虫歯や歯周病など、あなたももしかするとこれまでに数多くの歯に対する悩みを抱えたことがあるのではないでしょうか。

 

最近では歯槽膿漏や歯周病がとても流行っており、その予防法が多く研究されています。

 

しかし近年、ある国が開発した予防法というものが話題になりました。

 

そこで今回はあなたに、そんな新しい歯科予防法を紹介していきたいと思います。

 

一体、最新の歯科予防というのはどんなものなのでしょうか。

資金源はビットコイン!?莫大な費用をかけ、肥満研究所で開発された痩身錠ビットシェイパーで強制減量できると話題【PR】

 

スウェーデン式の歯科予防

あなたは、これまでに歯医者に通ったことはありますか?

 

もし歯医者に通っていたのであれば、もしかすると「ここではスウェーデン式の歯科予防処置を取っています」などといった記述を見かけたことがあるかもしれません。

 

これを見て、疑問に思うことがあるかと思います。

 

それは、日本なのになぜ日本式ではなくスウェーデン式の歯科予防処置をとるのかということです。

 

しかしこれには、実は深い意味があったのです!

 

スウェーデンは歯科予防の先進国!

 

今では多くの医療技術が開発されていますが、実はその中でもスウェーデンは歯科予防の先進国としてとても有名なのです!

 

というのも、他の国に比べてスウェーデンは虫歯や歯周病予防に積極的に取り組んでおり、数ある先進国の中でもスウェーデン人は特に虫歯や歯周病の患者が少ないからです。

なので、今の私たちが治療されている歯科予防の多くはスウェーデンで開発された治療法であるということなのです。

世界の重肥満者30万人も体験!?【世界初!?】脳に働きかける話題のカプセルが日本に初上陸!!【PR】

スウェーデン式の歯科予防ができた経緯

しかし、なぜスウェーデンが歯科予防に積極的に取り組んだのかについて気になりますよね。

 

そこで、ここではスウェーデン式の歯科予防ができた経緯についてお話ししていきたいと思います。

 

日本も取り入れるようになったこのスウェーデン式の歯科予防は、一体どんな歴史があるのでしょうか。

 

他の国にはなかった虫歯治療法を開発

 

スウェーデンが本格的に歯科予防に取り組んだのは、1970年代のことです。

 

この時代に、スウェーデンにあるイエテボリ大学はしかよぼうや歯科衛生などといった、歯の治療または口腔の治療に対する大規模な調査をしました。

 

そしてスウェーデンの政府はこの調査結果を受けて、これまでの世界にはなかった虫歯治療法を発見したのです!

 

ではその虫歯治療法というのはどのようなものなのかということですが、これは私たち日本人の「虫歯は出来てから治療をする」という虫歯に対する考え方とは違い、「虫歯が作り上げてしまう細菌の塊であるプラークを減らして未然に虫歯を治療する」というものです。

 

つまり、虫歯ができる原因を早急に退治することで虫歯を予防するということなのです。

 

スウェーデン人は日本人に比べてしかよぼうに積極的に取り組んでいる

 

このように、スウェーデンでは歯科予防の最新治療技術が開発されました。

 

そんなこともあり、実は国際的な調査によるとスウェーデン人の多くは日本人よりも歯科予防に対して積極的に取り組んでいるという結果が出ています。

 

また歯科予防に積極的に取り組んでいるだけでなく、歯科予防の内容について詳しく知っているというのも日本人に比べてスウェーデン人が多いのです。

 

こうしたことからも、スウェーデンが歯科予防先進国であることがわかりますね。

もぅ下半身太りで悩まない!履くだけで-8センチ足が細くなった方法公開します!☆ミ【PR】

日本もスウェーデン式歯科予防処置を取り入れている

ここまでは、スウェーデン式歯科予防処置がどのようなものなのか、またどのようにして開発されたのかといった経緯についてお話ししました。

 

このスウェーデン式歯科予防処置ですが、先ほどにもお話ししたように日本でもこの技術が最近では多くの歯科で取り入れられています。

 

では、どのようにして日本はこのスウェーデン式歯科予防処置を取り入れているのでしょうか。

 

その人に合った治療を

 

日本がスウェーデン式歯科予防をどのように取り入れているのかというと、これはその人に合った治療を進めるといったものです。

 

今では歯科治療だけでなく様々な病気の治療でもあるのですが、治療をする際にその人の身体に合った治療というものが勧められますよね。

 

実はスウェーデン式はこのように1つの決められた歯科予防をするのではなく、その人の歯の質や虫歯の状態などによって治療法を変えたりしているのです。

 

