常日頃から気になるお肌ケアですが、皆さんスキンケアはしっかりと行ってますでしょうか?

スキンケアは、女性だけではなく男性にも大事なことなので今回は、男性にもおすすめの商品を紹介するとともに、スキンケアを行うための理由などにも触れていきたいと思います。ご自身でしっかりと、目的を把握して正しいスキンケアを行うようにしましょう。

⒈スキンケアとは?

⒈1辞書的な意味

まずは単純に、辞書的な意味について見ていこうと思います。意外な意味もあるかもしれないので、よく目を凝らしてご覧くださいね。

「肌の手入れ」だけではない?

肌の手入れ。また、肌の手入れ用化粧品。→基礎化粧品

引用元:goo辞書 出典:デジタル大辞泉

スキン(skin)のケア(care)というわけですから、そのまま訳せば「肌の手入れ」となりますね。でも注目したいのは、「肌の手入れ用化粧品」という意味もあることです。一般的に「スキンケア」という言葉を使うときは、化粧品そのものは指しませんよね。化粧品を「使用する」という意味では使うことがあると思いますが。

やはり「肌の手入れ」だけではない

肌の手入れ。また,肌を保護する化粧品。

引用元:weblio辞書 出典:三省堂 大辞林

上の『大辞泉』と並ぶ有名な『大辞林』でも、同じような意味で載っているようです。こう見ると、化粧品そのものに関しても「スキンケア」という言葉を使っても良い気がしてきますね。

基礎化粧品を使った肌の手入れ?

健康で美しい肌を保つために基礎化粧品などを用いて肌の手入れをすること。

引用元:コトバンク 出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

まあ、こういった捉え方が一般的なのではないかと思いますが、いかがでしょうか。ただ、「基礎化粧品 “ など ” 」と書いてあるように、薬用化粧品や医薬品を使う場合でも「スキンケア」という言葉は使っても構わないと思います。

「肌の手入れ」と捉えておこう

辞書的には、「肌の手入れをすること」と捉えることが無難ですね。たしかに化粧品そのものに使っても良い言葉ですが、実際はあまり浸透していない気がします。化粧品そのものに対しては「スキンケア化粧品」「スキンケアアイテム」などという言い方のほうが分かりやすいのではないでしょうか。

⒈2一般的な意味

辞書的な意味を把握しましたが、あなたはきっともっと深い意味を知ろうとしているのではないでしょうか。そこでここからは、もっと広い視野による意味や内容についてお伝えします。あくまで当方なりの意見ですので、参考程度にお読みいただけたらと思います。

化粧品などを使って肌を手入れすること

先ほどと同じような感じになってしまいますが、やはり化粧品などを使って肌を手入れすることが一般的な意味ですし、当方もそのように使っているつもりです。その「肌を “ 手入れする ” 」というのはどういうことか?という新たな疑問が浮かぶと思いますが、それは以下のとおりだと当方は踏んでいます。

・乾燥を防ぐこと(うるおいを与えること)
・肌荒れを防ぐこと
・外的刺激から保護すること
・キメや状態を整えること
・ハリを与えること
…etc

だいたい以上のような意味で使うことが多いような気がします。上の5つなどは基礎化粧品が果たす役割でもあります。薬用化粧品の場合だと、上の5つに以外にも「ニキビを予防する」「メラニン生成を抑制する」などの効果を持っている場合もあるでしょう。

医薬品による改善・治療もスキンケア

当方は、医薬品による肌の改善・治療についてもスキンケアのひとつだと捉えています。「厳密に言えばそれは違うんじゃないのかな」と考える人もいると思いますが、薬を塗って様子を見るなどは手入れの一環だと思っています。

⒉おすすめのスキンケア商品

⒉1ビーグレンニキビケア トライアルセット

SNS、口コミサイト、雑誌掲載共に1位はビーグレンのニキビケアシリーズ。値段も今なら51%オフ、1800円という事でお試しコスパの良さも高評価です。ニキビの原因となる【乾燥】【ニキビ菌繁殖】【ニキビ跡ケア】これら3つに特化した成分を含んでいるため、20代の肌悩みである大人ニキビ系問題全てに特化しています。

このトライアルセットは元々4000円近い高級品なのですが、今ならトライアルキャンペーン中につき1800円。元の値段がしっかりしている所も、より効果と質の高さを感じます。勧誘が一切ないので、トライアルセットだけの利用もOK!

