今では、あまり空いてる方を見かけなくなった「レギンス」ですが、冬時期になるとやっぱり寒いの女性は履きたくなりますよね。

今回は、そんなレギンスでお困りの方のためにいかにレギンスをおしゃれに着こなせるか?について詳しく解説していきたいと思います。レギンスは、女性にはなくてはならない冬の必須アイテムだということを改めてこの記事を読んで感じてくださいね。

⒈そもそもレギンスとは?

⒈1レギンスとは?

実は、レギンスはファッション業界が2006年ごろに流行らせた、比較的新しい呼び方なのです。おもに腰から足首までを覆うボトムスを指しますが、スパッツとの明確な区別はありません。ただ、スパッツのほうがよりぴったりと肌にフィットするため、「スパッツはインナーでレギンスはアウター」と使い分けられる傾向があるようです。

レギンスはそれ単体で着用するというよりは、インナーやサポーターパンツとしてスカートやパンツの下に履く用の商品が多く出回っています。

たしかに、ストッキングやタイツのような履き方を多くみかけますよね。レギンスはもともと西洋の脚絆(ゲートル)で、腰から足首あたりまでを保護するボトムスとして普及していました。

作業着という意味合いが強かったのですが、日本では2006年以降から女性用のオシャレ着として売りだされるようになったのです。女性の脚のラインがきれいに見える、というレギンスの特性にうまく目をつけたのかもしれませんね。

⒈2スパッツとは?

日本で今レギンスと呼ばれているものは、昔は全部スパッツと呼ばれていました。定義はものすごく大ざっぱで、腰から膝下までを覆う薄手でピッチリしたボトムスはみんなまとめてスパッツと呼んでいたのです。時代は過ぎ、レギンスを流行らそうとしたファッション業界が新しいファッション用語としてスパッツの見せ方を変えて売り出しました。それが定着したのが今のレギンスです。

それ以前はすべてスパッツだったというわけですね。なので、30代以上の人だとレギンスのことをスパッツと言ってしまうこともあるかもしれませんね。スパッツの場合はそれ単体で直に履くことができる商品も多く、ランニングやサイクリングなど多くのスポーツシーンで利用されています。

レギンスと比べると生地が厚く、つるつるした素材が使われます。ストレッチ性があるズボンに違いイメージですね。

⒈3トレンカの場合は?

もう一つ、トレンカについてみてみましょう。トレンカはどちらかというとレギンス寄りです。オシャレ着として利用されますが、レギンスとの違いは丈(たけ)です。レギンスが足首までの長さなのに対して、トレンカは土踏まずに引っ掛ける部分があり、つま先とかかとは素肌になります。

「トレンカレギンス」と呼ばれることもあります。ちなみに、これがつま先まで全部覆っているとタイツになります。レギンスはもともとはバレエ用タイツとして利用されていたものがおしゃれ着用として普及したのがトレンカとなります。妊婦さんなどもよく利用しますよね。

⒉着方やレギンスに対するみんなの意見まとめ

⒉1「レギンスはもうダサイ?」に関しての口コミ

ここでは、「レギンスはもうダサイ?」に関しての口コミについて詳しくまとめてます。是非とも今後の参考にしてくださいね。

レギンスはもう古いアイテムに間違いと思ってます。でも私は履いてますし、これからも履きます。私は色が白いほうなので日焼け対策に履いてます。もちろんUVカット仕様の物です。見た目は暑苦しそうと思われると思います。おまけに太めの体型なので余計そう思われると思います。でも人の視線が気になって好きな服が着れないのはつまらないです。

周囲の目は確かに気になりますが、一瞬・一時ですよ。一日中言われ続けることもないでしょ。世の中レギンスよりもっと不思議な格好してる人いますから大丈夫です(笑)

引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp

ナチュラルなファッションならまだありですが、それでも綿レギパンに移行されています。数年前に流行っていた黒レギンス、トレンカは今はちょっと時代遅れな印象です。

売っているのでまだ愛用者はいると思いますが、田舎住みの私の周りで見かけるのは親にはかされている?小学生か中学生、あまりファッションに敏感でない10代あたりですかね。でも主様は好きなファッションを楽しむべきです。今年は膝丈ショーパンが流行りなのでレギンス無しでそれを取り入れたらいかがでしょう?

