「バストアップをしたい!」

 

女性の方なら、一度はこのように思ったことがあるはずです。

 

バストアップといえば、胸周りをマッサージするなどで行うようなイメージが強いですよね。

 

しかし実は、バストアップというのは私たちの身近にあるアイテムで実践可能なのです。

 

その秘密は、なんとバストアップを促進させる女性ホルモンに似た働きをする栄養素がカギでした!

 

食事でバストアップはできる!?

バストアップという言葉を耳にすると、おそらく多くの方がマッサージやサプリメントで行うものといったイメージをする方が多いのではないでしょうか。

 

今では様々なバストアップ法というのが発見されていますが、最近では私たちの日常生活の中でも簡単に実践できるバストアップ法が数多く存在しています。

 

例えば、普段の通勤や通学でよく使われるような自転車を乗って全身運動をすることでバストアップ効果が期待できますし、そのほかにはストレッチや体操をすることでバストの位置や大きさを維持することもできるようになっています。

 

特にストレッチや体操の場合、これらは家でも簡単に実践できますよね。

 

また今先ほどにもお話ししたマッサージやサプリメントも同様に、マッサージであれば家のどこでも行うことができますし、サプリメントも朝起きてからや食後など好きなタイミングで摂取することができます。

 

しかし、実はもっと簡単にかつ私たちの普段の生活の中で行うことができるバストアップ法というのがあるのです!

 

ではそれは一体どのような方法なのか気になりますよね。

 

その方法というのが、今回お話ししていくにあたってキーワードとなる「食事」によるバストアップ法なのです!

 

栄養は食事から摂取できる

 

私たちは、体に栄養を取り込むことで日々生活できるようになっています。

 

なので、いくら運動をしたり睡眠をして体を休めても、きちんと栄養を摂らなければ健康な体は作ることができないのです。

 

またその栄養というのはどこから摂取するのかということですが、これはサプリメントでも摂取可能ですよね。

 

しかし、基本的に栄養は私たちの日常生活において食事から摂取されます。

 

栄養というと、あなたはどのようなイメージをしますでしょうか。

 

もしかすると難しいイメージをする方が多いかもしれません。

 

ところが実は意外にも、栄養はいたってシンプルなのです!

 

目的によって摂取する栄養バランスを調整できる

 

栄養はいたってシンプルと言いましたが、一体どういうことなのか疑問に思いますよね。

 

これは、あなたのなりたい体などといった目的によって摂取する栄養バランスを調整することができるということを指します。

 

例えば、1日中活発に活動できるようにエネルギーを補給したり、体を大きくしたいことが目的であれば炭水化物を多く摂ることが効果的です。

 

筋肉をつけて引き締まった体を作りたいというのが目的であれば、たんぱく質の量を多くするのが良いでしょう。

 

しかしそれだけでは体の免疫力も落ちるので、病気にならない健康な体を作ろうと思うとビタミンが効果的となります。

 

このように、私たちが食事から得られる栄養というのはとても多いので、あなたの目的に合わせて栄養を摂取することができるということなのです。

 

バストアップに効果的な栄養

目的に合わせて栄養を摂取するとそれだけで健康な体を作ったり1日中活発に活動できるものですから、それはもうバストアップという目的でも栄養さえきちんと摂取すれば可能であるということがわかりますよね!

 

しかし、バストアップに関しては今先ほどにも少し紹介された炭水化物やたんぱく質、またビタミンだけでは効果を得ることは難しくなってきます。

 

では一体、どのような栄養を摂取すればバストアップに効果的なのでしょうか。

 

バストアップに効果的な栄養というのは、主に「大豆イソフラボン」と「ボロン」が挙げられます。

 

この「大豆イソフラボン」と「ボロン」には、どのような働きがあるのでしょうか。

 

大豆イソフラボン

 

あなたは、これまでにもしかすると一度はこの「大豆イソフラボン」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

 

「大豆イソフラボン」は日本でも話題の栄養素で、日本が乳がんや前立腺がんの発生率が低いのもこの「大豆イソフラボン」のおかげ言われるほど重要な栄養素となっています。

 

そんな「大豆イソフラボン」ですが、これには一体どのような働きがあるのでしょうか。

 