⒉2アンプルール 100%美白主義トライアルセット

大人ニキビ跡やシミ、20代半ばから深刻化する肌悩みを徹底美白するスキンケアシリーズです。顎に残ったニキビ跡や、頬の開いた毛穴跡を美白して、シミ0の肌を作り上げます。新安定型ハイドロキノンと呼ばれる美白成分(ビタミンCよりも強力)が、跡の元にスっと浸透してメラニンを徹底漂白する事で、ニキビ跡を即効で薄くする効果が大評判。

そのニキビ跡やシミ、放置したまま30代に突入すると消えなくなってしまうなんて事も…なので、まだ間に合う20代のうちから専用の美白スキンケアを使って美肌を作りましょう。

「顎のニキビ跡が消えない」

「頬に肝斑(シミ)が出てきた」

なんてもう出ている黒ずみを美白する効果はもちろんですが、これからシミとなって出てくる肌の奥に潜んだメラニンも、成分が染み込んで美白するので今後シミや跡で悩まない肌へ再生する事も!コンシーラーいらずの肌になれる部門では第1位でもあります!

⒉3ルナメアACシリーズ

ルナメアACのスキンケアラインは、毛穴のケアに着目して大人ニキビをおさえます。ニキビができるのは毛穴の詰まりであったり、毛穴に潜む原因菌の影響によるものですよね。この毛穴からケアしていくことでニキビができるのを防ぎます。

ルナメアACが独自に開発したアクネシューター®という成分は油分の割合が大きく、毛穴の皮脂に吸い寄せられるようになじんでいきます。水と油は分離してしまいますが、油(皮脂)と油(アクネシューター)は混ざり合いますよね。

そのため、毛穴の奥のニキビ原因菌に有効成分が届きやすくなっているんです。同時に保湿成分もしっかりと浸透していくため、乾燥も防いでくれます。化粧水・保湿ジェルにはこのアクネシューターが配合され、洗顔後の肌をしっかりケアしてくれることが期待できます。

さらに、洗顔料には繊維状のスクラブが配合。固形のスクラブや殺菌作用のあるものだと肌を傷つける恐れがありますが、この糸状のファイバースクラブなら肌の負担は少なく安心です。肌負担を減らしながらも毛穴の汚れを絡め取る優れものですね。

⒉4ノブACアクティブ

ノブACアクティブシリーズは、臨床皮脂医学に基づいて大人ニキビの原因を解消、そして美肌を目指すスキンケアシリーズです。ニキビ対策は年齢と共に変わっていくもの。ポイントは年齢や肌の状態に合わせたケアをすることで、思春期ニキビと同じケアをしていても改善には向かいません。ルナメアACはこの年齢肌に着目したニキビケアシリーズのため、20代を迎えた肌にもぴったりです。

洗顔料にはマイルドピーリング作用があり、不要になった角質や汚れを取り除きます。化粧水・乳液にはビタミンB・C・Eが配合され、肌の水分と油分のバランスを整える効果が期待できます。ヒアルロン酸やセラミド、リピジュアなどの保湿成分も含まれ、乾燥しやすい大人の肌をうるおいでしっかりと守ることが可能です。大人ニキビの肌には、汚れや角質を取り除いた後のこの保湿ケアが特に重要になります。

そして大人ニキビヘノケアはこれだけではありません。乳液にはビタミンC誘導体が含まれ、ニキビ後のシミやそばかすを防ぐ美白効果を発揮します。実はニキビ跡がシミの原因となることもあるんです。ビタミンC誘導体の働きによってメラニンの活動を抑え、ニキビ跡予防と同時にシミ予防を叶えます。ニキビ対策のその先まで見据えたスキンケアで、美肌を目指していきましょう。

⒊スキンケアをした方がいい理由とは?

⒊1朝ってちゃんとスキンケアするべき?​

​眠い朝は時間がなくてスキンケアがおろそかになりがち。夜と同じ方法をすると時間が掛かってしまいますよね。では、朝と夜のスキンケアはどう変えれば良いのでしょうか。朝のおすすめスキンケア方法と時短テクニック、そして男性のスキンケア方法を私はるこ先生が調査してみました。

⒊2夜と違う!朝のスキンケアの目的2つ

​寝ている間に出た皮脂を洗い流す

​人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。この時分泌された汗が皮脂と混ざり合う事で皮脂膜となり肌表面を守るバリアとなるのですが、これが時間を経て古くなると肌に悪影響を及ぼしてしまいます。これは皮脂の約60%を占めるトリグリセライドという物質が『変性皮脂』という物質に変わる為です。

この『変性皮脂』は肌のバリア機能と保水力を低下させ、毛穴の拡張を促してしまうなどといった肌に悪影響を及ぼします。常に皮脂は肌から分泌されている為、寝ている間はこの変性皮脂が生成されやすい状態。朝、毛穴が開いているのはこの変性皮脂も原因の一つ。その為、洗顔は朝のスキンケアにとってとても重要となってきます。