引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp

レギンスもトレンカも、もう「無し」です。去年の段階で「無し」でした。もう売っているところも殆どないんじゃないのかな。それくらい見かけませんよね。外に出て、レギンスをはいている人がいるか、見てみたら? ほんとに全くと言っていいほど、見かけないと思いますよ。皆無です。

ただ「定番か」と問われると、「ファッションよりも実用性重視のおばさま・おばあさま」の定番とは言えるかも。個人的にはブーツカットジーンズと並んで、2年ほど前から「無し」の代表格になっていると思います。

引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp

⒉2「ワンピースにレギンスは古い?」に関しての口コミ

ここでは、「ワンピースにレギンスは古い?」に関しての口コミについて詳しくまとめてます。是非とも今後の参考にしてくださいね。

今年どうなんだろう、、、ちょうど思ってました。だって今レギンス履いている人、かなり少ない(都内ど真ん中在住)。いても年齢が30後半ぐらいの人とかでおばちゃんぽい感じの人です。

いい歳して、短い丈はやめとけって事ですかね、ははは…。でも去年位からひざ丈(ミモレ丈?)が流行ってますし、ロングスカートやガウチョパンツと脚の露出をせずとも涼しいアイテムが流行ってます。なのでちょっと長めのスカートやガウチョ、フツーのデニムパンツ(コレは暑いですけど)とかはいています。レギンス結局暑いし、やっぱりいい加減野暮ったい気がします。

今レギンス履くなら相当おしゃれな感じで尚且つ若い子でないと、って思います。モデル体型の人とかかっこよく履けるなら別ですけど、若かろうともフツーの人がレギンス履くとおばさんファッションなのかなーって。今年見た数名の道行くレギンス女性を見て思いました。おしゃれのつもりなのだけど、何年か前のかっこだなーって。

レギンス履かなくてもフツーにパンツ履けばいい。ひざ丈より長いスカートだって上品です。ストッキングはロング丈なら履かないでそのままサンダルでいいのでは。

引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp

一説では、レギンスはすでに劇的にダッサいそうです。柄物なんてとんでもない!他の説では、レギンス、トレンカはヤバいけどタイツはアリだと思う。別の説では、スキニーが再び盛り返してきているのでパンツっぽいテイストがあるものがおすすめ。また別の説では、ガウチョ以外ありえない!

全部別のショップの店員さんが語られてました。私は冷え性なので、タイツ説を採用させていただいた。あと大きなお世話ですが、ガウチョの行く末が心配です。

引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp

レギンス、無いです。私は大流行の頃から一度も可愛いと思ったことがありません。当然、履いたこともありません。そもそもあれを履く意味がわからないのですが、脚を出すのが嫌ならパンツを履けば良いし、スカートで寒いのならストッキングを履けば良いのではないでしょうか。それとも皆さん本気であれはお洒落だと思って履いてるのでしょうか。

こんなこと言って申し訳ありませんが、レギンス履いている人ってほとんど不美人だと思います。美人で脚の綺麗な人がレギンスって私は見たこと無いです。

皆さん、潔く足を出しておられます。それとも私の住んでる地域(東京の真ん中)が、レギンスのあまり流行していないエリアなのでしょうか。ですので、たまに郊外へ行くとよく見かける女性の格好が、お腹周りのゆったりしたチュニックワンピースや膝丈スカート+レギンス+ローヒールパンプスという組み合わせ。それでレギンス履いてるから大丈夫と言わんばかりに、椅子にどっかり座って膝をパカッと開いたり。

たまに綺麗な子でこの格好をしているのを見ると「体のラインが出る服で、足を出した方がよっぽど似合うのに…」と残念に思います。

引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp

⒊トレンドのレギンスを紹介!