この治療は科学的根拠にのっとって行われており、歯科医院で行うクリーニングやブラッシングの指導をしたり、患者の生活習慣についても指導を行いながらその人に合ったオーダーで予防治療をするといったものです。

 

これだと、あなたの生活習慣を知ることにもつながるのでとてもメリットのある治療法であることがわかりますね。

塗った瞬間ひきしめ小顔!芸能界で重宝されてきた魔法のリフトアップジェルが遂に一般販売解禁!【PR】

虫歯と歯周病の違いを紹介

ここまでは、スウェーデン式の歯科予防がどのようなものなのか、またこの治療法が出来た経緯についてお話ししました。

 

ここまでのお話でよく出てきていたのが、虫歯と歯周病です。

 

あなたは、この2つの違いがわかりますでしょうか。

 

そこでここでは、一体虫歯と歯周病にはどのような違いがあるのかについてお話ししていきます。

 

虫歯

 

まずは虫歯から紹介していきます。

 

虫歯というのは、私たちの歯にある組織に虫歯菌と呼ばれる細菌が感染して歯が溶かされていくことで引き起こされる歯の病気です。

 

虫歯には栄養源があり、これは主に糖類が挙げられますね。

 

“チョコなどのお菓子を食べすぎると虫歯になるよ”という言葉を、あなたももしかすると小さい頃に口うるさくお母さんから言われたことがあるのではないでしょうか。

 

またそのほかにも、ご飯やパンなどに含まれている炭水化物も虫歯の原因となります。

 

虫歯菌は、歯垢に蓄積されていきます。

 

そしてもしこの虫歯菌が増えてしまうとそれだけ歯垢に酸が発生してしまい、この酸が歯を溶かしてしまうことにつながるということなのです。

 

こういった理由から、歯をきちんと磨くということがどれほど大切かということがわかりますね。

 

歯周病

 

では次に、歯周病についてです。

 

歯周病は、近年で最も注目されている歯の病気とも言われています。

 

ではそんな歯周病とは一体どのような病気なのかというと、これは歯と歯肉の境目にある溝に菌が感染することで引き起こされるものと言われています。

 

この菌は歯周病菌と呼ばれ、この歯周病菌が溝の中に感染することで歯槽骨と呼ばれるものが溶かされていきます。

 

これが歯周病につながるということですね。

 

虫歯と歯周病の症状に違いはあるの?

 

ではそんな虫歯と歯周病ですが、これら2つの症状には違いがあるのでしょうか。

 

これについては、虫歯は比較的初期段階から痛みを伴うケースが多く、最悪歯の神経にまで及ぶとも言われています。

 

それに比べて歯周病の症状は、初期段階ではあまり痛みを伴いません。

 

その代わりひどくなってくると炎症を起こして腫れてきたりして、徐々に痛みを伴うことが多くなります。

 

つまり歯周病は、かなり進行しないと症状を自覚することが難しいということがわかりますね。

短期間減量&スーパーメリハリボディになれる!?最新のダイエット用プロテインがすごいと話題!?【PR】

歯周病が引き起こされる原因って?

虫歯が引き起こされる原因がお菓子や炭水化物に多く含まれている糖類であることがわかりました。

 

では、歯周病は一体どのようなことが原因で引き起こされるのでしょうか。

 

ここでは、歯周病が引き起こされる原因についてお話ししていきます。

 

喫煙者は歯周病を引き起こすリスクが高まる!

 

歯周病を引き起こす原因としては、喫煙が挙げられます。

 

これは一体なぜなのかというと、喫煙をしてしまうと歯肉の炎症を抑えようとするのをタバコによって口に含まれるヤニが防いでしまうからです。

 

また、煙には一酸化炭素が含まれています。

 

これが私たちの歯を支える骨に栄養が届かなくなる原因につながり、歯周病になりやすくなってしまうのです。

 

歯並び

 

次に挙げられるのが、歯並びです。

 

実は、歯並びが悪いとそれだけ歯の間に菌が感染しやすくなってしまうことにつながるのです。

 

また、歯に汚れが残っている方も同様です。

 

やはり、歯周病だけでなく虫歯も歯並びが悪いことで菌が隙間に入りやすい環境にあることが大きな原因であることですね。

 

ドライマウス

 

3つ目に挙げられるのが、ドライマウスです。

 

ドライマウスというのは、唾液が減ってしまうことで引き起こされます。

 

“唾液は時に薬になる”とも言われている理由に、この唾液があることで虫歯菌や歯周病菌の感染を防ぐことができるということも挙げられます。

 

特にドライマウスは高齢者の方になりやすいので、注意が必要となってきますね。

 