「大豆イソフラボン」のもつ働きとしては、主に女性ホルモンと似たような働きをすることが挙げられます。

 

これは「大豆イソフラボン」自体の化学構造が女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似ているからで、この「大豆イソフラボン」が体内に入ると女性ホルモンであるエストロゲンの受容体と結合するからです。

 

そのほかの働きとしては、骨粗しょう症や更年期障害を防ぐ働きも挙げられますよ。

 

ボロン

 

次に、「ボロン」が持つ働きについてです。

 

「ボロン」に関しては、おそらくあまり耳にしたことがないのではないでしょうか。

 

「ボロン」は私たちの体に必要な栄養素であるミネラルの1種で、別名「ホウ素」とも呼ばれています。

 

しかしこちらも「大豆イソフラボン」と同様に、バストアップにはとても効果的な栄養素の1つとして話題になっているのですよ!

 

ではこの「ボロン」には一体どのような働きがあるのかということですが、こちらも女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似たような働きがあるということが挙げられます。

 

つまりここでわかるのが、「大豆イソフラボン」や「ボロン」がなぜバストアップに効果的な栄養素なのかというのは、これらの働きが女性ホルモンであるエストロゲンに似ているから出るということですね。

 

やはりバストアップには女性ホルモンは必須です。

 

なので、このような栄養素から女性ホルモンの分泌を促進させるのは、バストアップにとっては強い味方になるということです!

 

どんな食べ物を食べると摂取できるの?

では、実際にこの「大豆イソフラボン」と「ボロン」はどのような食べ物を食べると摂取できるのかについてお話ししていきますね。

 

これらの栄養素は食事によって摂取されるということは先ほどにもお話ししましたが、そんなバストアップに効果的なこの2つの栄養素がどんな食べ物に含まれているかやはり気になりますよね。

 

それでは、1つずつ見ていきましょう!

 

大豆イソフラボンはどんな食べ物から摂取できる?

 

まずは「大豆イソフラボン」からです。

 

「大豆イソフラボン」は名前の通り大豆と書いているので、主に大豆食品から摂取できます。

 

なので大豆そのものはもちろん、豆腐や醤油、豆乳や味噌、そのほかきな粉から摂取できますね。

 

味噌や醤油に関しては、もしかするとあなたの家庭でも頻繁に口にするのではないでしょうか。

 

このように、「大豆イソフラボン」を摂取するには、主に大豆食品を摂取することが重要であるということです。

 

ボロンはどのような食品から摂取できるの?

 

次に、「ボロン」はどのような食品から摂取できるのかについて紹介します。

 

おそらくあまり馴染みのない名前であろう「ボロン」ですが、これは意外にも私たちのごく身近な食品で摂取することができます。

 

では一体どのような食品なのかというと、これは主にキャベツやリンゴ、またレーズンやナッツが挙げられます。

 

なので食後のデザート代わりにリンゴを食べるなどするだけでも、「ボロン」を摂取することができるということですね。

 

大豆イソフラボンは豆乳がおすすめ

ここまでは、「大豆イソフラボン」と「ボロン」についてお話ししてきました。

 

しかし、この2つのうちどちらの方が効果が期待できるかと思われるかというと、やはり「大豆イソフラボン」ですよね。

 

そこで、ここではそんな「大豆イソフラボン」を簡単に摂取することができる豆乳についてお話ししていきます。

 

豆乳がもつ効果

 

おそらくあなたも一度は耳にしたことがあるであろう豆乳ですが、一体これにはどのような効果があるのでしょうか。

 

豆乳が持つ効果としては、主にバストアップや便秘解消、美肌効果、生理痛の緩和が挙げられます。

 

これは女性にはとても嬉しい効果ですよね!