朝は汚れが少ないからと言って水のみの洗顔では油である皮脂は落としきれませんので、鼻やこめかみ、アゴなど皮脂の分泌が盛んなところを重点的に洗顔料で洗顔する事をおすすめします。この朝の洗顔で皮脂が綺麗に取れているかどうかで、昼間のメイクの持ちも各段に上がります。​​

保湿をして化粧崩れを防ぐ

化粧崩れは『過剰な皮脂』と『乾燥』が大きく影響しています。特に乾燥には要注意。乾燥が原因で肌が過剰な皮脂分泌を起こす場合がある為、二次被害を起こさない為にも乾燥には気を付ける必要があると思います。肌の乾燥を防ぐ保湿方法として、朝も化粧水だけでなく乳液やクリームなどの手順を省かないようにする事をおすすめします。

これは化粧水で保湿した後の肌にフタをし、肌に浸透した水分を逃がさないようにする為です。この保湿が上手く出来ると、夕方の仕事帰りまで化粧崩れのない肌にする事が可能となるでしょう。もう一つ、過剰な皮脂についても保湿が肝心です。過剰な皮脂分泌は生まれ持った体質や環境などさまざまな原因が考えられますが、中でも注意したいのがインナードライです。

これは角質層が十分に保湿されていない時に起こる現象で、肌の内部が乾燥している事により、体が自ら肌を守ろうと皮脂を分泌し始めます。これが皮膚表面に出てくることにより皮脂分泌が過剰になってしまい、化粧崩れを引き起こすのだそうです。これを防ぐためにもまず保湿は必要不可欠と言えるでしょう。

⒊3スキンケアを朝と夜で変えるべき場合

夜に美白化粧品を使っている場合

​一般的に美白化粧品は夜に行うのが良いとされています。その理由は肌のターンオーバーは脳から分泌される成長ホルモンが引き金となり行われる為です。様々な研究結果からこの成長ホルモンは私たちが寝ている間に分泌されている事がわかっています。このホルモン分泌のタイミングと化粧品の使用を合わせる事でより効果的な美白効果を図るのです。

特に、ハイドロキノンを​配合している化粧品の場合、夜のみに使用するのが望ましいでしょう。このハイドロキノンはメラニン抑制作用があり、シミやそばかすの原因であるメラニンを抑え込む効果があります。その為、美白にはとても効果的なのですが、日中の紫外線に弱くなってしまう為、夜の日が沈んだ後に使用するのが良しとされているのです。

夜にオイルを使っている場合

​夜のオイルケアも最近注目されているスキンケア方法の一つです。ここで言うオイルはホホバオイルなど純度の高いものや専用に作られた美容オイルを指します。これらのオイルは長時間空気に触れても酸化されにくく、使用量も少量とされているものが殆どです。

ですが、油分を肌の上に乗せたままにしていると冒頭で説明した変性皮脂に変化する可能性が大きくなります。皮脂膜として肌を守るどころか肌を傷つけてしまう恐れがあるのです。その為、夜にオイルケアした朝は洗顔し十分な保湿をする事が望ましいでしょう。

⒋スキンケアの注意点について

⒋1ニキビができやすい人のスキンケアの注意点について

ニキビができやすくなる理由としては、食生活や生活習慣などがありますが、他にはスキンケアにも理由があるようです。ニキビができやすいスキンケアとはどのようなものなのでしょうか。

ニキビができやすくなるスキンケアには、特に洗顔時に自分の肌に合わないやり方でやっていることがあるようです。脂性肌や普通肌の人であれば、洗顔料などを使ってしっかり洗っても問題はないのですが、乾燥肌や敏感肌の人が同じように洗ってしまうと、肌の皮脂を落としすぎてしまい、肌のバリア機能が落ちてしまうため、肌が傷つきやすくなってニキビができやすい状態を引き起こしてしまうと言われています。

このような肌質の人の場合には、純石鹸を使って洗うようにしたり、ぬるま湯だけで洗うことが重要なようです。また、洗顔時にはゴシゴシと洗うのではなく、泡などで優しく撫でるようにする程度の洗い方にしておくのが重要なようです。洗顔後にはすぐに保湿効果のある化粧水などを使うことも重要であり、これらを疎かにしている人は肌の水分量が足りなくなって、ニキビができやすくなると言われています。

⒌まとめ

スキンケアがいかに大切なことかご理解いただけましたでしょうか。

毎日のスキンケをしっかりと行うことで、ニキビのない肌を保持したいですよね。是非とも今回ご紹介した方法や商品を活用して綺麗な肌を保持していきましょう。最後に、少しでもこの記事が読者の参考になりましたら幸いです。

関連商品


リシャッフル

話題の炭酸ミストで簡単美肌。

2,980円

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です