パートナーもしくは、あなた自身が浮気している時の行動は意外にも違和感として相手に伝わるものです。

今回は、そんなパートナーの浮気の歪みの見つけ方やどうやって浮気しているのかそのパターンについて詳しくまとめてみました。今現在浮気している方は、読まないことをおすすめします。

浮気にはLINEが使われることが多い?!

LINEが浮気・不倫に最適な理由とは?

なぜこんなにLINEが浮気に使われているのでしょうか?それには、LINEの構造上の様々な理由があります。まずは、その理由を見てみましょう。この理由を逆手にとることで、旦那の浮気や妻の不倫を簡単に見破ることができるようになります。

ほぼ全ての人が使っているからLINE ID(連絡先)を交換しやすい

まず、LINEがこれだけ浮気・不倫に使われている理由としてあげられるのが、こちらになります。男女でなくても、人との出会いの場での連絡先を交換する手段として、まず出てくるのが、「LINE交換しよう」というものです。

いまや、ほぼ全てのスマホユーザーがインストールしているといっても過言ではないLINE。合コンやナンパ、その他職場での出会いでも、最初に交換する連絡先はLINEである可能性が非常に高いのです。

昨今は個人間でのやりとりにメールはほとんど使われていません。docomoやSoftBank、auといったキャリアメールを最近交換した記憶はありますか?電話番号ですら、最近はあまり交換されなくなっているようです。そのため、はじめに交換した連絡手段であるLINEが継続して、浮気相手・不倫相手とのやり取りに使われることが多いようです。

簡単にトーク履歴を消せる

次に、簡単にやり取り(トーク履歴)を消してしまうことができるというのが、LINEが浮気に使われやすい理由としてあげられるでしょう。

LINEを使っている人ならご存知かと思いますが、トーク一覧画面で、消したい人の名前を左にスワイプすれば、簡単にその人とのトーク履歴を全て消してしまうことができます。注意深い人なら、LINEのやり取りをするたびにトーク履歴を消去しているでしょう。

たとえば急に妻や夫から浮気を疑われ、スマホやLINEの中身を見せて!と言い寄られたときも、「わかった、ロックを解除するよ」と言いながら、スッとその場でLINEの履歴を消してしまうことも可能なのです。こういった、いつでも消せる・すぐ消せるというのが、浮気や不倫をしている人にとっては、いざというときの証拠隠滅が簡単という意味でも、非常に重宝されているようです。

かつてのメールでのやりとりであれば、受信メールと送信メールをそれぞれ消していかなければならなかったものが、指先ひとつですぐに消すことができてしまうわけです。

簡単に通知をOFFにできる

LINEが浮気に向いている理由の一つとして、簡単にLINEのメッセージ受信通知を簡単にオフにすることができるという点があげられます。

LINEにくる、すべてもメッセージや通話の通知をロック画面に表示させないようにすることもできますし、スマホを触っているときにも画面上部などに表示させないようにすることもできます。ただし、LINEの全ての通知をオフにしてしまうと不便ですし、旦那や妻にLINEの通知をオフにしていることを突っ込まれ、浮気や不倫を疑われてしまう可能性もあります。

そのため、友だちリストの中から、その人のLINEだけを通知しないように個別に設定することもできます。つまり、浮気相手や不倫相手のLINEだけを通知しないようにして、あとでこっそり確認、といったことができるのです。

通話が無料で、着信履歴・通話履歴が簡単に消せる

さきほどのトーク履歴と同様に、通話履歴も簡単に消すことができます。LINEは、通話履歴もトーク画面にチャット内容と同様に表示されるため、トーク履歴を消せば、別で通話履歴を消さなければいけないということはありません。

かつて、ガラケーではメールを一通一通、受信メールも送信メールも削除して、着信履歴も受信履歴も削除…という非常に面倒なことをしなければならなかったのです。

しかし、LINE時代の浮気は、それも、シュッと指を左にすべらせるだけで、一瞬で削除できてしまうのです。なんて、便利で恐ろしいのでしょうか。さらに、LINE通話の場合は、電話と異なり、どれだけ通話をしても無料です。そのため、浮気相手とよく電話をする人には大変重宝されているようです。

不倫相手の名前をLINE上で変えられる

さらに、LINEでは相手の名前をこちら側のスマホで簡単にかえることができます。たとえば「みき」と登録されている名前を「山本雅治」に登録して、男性に偽装するといったことが容易にできるのです。

浮気相手の名前を、会社の同僚や同性の友人にかえておくことで、LINEの通知がスマホの画面に表示されても、急に妻や夫にスマホを見られても問題ない状態にすることができます。

不倫相手・浮気相手を友だちリストから非表示にできる

さらに、LINEでは友だちリストから、特定の人物の名前を非表示にすることができます。友だち一覧から名前を消し、トーク履歴も削除しておけば、あなたのパートナーが浮気相手の痕跡に気づくことはほぼありえません。なんでこんな機能があるんだろう?

浮気のためのアプリなのか…?と思ってしまうほどです。ただし、これも見破る方法がありますので、それはのちほどお伝えいたします。

いざとなればブロック→ブロックリストからの削除

たとえトーク履歴を頻繁に削除し、友だちリストから浮気相手の名前を非表示にしたり、名前をかえていても、妻や夫にスマホを見られている時に「今度いつ会う?」「あの日は楽しかった」といったメッセージがとんできたら、言い逃れをすることが難しくなるでしょう。

そのため、浮気や不倫を疑われていると気づいた人は、浮気相手や不倫相手をブロックしてしまうのです。こうすることで、相手からLINEがとんでくることはなくなります。

さらに、ブロックをするとブロックリストという一覧画面でブロックをしている人の一覧を見ることができるのですが、用意周到な人はこのブロックリストからも、浮気相手の名前を消去しています。こうすることで、完全に浮気相手の痕跡を消すことができます。こういう人は疑われている間は、他の連絡手段で連絡をとり、ほとぼりがさめたころに、ブロックを解除してまた、LINEでやりとりをはじめます。

浮気を見破る本当の方法とは?

