嬉しい成分がたっぷり配合。ダイエット時に失われがちな栄養を補いながら美容や健康維持をサポートしてくれます。

⒍まとめ

酵素の力でダイエット効果も大変大きな成果を期待できるのがご理解いただけたと思いますが、あくまでも酵素のサプリメントなどはダイエットする際の補助的なものなので、しっかりと普段から食事や運動また生活習慣を正しく行うことを心がけてくださいね。

関連商品


ペアーフェクトダウン

ホワイトキドニービーンと併せて、2粒のサプリで脂肪燃焼と吸収抑制を行うことで痩身効果アップ!?

3,980円

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です