⒊1ハイウエストストレッチレギンス

ハイウエストデザインレギンスは、動きやすいストレッチ素材を使用しています。18色ものラインアップがあり、様々なレイヤードスタイルに似合うカラーが見つかりやすい点も魅力です。太幅のウエストゴムは安定感があり、ハイウエストデザインなので、しゃがんでも肌が見えにくい。

⒊230デニールレギンス

夏コーデにも合わせやすい透け感が魅力の30デニールレギンスは、5色のカラー展開です。マチつきデザインとなっており、フィット感にも優れています。大人っぽいスタイルにも似合うレギンスです。

⒊3リブ編みレギンス

トレンドのリブ編みを取り入れたレギンスは、フィット感や履き心地にも優れる仕上がりが魅力です。グレー・ホワイト・ブラックの3カラーがラインアップしており、カジュアルからきれいめまで幅広い着こなしのアクセントになる一品です。

⒊4ライン入りレギンス

アディダスオリジナルスのレギンスは、ブランドアイコンの3本ラインがサイドに配置されたクールなデザインが魅力です。フロント上部には、トレフォイルロゴがさりげなく搭載☆タイトなシルエットが、コーデに女性ならではのセクシーさをプラスしてくれます。

⒋レギンスは脚のラインが気になる?

⒋1ピラティスで、理想の美脚ラインを手に入れる!

ピラティスは、全身を使って行うエクササイズですが、下半身の引き締めにも有効なんです。ピラティスをすると、全身の骨格が整い、内臓が正しい位置に戻ります。また、血流の流れがよくなり、むくみが改善するのです。下半身でいえば、ウエストのくびれ、ヒップアップ、内ももの引き締めが実感できるようになります。さらに嬉しいことに、ピラティスはO脚の改善にも効果ありといわれています!

これは、正しい姿勢を意識しながらエクササイズをすることで、骨盤からつながる下半身の骨格を整えていき、改善へとつながっていくということです。

⒋2ピラティスレッスンには「レギンス」を履いて挑むべし!

ピラティスをする時、レギンスはもっともおすすめのボトムのひとつといえます。それは身体のラインが出ることで、クラス中に正しい動きが出来ているかを目で見て確認しやすくなるから。結果、身体のくせや変化にも気付きやすくなります。

また、ぴったりとしたウェアを着ることで、適度な緊張感が生まれ、「よし!これからピラティスするぞ!」と気合が入りますよね。お気に入りのウェアでモチベーションもUPさせましょう!

⒌レギンスのメリット・デメリット

⒌1レギンスのメリット・デメリットについて

履くだけで足が細くなるといわれているスレンダーメイクレギンスのメリットとデメリットについてまとめてみました。メリットとしては単品購入のほかにもセット購入することも出来、5枚以上購入することで、おまけがついてきます。5000円以上の購入で送料も無料になるのです。

足やせだけでなく、ヒップアップにも効果的。下半身を矯正する効果もあり、履くだけでダイエットにもつながるのです。メリットが沢山あるスレンダーメイクレギンスですが、デメリットについてもいくつかあるようです。効果的だとは言われていますが、当然効果には個人差があり、履きすぎて足がむくんでしまうということも考えられるのです。

そして、購入時には5000円以下で送料が発生するのです。デメリットもありますが、それ以上にスレンダーメイクレギンスには魅力やメリットが沢山あるので、人気がある理由が分かりますね。口コミでもすごく好評で、ファッションと一部としても履くことが出来ると言われているのです。

普段着を着ているように足やせ効果を体感することが出来るので、下半身太りに悩んでいる人にはぜひ試してみて欲しいと思います。効果を体感している人のほとんどの人が、まとめ購入をしていると言われています。

⒍まとめ

レギンスというと時代遅れな感じもしますが、それは誤解だということが今回の内容でご理解いただけたのではないでしょうか。寒い時期にしか使わなかったレギンスですが今回ご紹介した着方を是非とも試しておしゃれに着飾ってみてくださいね。

関連商品


恋する美脚リンパウェーブスパッツ

特殊加工で履くだけで美脚へ導きます

2,980円

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です