①スマホを扱うときの何気ない行動が、浮気のカギを握る

浮気をしているかどうかは、スマホの何気ない扱い方でも見破ることができます。たとえば、夫(妻)がスマホを使っているときに、こんな行動はしていませんか?いくつか当てはまるようなら、浮気している可能性があります。

スマホの扱い方をチェックして、浮気を見破る!

・スマホを家の中で肌身離さず持ち歩いている
・スマホや携帯電話を複数持っている
・家の中でも頻繁にLINEやメールのやり取りをしている
・電話やLINEがくると、席を外して別の場所でやり取りをする
・以前よりもメールやLINEのやり取りが増えた
・スマホを置くときに、画面を下にして置くようになった

いつもスマホをその辺に放ってあった人が、急に肌身離さず持ち歩くようになったり、いつも大っぴらに電話をかけていた人が、急にコッソリと電話で話すようになったり。スマホの扱い方ひとつで、浮気の兆候を見破ることができます。

②車をチェックして、浮気を見破る

浮気をしているカップルがよくデートに使うツールが“車”です。車なら知り合いとバッタリ出くわす危険性も少なく、二人の時間を楽しむことができるからです。「夫(妻)が車で外出することが増えた」という場合は、次のことをチェックして、浮気を見破りましょう。

夫(妻)が乗っている車で、浮気を見破る方法

・車の掃除をマメにやるようになった
・助手席の位置が、いつもと違う位置にセットされていることがある
・「ちょっと行ってくる」と、どこへ行くにも車で出かけるようになった
・車内にカーフレグランス以外の香りが漂っていることがある
・車内に夫(妻)の趣味ではない音楽CDがあった

「車掃除が苦手だったのに、なぜか最近は楽しそうに掃除をしている」など、いつもと違う行動がある場合は、浮気の可能性ありとにらんだ方が良いでしょう。

③かまをかけた直後の、夫(妻)の反応に注目する

浮気チェックの方法としては、ちょっとハイレベルですが、「夫(妻)にかまをかけてみる」という方法もあります。

たとえば、夫が週末にソワソワと外出したとしたら、「弟がこの間の日曜日にあなたを見かけたらしいんだけど、どこにいたんだっけ?」とかまをかけてみましょう。このときに、「あ、あれね! あれはあそこであれして、ここでそれして…」とやたらとしゃべり過ぎるなど、いつもと違う態度があれば、そこから浮気を見破ることができます。

無口の人がおしゃべりになったら、浮気の可能性あり

もちろん、常におしゃべりの夫(妻)であれば、いつもと同じようにただペラペラしゃべっているだけという場合もあります。問題なのは、いつもはあまりしゃべらないのに、なぜかそのときだけ饒舌になったりするケース。この場合は、浮気しているのを何とか覆い隠そうと、妻(夫)に言い訳のシャワーを浴びせていることもあるからです。

また、そのときの声のトーンからも、浮気を見破ることができます。やけにいつもより高いトーンでしゃべったり、逆に高い声でしゃべる夫(妻)がバリトンでしゃべり出したときは、浮気を疑った方が良いかもしれません。

しゃべってごまかそうとする場合は、軽度の浮気かも

浮気をごまかそうとしてペラペラとしゃべり出す人は、浮気自体は許せないものの、性格的には憎めない人なのかもしれません。こういう夫(妻)は、もしも浮気を見破られたときにはひたすら謝り、浮気相手と別れる可能性も高いといえます。

また、浮気といっても“出来心”的な軽度の浮気で、実は本当は妻(夫)を愛している場合も少なくありません。「つい出来心で、若くて美しい人にクラクラッときてしまったけれど、ほんとは妻が一番なんだ」と思っているかもしれません。

必要以上に反応し、怒り出すようなら真っ黒

かまかけの反応の中でも、かなりブラックな反応が、必要以上に反応して怒り出すパターンです。たとえば「きのう寝言で女性の名前を言ってたわよ」とかまをかけたとき、「何のことだ!ふざけるんじゃない」と、思いっきりキレて黙ってしまう人がいます。このような夫(妻)の逆ギレする態度からも、浮気を見破ることができます。

ヤクザが喧嘩で負けたときに「てめぇ、覚えてろよ」と捨てゼリフをはくように、自分が絶対に言い返せないことがわかっているので、逆ギレ状態になるのです。ただし、かまかけをきっかけに一層夫婦の関係が悪くなる危険性もあるので、くれぐれも相手を見てからかまをかけるようにしましょう。

逆ギレもブラックですが、もっと真っ黒なのは、黙って返事をしないパターンです。この場合、「ヘタに返事をして不利になったら困る」と、離婚に至った場合のことまで計算している可能性があります。ということは、離婚まで考えているかもしれません。

まとめ

浮気する前には、必ず歪みがどこかに現れるものです。しっかりと、パートナーのことを観察し普段の生活に支障が見られないかまた、LINE等のチャックなどをしれっとしてみるなども前述した通り効果的なので気になる方はやってみてくださいね。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です