 

これまでに肌荒れや便秘に悩まされた方も、この豆乳を飲むだけで改善できるということです。

 

また、豆乳には先ほどにもお話しした「大豆イソフラボン」が多く含まれています。

 

なので女性ホルモンの働きを促進させてくれるので、バストアップには非常に効果的な飲み物であるというのです。

 

今ではとても数多くの豆乳がありますが、味についてもたくさんありココア味からバナナミルク味など、様々な味を楽しむことができるようになっています。

 

もし今バストだけでなく便秘や肌荒れ、また生理痛について悩みを抱えているのであれば、ぜひ一度豆乳を試して見てはいかがでしょうか。

 

豆乳についての口コミ

それではここで、実際に豆乳を使ったことのある方からの評価を紹介していきます。

 

実際に豆乳を使った方は、どのような効果を得ることができたのでしょうか。

 

豆乳についての口コミ(高評価)

 

初めに飲んだのは10年くらい前でしょうか。
それから毎日ではないですが、たまに飲みます。
主にスーパーで買いますが、
美容に内側から何かしたいなぁ?
イソフラボンとりたいなぁ?
なんてときによく買います。

これは本当に飲みやすく、グビッといけます。
妊娠中にもお世話になりましたし、今でも女性周期に合わせて飲んだりもします。

 

昔はこの味大嫌いだったんです。
豆臭く、おぇっとしていたんですが、不思議ですね、今は甘くてお水みたいにゴクゴク飲めます。

わたしはホルモンバランスがかなり悪く、生理不順、肌荒れ、体調不良が悩みなのですが、豆乳って素晴らしい!

肌荒れにも体調不良にも効果てきめん!肌がツルッツルになり、確かにイライラもあまりしなくなったような!
そしてお通じがかなり◎
元々代謝は良いほうですが、こちらの豆乳とバナナを朝食や間食代わりにしているせいか、毎日朝起きると自然にトイレに足が運びます。
決して辛い腹痛とかではなく自然に!
なんだか健康になっていくな?と実感できます!

 

体にいいとは知りながらしばらくご無沙汰でしたが…肌や髪の毛がきれいになったなどの話を聞くとさすがに気になり、職場の女性が豆乳を毎日飲んでいるのに気が付きました。飲み始めたらなんとなく肌トラブルが減ってきたみたい。

 

豆乳についての評価(低評価)

 

豆乳が好きで、いろいろな商品を飲んでいますがコレはびっくりするくらいまずいですね。
コンビニによくあるので、外出先では仕方なく買うこともありますが、その度に後悔します。。。

豆乳を飲んだことがない人は豆の味を知らないでしょうから、甘みがあって美味しいって思うのでしょうか。

まず、大豆の香りが全然ありません。
バニラっぽい味はそれをごまかすためなのかな?

全成分はこちらです。
大豆(カナダ産)(遺伝子組換えでない)、砂糖、米油、天日塩、乳酸カルシウム、乳化剤、糊料(カラギナン)、香料

カナダ産の大豆に香料入り。

たくさん豆乳を飲んできた中では、やはり外国産の大豆を使用しているものは大豆の味があまりしません。

 

原材料を見ないで買ってしまいました。まさか“カラギナン”が入ってるなんて…。そのまま一口飲んでみた後、スープに利用しました。確かに飲みやすいですが、怖くて毎日ごくごくは飲めません。無調整豆乳にします。

 

ほんのり甘くて飲みやすいのですが、カラギナン(増粘安定剤)が入っているのが気になります。

カラギナンはその化学結合の中に硫黄が含まれていて、数ある添加物の中でも未だ安全性を疑問視されている物で、経口摂取で胃潰瘍のリスクが高まると言われています。
幼児には特に摂らせたくない添加物です。

豆乳は体にいいと信じて、健康のために飲んでる方がこんなに沢山いるのに、飲みやすくするためとはいえアレコレ添加物を加えるのは本末転倒な気がします。
実際無調整よりもコチラの調節豆乳の方が安いですし、どれだけ添加剤でコストダウンしているのやら。。。

 

まとめ

今回は、バストアップに効果的な栄養素についてお話ししました。

 

バストアップは、私たちの日常生活の中でも実践できるということがわかりましたね。

 

また、「大豆イソフラボン」を多く含んで切る豆乳はとても手軽に手に入れることができるので、簡単にバストアップにつなげることができるようになります。

 

なので、もし今バストについての悩みを抱えているのであれば、ぜひ一度豆乳を使ってバストアップにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

 

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

たったの1ヶ月でB→Eにその解消法は●●と判明!驚きの簡単方法が話題に!【PR】

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です