冬になると気になるのが、お肌の乾燥やむくみといったことですよね。

今回は、そんな悩んでいる女子のために効果的な冬のお肌対策やむくみ対策等について詳しく解説してみました。是非とも、ご自身でしっかりとセフルケアできるように参考にしていただき、今後に役立てていただけたら幸いです。

話題!10キロ減も可能?『18DAYSダイエット』が簡単すぎる!!【PR】

1日3キロ脂肪溶解!ダイエットの常識を全てうち破る減量用透明コーヒー【美味】が話題沸騰中!【PR】

冬の肌に役立つスキンケアの話

保湿なくしてはダメ

保湿ケアはどの季節でも大事と言われています。保湿をしっかりとしないと肌のバリア機能が低下し、慢性的な乾燥肌・敏感肌になってしまうこともあります。

特に寒くなる冬は冷たい風にさらされてカサカサ状態、そのうえ夏や秋にたっぷりと浴びた紫外線の影響で肌自体に大きなダメージを受けていて肌の奥は乾燥状態といった女性も多いようです。表面上は潤っていても、肌の奥が乾いていると皮脂分泌も増えてくるのでしっかりと潤してあげなくてはいけません。

肌の奥までしっかりと潤す

保湿ケアは毎日行わないと意味がありません。でも面倒だと毎日ケアするのが面倒になり、途中でササっと簡単にケアを終わらせてしまい肌の奥までしっかりと潤わなくなってしまいます。次の3ステップを押さえれば、毎日でも続けられて肌の奥までしっかりと潤す保湿ケアになります。

保湿をする前に余分な角質を取り除く

必死に化粧水を顔につけても余分な角質が残っていると肌の奥まで化粧水が届かず、潤いを与えることができません。まずはしっかりと角質を落としてあげるようにしましょう。角質ケアは毎日行うことで肌自体が柔らかくなります。

・洗顔はたっぷりの泡を使い、肌を包むように洗う
・化粧水を付ける前に拭き取り化粧水でいらない角質をオフ

これを毎日するだけでピーリングなどの特別なケアをしなくてもしっかりと角質を落とすことができます。特に洗顔はたっぷりの泡を使って泡パックをするように洗うだけで肌表面が柔らかくなり、いらない角質が落ちやすくなります。その後、洗顔で落とせなかった角質を拭き取り化粧水を使って落としてあげると肌が柔らかくなり、化粧水を浸透しやすい肌に変化します。

化粧水とオイルをダブル使いで肌の奥までしっかり保湿

保湿力の高さを考えて美容成分の高い化粧水を使うのもいいですが、少し値段が高いとどうしてもたっぷりと使うのに躊躇してしまうことありませんか?まず肌の奥まで潤すためには惜しみなく使える化粧水でなくてはいけません。そこで使いたいのが美容オイルです。化粧水と美容オイルを上手に使って肌の奥まで潤いを与えるには、以下のようなことが必要です。

・化粧水は手でプレスしながら肌にしっかりとつけていく(最低2度付け)
・化粧水に美容オイルを混ぜ、少しずつ顔全体にプレスしながらつけていく

美容オイルは今、ブースターとしても使われています。美容オイルを化粧水に混ぜて使うことで浸透率もアップしますし、油分で適度な油膜も作ってくれるので、乾燥しやすい冬にはオススメのアイテムです。

水分蒸発予防は保湿力のある乳液で

せっかくたっぷりと肌の奥まで化粧水を浸透させても水分の蒸発を予防しなくては意味がありません。そのためにこっくりとしたクリームを使うのもいいのですが、潤いを与えながら水分蒸発予防をするためには、乳液がオススメです。

ここで使う乳液は保湿力のある乳液で、これをたっぷりと使うことで油分で水分蒸発阻止しながらも、乳液に含まれる水分が肌に浸透していくので潤いを保つことができます。乳液の付け方にもちょっとしたポイントがあります。

