アンチエイジングと聞くと高齢の方がやるようなものだと捉えがちですが、最近は若い方でもお肌のアンチエイジングや健康のために行っている人がよく見かけられてます。今回は、そんな若返りの効果を実感できる方法について詳しくまとめてますので、ぜひとも参考にしていただいたら幸いです。

アンチエイジング以外にもダイエットに役立つ情報も解説してます。

⒈アンチエイジングとは?

⒈1「アンチエイジング」とは?

人を含めすべての生物は、この世に生まれ、そして死んでいきます。生物学的には「老化」とは生物の体が成熟した後、死に至るまでの衰退のプロセスのことを指します。では、「アンチエイジング」とは、いったい何のことでしょうか。日本語で言えば「抗老化」「抗加齢」。

「アンチ」という響きの印象から「不老不死」をイメージされる方も少なくありません。しかし我々アンチエイジングネットワークの考えている「アンチエイジング」はそうではありません。私たちは「アンチエイジング」について「時計の針を止めること」ではなく、「針を少し戻して、その進みを遅らせること」と考えています。

例えば、肌の若返りは、スキンケアや医学的治療により、外部から皮膚そのものをケアすることであり、「針自体を逆戻りさせる」ことに当たります。そして、普段の生活における、食や睡眠、運動、美容などの質の向上も、実は、アンチエイジングに欠かせない重要な要因なのです。

⒈2エイジング曲線

本来のアンチエイジングが目指すものは、人の成長が止まった後、見た目の老化現象とともに急激に落ちていく体のエイジング曲線の角度を少しでもゆるくしていこうというものです。

60歳で到達してしまうと言われる体の劣化を70歳、80歳まで引き延ばすことができれば、「老化」のスピードを抑えたことになるわけです。逆からみると、80歳なっても60歳程度の劣化にとどまっていることは、20歳も若さを保っているといえるでしょう。

⒈3医学的視点から見たアンチエイジングとは?

医学的視点から見た「アンチエイジング」とはいったいどのような考え方なのでしょう。

暦年齢と生物学的年齢

年齢には生年月日を基準とする「暦年齢」と暦の年齢に対して、身体と精神的な機能も含めた健康状態を表す「生物学的年齢(リアルエイジ)」の2種類があり、アンチエイジングでは後者を重視しています。「生物学的年齢(リアルエイジ)」を「若く保ち、健康を維持し、少しだけ時計の針を戻す」ことがアンチエイジングの考え方の基盤となっています。

Q.O.L.の三位一体

またアンチエイジングとは老年期のQ.O.L.(クオリティオブライフ = 人生の質)の向上を目指すものといえます。
では高齢者にとってQ.O.L.の指標は何でしょうか?それは「疾病予防」「社会生活」「判断力と体力」この3つの条件の輪が絡んだところに高齢者のQ.O.L.があると考えています。

「老化」を遅らせる医学的取り組み「抗加齢医学」

老化に対する医学的な取り組みが、「抗加齢医学」と呼ばれるものです。1年に「1歳」、人がとしをとる加齢を避けることは出来ませんが、この医学は加齢に伴う老化現象を防ぎ、遅らせることを目的にした医学です。

⒉若返りに効果的な方法について

⒉1若返りのためには確実で効果的な美容方法

若返りを望まない女性はほとんどおらず、若返りを求める女性が美容に費やす努力、意欲は膨大なものです。アンチエイジングケアをしたい時に何をすべきか、わからないという人は多いようです。美容効果の高い方法はいくつかありますが、これといった決め手はなく、効果の程度も人によって違います。

実際の年齢次第でスキンケアのやり方も違いますが、現時点でのお肌の状態のことも考慮する必要があります。重要なことは、自分の外見を客観的に観察した上で、目標設定を明確にすることです。いくら願望があるからと言って、あまりにも極端に若くなりたいと思っても、その先にあるのは残念ながら挫折です。

若返る年齢を決めて、それを実現しそうな美容方法を見つけることから始めてみましょう。お肌の美容といっても、スキンケアだけでなく、生活リズムの確立や、適度な運動をすることも大切です。日々続けられそうな方法を決めておくことで、普段の生活に組み入れやすいダイエットをすることが可能になります。食事内容の見直しと、適度なウォーキングは、お肌の若返りには必要なことです。

アンチエイジング成分が配合された化粧品を使ったり、自宅でできるエステケアに取り組むことも、有効だといいます。美容に役立つ食事や生活習慣の見直しはもちろんのこと、心の若さにも気を配ることで、外側の美しさだけではなく、内側の美しさも作ってくれます。

⒉2若返りを目指すには?