このように、歯周病を引き起こしてしまう原因というのは喫煙だけでなく歯並びやドライマウスも挙げられるということです。

話題!10キロ減も可能?『18DAYSダイエット』が簡単すぎる!!【PR】

歯科予防を1人で実践しよう

それではここで、歯科予防を1人で行う方法について紹介していきます。

 

歯科医院に通ってしかよぼうをするのが最も適切ですが、実はある程度までは1人で治療することができるのです。

 

では一体、どのようにして実践すれば良いのでしょうか。

 

奥歯の隙間まできちんと歯を磨く

 

まず1つ目は、何と言っても日々の歯磨きです。

 

あなたは、奥歯の隙間まできちんと歯を磨いていますでしょうか。

 

やはり、虫歯や歯周病を防ぐのは日々の歯磨きからです。

 

なので今歯の表面しか歯磨きができていなければ、奥の隙間まで歯磨きを行うように意識しましょう。

 

キシリトールを噛もう!?

 

2つ目に挙げられるのが、キシリトールを噛むということです。

 

これは一体どういうことなのかというと、虫歯や歯周病を防ぐのにはフッ素と呼ばれる成分がとても効果的とされているのです。

 

スウェーデンでもこのフッ素が配合された歯磨き粉を使用して歯磨きをしている方も多いです。

 

なので一番ベストは、フッ素が配合された歯磨き粉を使って歯磨きをするということです。

 

しかし、歯磨き以外でも虫歯や歯周病を予防するには、キシリトールガムがオススメです。

 

これはなぜかというと、実はこのキシリトールガムに含まれている天然由来成分が歯垢や酸を作らせないよう働きかけてくれるのです。

 

なので、キシリトール濃度の高いガムを噛むのもおすすめであるということです。

1日3キロ脂肪溶解!ダイエットの常識を全てうち破る減量用透明コーヒー【美味】が話題沸騰中!【PR】

フッ素配合の歯磨き粉を紹介

それではここで、フッ素が配合されている歯磨き粉を1つ紹介します。

 

今回あなたに紹介するフッ素が含まれている歯磨き粉は、「リリーホワイト」です。

 

「リリーホワイト」

この「リリーホワイト」は、フッ素以外にも医薬部外成分のポリリン酸ナトリウムが配合されています。またイソプロピルメチルフェノールで歯周病菌をストップしてくれます。

 

またこのホワイトニング商品は1本5,980円!

 

ちょっと高めですが、ホームホワイトニングの価格と比較すると半額以下なので実はカナリお得なんです。

これ1本で虫歯や歯周病を防ぐことができるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか!

 

「リリーホワイト」についての口コミ

 

黄ばみが気にならなくなりました。
自分で鏡で見て気づく程度でしたが先日ホワイトニングに行ってみた際に歯の色味表(?)的なので自分の歯がかなり白い方だったのに驚きました。
前までは他人からも指摘されるほど黄色かったのに凄いです。

 

私はタバコも吸わずコーヒーは飲みませんが、紅茶やお茶などは慣習的に飲みます。
数ヶ月に一度、歯のクリーニング(ホワイトニングではありません)をしてもらいますがその終わったあとのツヤ感や綺麗な感じが長続きしキープ出来るようになりました。
今まではクリーニングしてせっかく綺麗になっても1ヶ月ちょっとで黄ばみが気になってきたり、歯の裏など見えない部分に茶色いステインが付いていたのですが、この歯磨き粉を使い出してからは、特に前歯など綺麗なまま保てて居ます。

 

このように、実際に「リリーホワイト」を使った方からの口コミはとても高い評価になっていることがわかりますね。

リリーホワイトの詳細はこちら

【効果ヤバ過ぎ】現役歯科医からクレーム殺到!!自宅でできるスウェーデン生まれのコスパ最強本格ホワイトニング【PR】

まとめ

今回は、今話題となっているスウェーデン式の歯科予防が日本に取り入れられている理由や、この歯科予防治療ができた経緯、また私たちの身近な歯の病気である虫歯や歯周病についてお話ししました。

 

スウェーデンは積極的に歯科予防治療に取り組んでおり、実際にスウェーデンで開発された多くの歯科治療処置が日本でも取り入れられていることがわかりましたね。

 

今ではどんどん医療技術が進歩していますが、あなたの歯に合った治療をしてくれるこのッスウェーデン式の歯科予防で、虫歯や歯周病を防ぎましょう!

リリーホワイトの詳細はこちら

飲むとどんどん脂肪が…!? どれだけ食べてもカロリーを “0” にするデトックティーって?【PR】

【ズボラ女子必見!】ダイエットが続かない人でもスーパーフードスムージーで痩せると話題に!?【PR】

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です