・手のひらに乳液を出したら少し体温で温めてから顔全体につける
・目元や口元など乾燥が気になる部分は指で軽く叩きこむようにして重ね付けをする
・寝る直前に再度、乳液を顔全体につける

ポイントはこの「寝る直前に再度乳液をつけること」です。寝る直前に入浴をする人はいいのですが、スキンケアをしてから少し時間が経つと乳液が肌に浸透している場合があります。寝る前に再度、潤い効果や水分蒸発防止効果のある乳液をつけることで、寝ている間も美容ケアができるのでオススメです。

1日3キロ脂肪溶解!ダイエットの常識を全てうち破る減量用透明コーヒー【美味】が話題沸騰中!【PR】

冬に頑張りたい!小顔効果のあるアイテムのご紹介!

MTG ReFa CARAT

エステのニーディングから開発された、ダブルのドレナージュローラーが、肌を力強くつまみ上げながら、優しく流していくシャープな動きを可能に。また、バスタイムなどといった水の中でも使用することが可能。お肌がリラックスした時にフェイスやボディなど全身を引き締めてくれますよ。

ヤーマン/トルネードEMSローラー GR-16TZ ブロンズ

転がすだけでエステティシャンの手技「つかむ」「つまむ」「ゆるめる」という動きを再現します。さらに、お肉を巻き上げて奥まで届く「EMS」の電気信号で、より深く・強く筋肉を刺激してくれるのです。

LEVIN/電動美顔器 ビューティーバー フェイスパー

ビューティーバーのヘッドは24K純金を採用し、6000回転/分の心地よい微振動を実感できます。また、お肌の乱れを整え、血液循環が促進可能、美肌作りをサポートしてくれますよ。防水効果があるので、お風呂の中でも使えます。

コジット/かっさリフトプレート

ローズクォーツ配合の磁器製かっさプレートです。冷んやりと滑りがよく、肌にフィット。プレートの3つの曲線で、顔筋に沿ってマッサージし、顔の肌を引き締めます。足にも使えますよ。専用ケース付。また、使用する際は滑りを良くするため、摩擦を防ぐためにオイルなどをつけてから使用しましょう。

【効果ヤバ過ぎ】現役歯科医からクレーム殺到!!自宅でできるスウェーデン生まれのコスパ最強本格ホワイトニング【PR】

冬のむくみが気になる方へ!その原因について

むくみが気になる方に伝えたい

冬ならではのむくみの原因を探ってみましょう。

運動不足
寒くなると外に出るのが億劫になって、運動量が減るという方が多いのではないでしょうか。運動量が減ると、血行や代謝も滞りがちになるため、自然とむくみがちになります。

水分摂取量不足
汗をかく夏に比べて、冬はのどの渇きを感じづらいため、水分の摂取量が減ってしまいます。水分摂取量が低すぎると、体内の不要な老廃物が排泄されにくくなり、むくみの原因になってしまいます。

外食が多くなる
外食が続くと塩分摂取量が増える傾向にあり、むくみの原因に繋がります。お酒のおつまみにも塩分が多く含まれていますので、要注意です。

冬のファッション
冬のファッションにもむくみの原因が。細身のジーンズ、レギンス、靴下の重ね履きなど、体を締め付けて血行が悪くなると、むくみやすくなります。ふくらはぎをギュッとしめつけるロングブーツも要注意。

いかがでしたか? 冬にはむくみの原因がいくつも潜んでいます。むくみ原因を知ることで、ぜひ予防に繋げてみてください。とくにむくみが起こりやすい下半身ですが、十分な筋肉があれば、下半身で滞りがちな血液を心臓へと送り出すことができ、むくみが生じにくくなります。

運動をする際は、下半身の筋肉を意識すると良いでしょう。コタツに丸まっていたいところですが、寒さに負けじとウォーキングをすれば、歩くうちに体がポカポカと温まってくるはず! 「どうしても寒いのはイヤ……」という方は、室内でもできるヨガなどにトライして、下半身の強化を狙いましょう。

どんなに予防していても、実際にむくんでしまった時は、長めの入浴やリンパマッサージが効果的。また、休息時に両足をクッションなどに置いてやや高めにすると、足先で停滞しがちな血液循環が改善されます。就寝前の、血流の流れを良くするストレッチもオススメです。

自宅で出来る冬の美容法とは?