永遠に美しい若さを保つというのは女性なら誰もが抱いている願望です。若返り効果がある美容ケアは、きれいでいたいという人にとって重要な命題です。皮膚の移植や、しわを消すボトックス注射などの美容整形をエステで受けている人は少なくありません。睡眠時間を確保し、深い眠りにつけるように生活習慣を調整するという方法も、れっきとした美容法です。きれいな肌を保つためには、スキンケア化粧品を使うケアと同等なくらい、睡眠が必須です。

加齢と共に皮膚はハリを失い、艶がなくなってカサカサになるため、若返りケアが重要になります。女性にとって若返りは永遠に続くテーマなのですが、美容方法はエステでの施術や化粧品だけにとどまりません。目新しいことを始めると、心はリフレッシュされます。自分よりもずっと若い人とコミュニケーションをとる時間をとると気持ちが若返るともいいます。

新しいことや、興味深いことなど、楽しそうなことに率先して首を突っ込むことで、若い人とも言葉を交わす機会が多くなります。心のあり方は、想像以上に外見に出てくるものですから、豊かな心で生きるようにすることが、外見を改善することにもつながります。ストレスを発散する方法を見つけたり、生活習慣を改善することも、若返り効果が期待できます。

⒊アンチエイジングにおすすめの食事

⒊1一番のオススメは日本食

ハリウッドセレブの間でブームになった「マクロビオティック」。健康と美容のために注目されている健康法ですが、実はこれ、日本食に東洋思想の「陰陽」を組み入れた食餌法だというのをご存知でしたか?

日本食は元来「玄米菜食」を中心に、大豆製品、海藻類などを組み合わせて食べるため、非常に栄養バランスに優れており、世界的に評価が高まっているのです。

⒊2孫子は優しいよ

これは毎日摂取したい食材の頭文字でできた文章。身体の健康に欠かせない、低カロリーで栄養価の高い優良食材として有名な9品ですが、エイジングケア食材とし肌の健康にももちろんオススメ。

・ま:豆類
・ご:ごま
・こ:米(なるべく玄米)
・は:わかめ(海草類)
・や:野菜
・さ:魚
・し:しいたけ(キノコ類)
・い:いも類
・よ:ヨーグルト(発酵食品)

⒊3エイジングケアに効果的な食材と摂取方法

脂の少ないタンパク質

タンパク質は身体や肌を形づくる素材として欠かせない栄養素ですが、肉だけでの摂取ではコレステロールが心配です。大豆製品やアボカドなどを積極的に摂るようにすると、カロリーが抑えられる上、ビタミンEも摂取できます。

低GI食品

糖の分解がゆるやかな低GI食品をとることが、生活習慣病を防ぎ若々しい肉体を保つのに役立ちます。低GI食品とは玄米、全粒粉のパン、きび砂糖や黒砂糖…というように、精製した白いものでなく皮・胚・殻のついた茶色い食品です。これらの食品はミネラルも豊富です。

身体を汚さない脂質

基礎代謝が下がる40代以降は、悪玉コレステロールを増やさないことが重要。そのためには悪玉コレステロールを減らす働きを持つオリーブオイルや、血液をサラサラにしてくれるα-リノレン酸を含むえごま油や亜麻仁油を取り入れると良いでしょう。

デトックス効果のある食物繊維

食物繊維は腸壁の掃除をしてくれ、便秘を解消します。また小腸では免疫力を活性化させたり、余分に食べ過ぎた脂肪を吸収しないようにしてくれます。

美しい肌の再生に必要なビタミンA

皮膚の代謝を高めて美肌力を高めるビタミンA。多く含む食品には、あん肝など動物の肝臓やうなぎ、卵などがあります。体内でビタミンAに変わるβ-カロテンはニンジン、パセリ、ほうれん草などに多く含まれます。

新陳代謝を高めるビタミンB群

細胞の新陳代謝を高めて肌の健康を保ちます。ビタミンB群を含む食品には玄米(ビタミンB1)、ウナギ(ビタミンB2)、卵(ビタミンB2、パントテン酸、葉酸)、納豆(ビタミンB2)、バナナ(ビタミンB6)、などがあります。

身体を錆びさせない脂溶性ビタミンE

活性酸素を除去する強い抗酸化力があり、血行を促進するビタミンE。ナッツ類、すじこ、かぼちゃ、玄米などに多く含まれます。

野菜の持つ抗酸化力、フィトケミカル

フィトケミカルとは、野菜が自らを外敵などから守るために蓄えた成分のことを言います。人間が摂取することで、強い抗酸化力を得ることができます。代表的なフィトケミカルにはトマトのリコピン(ビタミンEの100倍の抗酸化力)、黒豆、ベリー類のアントシアニン(美肌効果)などがあります。

海からの恵み、ミネラル

わかめ、昆布などの海藻類にはマグネシウム、カルシウム、亜鉛、鉄、カルシウム、ヨウ素などのミネラルが豊富に含まれており、肌のうるおいを保って免疫力を高めます。

⒋ダイエットでアンチエイジング!?