顔を洗いすぎないようにする

夏のように、寝ている間に皮脂がたっぷりと出るほど気温が高くない寒い冬の時期は、夜にしっかりとスキンケアをしているので、朝はぬるま湯で洗う程度で問題ないと考えられます。

それでなくても、40代を過ぎると皮脂の分泌も低下してしまいますから、出来るだけ大事な天然の美容液である皮脂をとりすぎないようにする洗顔方法が、美容法としてはおすすめです。

個人的には、夏も朝はぬるま湯だけ洗顔を心がけていて、10代~20代の頃は、どちらかというとオイリー肌だったのですが、年齢を重ねて皮脂の分泌も落ちているので、出来るだけ大事な皮脂を残しておくように心がけていますが、毛穴の詰まりも気になりますので、このあたりは自分で微調整しています。

ホットクレンジングなどを使ってほっこりする

辺見えみりさんや、紗栄子さんなども使っているというホットクレンジング、これを冬に使うことで、温かい感覚を感じながら優しくメイク落としが出来るだけでなく、ヒヤッとすると少しストレスを感じますから、温かいものを使うことで、一日の疲れまで取れるような気分になります。

ホットクレンジングはジェル状になっているものが多いので、敏感肌の人でも使いやすいと言われています。

乾燥の季節なので、こってりとした保湿力の高い化粧水や美容液を使用する

なにかと乾燥が気になる季節が寒い冬ですが、この時期は夏のサラサラしている化粧水よりも、もっとこってりとした保湿力の高いものを使用するのも大事なポイントになります。

水分が蒸発しやすい時期なのに、さらに寒い冬は美容法としてなんらかの対策をしていかないと、暖房器具なども使用するのでさらに部屋の中の乾燥は進みます。そうなると、そんな環境の中で暮らしている40代女性の肌は、どんどん水分が減ってしまいシワやたるみに繋がってしまう可能性もあります。

ボディークリームorオイルもお忘れなく

お風呂上がりに、少量のボディーオイルを塗り込んでから脱衣所に出ると、肌の水分を閉じ込めることが出来ます。個人的には、iHerbで購入したオーラグロウを長年愛用しています。

理由は、使い勝手が良く、匂いが好きで、さらにマリリン・モンローも愛用していたと言われているからです。ボディークリームでも、オイルでも、お好きなものを使って、冬の乾燥から肌を守ってあげてください!

半身浴をする

しっかりと入浴をすることで、身体の芯から温めると、ヒートショックプロテインが傷ついた細胞も修復してくれるので、温まるだけでなく美容法としてはかなり嬉しい作用がある方法です。

ヒートショックプロテインとは、傷んだ細胞を再生する力を持っているタンパク質で、免疫細胞の働きを強化してくれます。40~42度のお湯に20分ほどつかって、このヒートショックプロテインの量を増やしてあげることは、身体の他の部位も再生する力があるのでおすすめです。

飲むとどんどん脂肪が…!? どれだけ食べてもカロリーを “0” にするデトックティーって?【PR】

まとめ

冬には本当にお肌の荒れ等が気になる方が多いと思いますが、今回ここまで前述してきたことをしっかりと心がけていただけたら、きっとこの冬は綺麗な保湿のある肌をキープできると思いますので、是非ともお試しいただき今後の役立ててくださいね。

【ズボラ女子必見!】ダイエットが続かない人でもスーパーフードスムージーで痩せると話題に!?【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です