⒋1新陳代謝とは?

人間のカラダを構成する細胞は、周期的に入れ代わっています。古い細胞から新しい細胞に生まれ変わることを「新陳代謝」といいます。

新陳代謝とダイエット

新陳代謝とは、古い細胞から新しい細胞へと入れ代わることです。この入れ代わるサイクルが、若ければ若いほど早く、年齢を重ねるごとに遅くなります。同じケガでも、子どもは早く治り、大人は中々治らないのは、新陳代謝のサイクルが違うためです。

新陳代謝のサイクルが遅くなると、古い細胞が増えてきます。古い細胞には、脂肪を十分に燃やす力がありません。ですから同じ運動をしたとしても、脂肪の燃焼効率が低いため、ダイエットの効果が出にくくなるのです。また新陳代謝が悪くなると体温が低下するため、消費カロリーも減少します。

⒋2老化とアンチエイジング

新陳代謝が悪くなるのは、肉体の老化現象の一つです。この体の老化の進みを遅くしたり、老化を止めることを「アンチエイジング」といいます。アンチエイジングに取り組むことで、新陳代謝が促進され、ダイエットの効果が上がることはもちろん、肌が美しくなり、免疫力もついてきます。老化にはさまざまな原因がありますが、代表的な「酸化」「糖化」「ホルモン不足」の対策についてご説明します。

Processed with VSCO with c7 preset

「抗酸化」活性酸素の発生を抑える

体の中に活性酸素が増えると、細胞が酸化します。活性酸素は、体内に入った有害物質から細胞を守る働きをするのですが、過剰に発生すると細胞を傷つけ、老化の原因となるのです。活性酸素発生の原因を避けて、野菜やサプリメントで活性酸素を取り除きましょう。

【活性酸素発生の原因】
・タバコの煙
・紫外線
・激しいスポーツ
・ストレス
・自動車の排気ガス
・電磁波

【活性酸素を取り除く物質】
・コエンザイムQ10
・ベータカロチン
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE
・ポリフェノール
・カテキン
・メラトニン

「抗糖化」果糖を控えて有酸素運動

血液中や細胞中のタンパク質に糖分がつくと、糖化蛋白となります。糖化蛋白になるとタンパク質の生理的な機能が落ちるため、コラーゲン繊維などの老化がはじまります。砂糖や炭酸飲料水など「果糖」が多いものは、カロリーオーバーになるのはもちろん、糖化の大きな原因となるため、過剰に摂るのは控えましょう。

また、糖化を防ぐのに有効な対策として「有酸素運動」があります。有酸素運動を行うことで、筋肉が糖をエネルギーとして活用し、細胞の新陳代謝を促進します。空腹時を避け、ウォーキングなど毎日続けられる有酸素運動を生活に取り入れましょう。

「成長ホルモン」有酸素運動とストレス解消

成長ホルモン(HGH)は、カラダの成長を促すホルモンで、脳下垂体で生成されます。成長ホルモンには脂肪分解、内臓脂肪の減少、コレステロール値の最適化作用があり、ダイエットには欠かせないホルモンです。

老化が進むにつれ、成長ホルモンの分泌量が低下します。成長ホルモンはタンパク質を合成する働きもあるので、成長ホルモンの分泌が低下すると、基礎代謝量が低下します。

【成長ホルモンを増やすために】

・有酸素運動
・加圧トレーニング
・ストレスの解消
・十分な睡眠

⒌まとめ

いかがでしたでしょうか?

アンチエイジング効果のあるおすすめの方法について今回は、ここまで詳しく解説してきましたが、そもそも若返るためにやることって以外と単純で当たり前のことが多い気がしませんか。ダイエットについても言えることですが、しっかりとした生活習慣を送ることが何よりのアンチエイジングだと思いますね。最後にこの記事が少しでも読者のご参考になりましたら幸いです。

関連商品


VIVIANA

プロも認めるリフトアップジェル。マッサージ方法も掲載中

4,200円

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です